フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

タグ:子育て ( 21 ) タグの人気記事

DOUBLES: Japan and America's Intercultural Children』という映画を見ました。

タイトルどおり、日米の混血児に関する映画です。戦後の米軍占領下で生まれた混血児たちから、現代の(といってもこの映画は1995年に制作されたものなので少々古いですが)混血児たちまでのインタビューをもとに構成されています。

日本で混血の人のことを「ハーフ」と呼びますが、この映画では「半分」「あいのこ」というイメージのある「ハーフ」ではなく、「ダブル」という言葉を使っています。(「ミックス」という人もいます)。

この映画を見ての感想は、まず、時代とともに混血児に対する世間の目がかなり変わったということ。

昔は「ガイジンと言って石を投げられた」「青い目の子だったら連れてくるなと親に言われた」とか。以前、日本のテレビでエリザベス・サンダースホームに関するドキュメンタリー番組を見たことがありますが、終戦直後の混血児に対する世間の対応はそれはひどいものでした。

もうひとつは、うちの子が該当するので特に気になったのですが、日米の混血の中でもアフリカン・アメリカン(黒人)との混血の場合、やはり差別が多いようだということ。これは特にアメリカ在住の場合ですね。

さて、わが子の場合はどうかというと、これまで大変ラッキーで「差別」や「いじめ」は全くなし。

生まれたのは日本ですが、首都圏なのでミックスも特に珍しくなく、わりと普通に接してもらっていました。次に住んだのがシンガポールで、ここはもともと他民族の国の上に外国人(日本人、西洋人含む)居住者も多く、ここでも全く嫌な思いをすることはなし。そしてアメリカMA州Cambridgeへ。ここも大学が多いことなどもあっていろんな人種・国の人が住んでいますから、やっぱり特に差別を受けたりすることもなし。

でもこれは我が家がたまたまラッキーだっただけで、現在は差別がないということではないのですね。日本でも田舎のほうだとじろじろ見られたりするかもしれないし(実家の近くで電車に乗ったりすると夫はじろじろ見られるし、一度クリーニング屋さんに夫がお使いに行ったら店番の女性がびっくりして奥に逃げ込んでしましました)、アメリカでも住人がほぼ全員白人という町に住んだら居心地悪いことだろうと思います。

うちの子はまだ4歳半で、どこまで理解できているかはわかりませんが、自分がAfrican-Americanであり、日本人でもあるとは理解しています。そして最近は特に自分の外見が気になるようで、自分は日本で生まれたのにどうして髪の毛がまっすぐでないのか、とか、自分の肌はなぜ茶色いのか、など聞いてきます。そして自分のようにくしゃくしゃな髪よりもストレートな髪の人のほうが多いので、自分もまっすぐにしたいと言ってみたり。

肌の色については、「パパの肌の色とママの肌の色が混ざって、うたこの色になったんだよ~」と説明。パパのこともママのことも大好きなので、二人からもらった色が好きになってくれたようです。映画の中ではお父さんが色の違うアイスクリームを混ぜて見せて、これがお前だよ、と言ったという話が出てきました。

うたこがストレートヘアがよいと言っているのはちりちりヘアをからかわれたからというわけではなく、単にストレートヘアに憧れているだけのようですが、自分の人種について考えるのによいきっかけになっている気がします。親としてはティーンエイジャーになったら美容院に行って好きな髪形にしてよいよと言ってあるので、今はこの髪でよいかと思っているようです。

食べ物も日米両方のものが大好き。ピザやチキンナゲットも食べるけど、おでんや日本のカレー、お寿司も大好物です。言葉はどうしても英語のほうが強いけど、日本語も何とかやっています。

このまま日本のこともアメリカのことも大好きで、両方の文化に誇りをもって生きてくれたらうれしいな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-01-05 12:01 | レビュー

4歳児の躾

最近になって子どもの躾について考え直しています。(もう4歳半なので今さらなんだけど)

まず、No TV dayを導入。

朝起きてきてすぐ「テレビ!」と言うようになってしまい、これはいかんということで週3日テレビを見ない日を設定しました。

Utako's No TV Daysと書いた紙を冷蔵庫に貼り、テレビを見ない曜日をこれで確認。(すぐに覚えたのでもう不要ですが、一応貼ってあります)。

結果。

No TV Dayにはすぐに慣れ、その日はテレビが見られないものと思っているのでテレビのテも言わずに過ごしています。

……が、新たな課題はテレビを見ていい日の時間制限。平日は夕方までプリスクールに行っているのであまりテレビを見る時間はないのですが、特に何もない週末は大変。次は時間制限を導入かな。(どのくらいの時間にするか迷うところ)。


そして遅ればせながらsleep training。

日本では小さい子どもは大抵親と一緒に寝ているように思いますが、アメリカでは生まれてすぐに寝室を別にします。

日本で生まれたうたこは1歳半まで私たちと同じ部屋(のベビーベッド)で寝ていましたが、シンガポールに越したときから自分の部屋で寝るようになりました。

それでずっとほとんど問題なく寝ていたのですが、今年のある時点から夜中によく私たちのベッドにもぐりこむようになってしまいました。

それで今さらsleep trainingというわけです。

図書館でSupernannyの本その他を借りて来て研究。(これらの本は他の躾の参考にも)。

今までは寝かしつけるときに娘のベッドに私も一緒に入り、寝入るまで一緒にいてあげたのですが、それを変更。一応部屋にはいるけど、ベッドからは離れることにしました。

そして夜中に目を覚まし、親の寝室に来たら「夜だから寝なさい」とだけ言って自分の部屋に連れて行く。眠るのを待たずに親は自分の寝室に戻る。

「トイレ」とか「お腹痛い」とか「変な音がする」とかなんのかんのと言って何度も戻ってくることもありますが、そこはぐっと我慢。辛抱強く娘を自分の部屋に送り届けます。(3回目くらいからは無言で)。

これもNo TV Dayと一緒で、意外とあっさりと「夜は自分の部屋で一人で寝るものだ」と納得し、あまり抵抗せずに素直に従っています。(それでもまだ来ますけどね~)。

まあ親と一緒に寝るか一人で寝かせるかはいろいろ議論のあるところでしょうが、もう4歳半だしねえ。一人でちゃんと寝てもらわないと親も睡眠不足になってしまいます。


あとは食べ物かな。

もともと甘いお菓子よりちゃんとした食事のほうが好きなうたこでしたから、好きなものを好きなだけ食べさせていました。(好物はチキンなどの肉類、豆腐、ご飯、麺類、おでんなど)。

しかし最近は「食べず嫌い」をなくすことに挑戦。Supernannyの本に、「本当に嫌いなものは表情でわかる」とあり、そうだなあ~と思って。肉を食べない私がこんなことを言うと笑われそうですが、「あれはいや、これはいや」と特に理由もなく文句を言うfussy eaterにはなってほしくないし、いろんな味や栄養のあるものを食べるほうがよいしね。

Supernannyの言うとおり、本当に嫌いなもの(うたこの場合はサツマイモやカボチャなど)は無理に食べさせませんが(大人だってオエっとなるほど嫌いなものありますよね)、あまり理由なく食べないものは「3口だけ食べなさい」などと言うようにしています。(そうするとさほど嫌がらずに食べる)。


「躾」というと厳しいイメージがありますが、人生経験も知恵もない子どもにポンと自由だけを与えても困ってしまいますよね~。実は子どもは規則(決まりごと)があるほうが落ち着くんですって。

ただし、親が腹を立てて怒るのはNG。ついイラッとしがちですが、子育てには1にも2にも忍耐力。普通の声で、しかしきっぱりと言わなければならないのですね。


子の躾って実は親の精神力トレーニングのような気がします(笑)。

あ、ちなみに朝出かけるときや夜寝るときは必ずチューなどして、親子仲良くしておりますよ。


子育てについてはいろんな考え方があるし、自分のやっていることが100%正しいと思っているわけではありませんが、子育て記録の意味で書いてみました。

日米の子育ての違いもおもしろいテーマなのですが、このあたりはまたぼちぼち書いていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-08-27 04:30 | うたこ

プリスクール卒業式

金曜日はうたこのプリスクールの卒業式でした。
f0195286_782450.jpg

小さいのに服装はいっちょまえでしょ?

皆で歌を3曲ほど披露してから校長先生の簡単な祝辞。そして一人ずつ修了証書と写真を額に入れたものをもらいました。

その後は皆で持ち寄った料理やケーキなどを食べました。私は日本人代表(?)ってことで、やっぱり寿司。
f0195286_7111489.jpg

以前子どもたちのパーティに持って行ったときにはあまり人気なかったのですが、大人には人気でした。このほかに竹輪の胡瓜詰めも持って行きましたが(うたこの好物なので!)、これも意外と人気でびっくり。先生に「レシピ教えて」って言われたんですけど、レシピもなにも胡瓜を詰めて切っただけ……。簡単で意外と人気のあるパーティメニューかもしれませんww

プリスクール「卒業」と言っても実際は9月に公立学校のジュニアキンダーが始まるまで通うので、これで最後というわけではないのですが、それでも感慨深かったです。ついこの間生まれたような気がするけど、いつの間にかもう4歳。大きくなったなあ~って。

この学校はデイケア/プリスクールで、赤ちゃんのときから通っている子もいます。そういう子たちの卒業は先生たちにとっても感慨深いみたい。

1年半前にこちらに越してきたときには「シンガポールの家に帰りたい」「シンガポールの学校に戻りたい」と散々言われて困りましたが、いつの間にかすっかりなじみ、友だちもたくさんできました。(シンガポールの友だちのことはまだ覚えていて、会いには行きたいそうですが)。この調子で次のキンダーも喜んで通ってくれるといいなと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-08-14 07:23 | うたこ

ジャパニーズな一日

今日はうたこの日本語学校幼稚部の面接でした。

2歳ごろはなかなかうまく日英両方使い分けて話してるな~と思っていたのですが、最近は英語のほうが圧倒的にうまくなってしまい、日本語能力はなかなか伸びません。(話すのがママだけだもんね)。

で、今日の面接に向け、「晩ご飯のときは日本語で」というルールを作りました。(パパも日本語で会話に参加)。面接の練習も何度かやりました。

ママ「お名前は何ですか?」
うたこ「うたちゃん!」

「ちゃん」は要らないんですけど……

ママ「好きな食べ物は何ですか?」
うたこ「ちくわ!」
ママ「ほかに好きなものは?」
うたこ「おでん!」

日本的でよいと思いますw

そして今日いよいよ本番!

先生が絵を指さしながら「この色は何かな?「これは何?」などと聞いていきます。時々「わからない~」と言いつつ、2/3くらいは回答でき、無事に合格♪ (不合格になることはないらしいのですが)

好物は聞かれませんでしたが、「朝ごはんに何食べた?」と聞かれ、「おでん食べた!」 先生、「あら、朝からおでん?」とちょっとびっくり。(残り物があったのでw)

ママはうたこが「赤」がわからなかったことと(ど忘れしちゃったのかな?)、「かにさん」と言えたことにびっくりしました。蟹の話なんてした記憶ないんだけど……あ、そう言えば「さるかに合戦」を読んであげたことがあったっけ。

学校の図書館で本を借り(大人のも子どものも)、帰りには近くにある日本の食品店で寿司を食べて買い物をしました。日本語学校→日本の食品店と続くと、自分が日本にいるかのような錯覚にふと陥りますね。。。

幼稚部は実は昨年の3月に申し込んでいたのだけれど、いっぱいでまだ入れずに待っています。夏ごろまでには入れるかな。週一回でも日本語で勉強できれば、うたこの日本語能力ももうちょっと向上するだろうと期待しています。

食べ物はアメリカのもの(ホットドッグやピザ、ハンバーガー)も日本のもの(ちくわ、おでん、うどん)も大好きなうたこ。食べ物と同じように言葉も両方好きになってくれたらいいのだけどな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-02-13 13:26 | うたこ
昨日はフラワーアレンジメントのレッスンに行ってきました。

前回は義姉とふたりでしたが、今回はご近所のママ友達Sさん&そのお義姉さんのAさんも一緒に4人で。初めてお会いしたAさんもとっても気さくなよい方で、おしゃべりしながら楽しくお稽古できました♪

作品はこれ↓
f0195286_11355754.jpg

うまく写真撮れなかったのですが、菱形に仕上げてあります。(少なくともそのつもり……笑)。

今月のテーマはウェディング。残念ながら(?)もう自分のウェディングは終わってしまったのですが、応用してディナーの席のテーブルセッティングなどに使えそうです。前回は結局復習しないまま忘れてしまった(完全に忘れてはないけど~)ので、今回はきちんと復習します!

フラワーアレンジメントのあとは、またSさん、お嬢さんのRちゃんと一緒に近所の公園へ。Pはそのあいだに家で掃除をしておいてくれました。(ありがとう!!)

公園で2時間半くらい遊んだけどまだ遊び足りない様子なので、そのままRちゃんも我が家に一緒に帰宅。砂だらけになったのでまずはお風呂に入りました。

泡だらけの髪の毛で遊んでみました(笑)↓
f0195286_11415864.jpg

そして晩ごはんも食べていってもらおうと思ったのだけど、Rちゃんは疲れて(&パパに会いたくなって)家に帰りたくなってしまい、「家に帰りたい~」と泣きだしてしまいました。

それを聞いたうたこも「Rちゃん、ここにいて!」と大泣き。

ふたりでまるでコントか何かみたいに交互に大泣きしてました(笑)。

Rちゃん、しつこいうたこですが、これからも仲良くしてやってね~。ママのほうもよろしくお願いします。来月またお花のレッスン行きましょう。

そして日曜日の今日はカーニバルに行ってきたのですが、これはまた次回。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-09-13 11:47 | 習い事
このところよく働いているjunjunです。

考えてみれば、最近は仕事ばかりしていて家事もろくろくやっていません。代わりに主夫(ってわけでもないけど)Pがご飯を作ったり洗濯をしたりと大活躍です。(ありがと~)

しかし主夫Pも時々息切れしてくるので、このまえは晩ごはんデリバリーしようということになり、お寿司と焼きそばを取ってみました。
f0195286_982385.jpg

Pママのバースデーパーティのときにもお寿司をデリバリーしてもらったお店です。日本人経営ではなさそうだけど(配達の人はいつも中華系な感じです)、まあまあなお寿司です。(しかし焼きそばが15ドルもするのはちょっと許せん!)


そして私は土日も仕事。Pの甥も奥さんがキャリア変更のための勉強で忙しく、父子2組で2日間プレイデート(笑)。土曜日は近所の公園と図書館へ行き、日曜日はBoston Higashi Schoolの盆踊りフェスティバルへ。
f0195286_918484.jpg

けっこう本格的な櫓が作ってあり、浴衣貸し出しもあり(うたこは自前の甚平)、食べ物もあり……でかなり楽しいイベントだったようです。

お神輿も↓
f0195286_9194246.jpg

日本のことをほとんど知らないP甥もすごく楽しかったと言っていました。私も行きたかったな~~~


でも今日はその罪滅ぼしのため(?)、一日中うたこの遊びに付き合ってきました。

まずは空港方面の海沿いの公園でほかの日本人ママ&お子さんたちとプレイデート。
f0195286_9214369.jpg

↑対岸にボストンのダウンタウンが見えて、きれいです。

公園は遊具やスプリンクラーの他にちゃんとしたトイレもあって(ないところ多いのでありがたい)、なかなかよかったです。夏休み中は子どもに無料でランチ(サンドイッチ、果物、飲み物程度)もくれます。(しかしうたこはおにぎりが好きなので、ママが早起きして日本風弁当作りました)。

そしてそのあと家が近くのママふたり+お子さん3人と最寄駅まで帰ってきましたが、子どもたちはまだまだ遊び足りない様子。そのまままた別の公園に行きました。

今日2度目の水着に着替えて水遊びをしたり、砂場で遊んだり……待っているママが疲れてきて帰ろうと言っても"NO!"。

結局6時まで公園にいました。

しかも帰り道にRちゃん(一緒に行った近所のお友達)の家に行くと言ってきかず、結局そのままお宅にお邪魔。Rちゃんと一緒にお風呂に入り、晩ごはんもご馳走になり、ワンちゃんと遊んで、8時ごろにようやく帰ってきました。(Rちゃんママありがとう!!)

朝家を出たのが9時前ですから、11時間くらいずっと遊んでいたことになります(移動時間含む)。

さすがに疲れてただ今爆睡中。

高齢ママは疲れましたが(笑)、うたこはたっぷり遊べてとても楽しかったようです。よかった、よかった。

今日お会いしたママたち、またよろしくお願いします~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-08-12 10:25 | うたこ

BCMで親子デート

BCM (Boston Children's Museum)にうたこを連れて行ってきました。

今日集まったのは親子4組。3歳のうたこのほか、2歳の男の子、1歳の男の子&女の子、そしてそのママたちです。

2歳のMくんは年齢は近いのですが興味のあるものが違っていて(男の子は電車遊びなどが好きで、うたこは踊ったりするのが好き)あまり一緒に遊べず、1歳の子たちとはちょっと年齢が開きすぎていてやはり一緒には遊べず、ランチのときにおしゃべりした程度でしたが、楽しかったです。

入ってすぐのところに3Fまでの高さのあるジャングルジム(といっても金属製ではなくて落ちないようにうまく作られている)があるのですが、前回はびびってしまってほとんど上がれなかったうたこ。今回はこつをつかんだらしく、前回よりずいぶん上に登ることができ、"I did it!"とうれしそうでした♪

お目当てのミュージッククラスは今日はなくて残念でしたが(夏休み中なのでスケジュールが違うみたい)、水遊びをしたり、外で縄跳びをしたり(飛べてませんでしたけど)、4時間たっぷり(ランチの時間含む)楽しみました。

いや、「たっぷり」と書きましたが本人はまだまだ遊び足りなかったらしく、最後は「ママ先に帰るからね~」と半分脅して(笑)無理やり連れて帰ってきました。

遊び疲れたうたこは帰り道、駅に着くまでに撃沈。家に着いてもまだ眠っていて、そのまま3時間お昼寝しました。(寝すぎね~)

うたこは生後半年から保育園に入れていたので、これまで私が一緒に遊ぶのは週末だけ。今日のようにママと二人きりでたっぷり一緒にいるのは珍しいことで、うたこはとーってもうれしそうでした。

ママのほうをじっと見つめて、うれしそうに"I love you, mommy!"ですって。

何だか親バカな日記ですけど、子どもにとって親(やその他の周りの人たち)に「愛されている」という安心感はとても大切なことだと思うんですね。そうやって人を信頼する気持ちが育っていくのだと思います。

私も"I love you, too!"です。(あららら、本当に親バカ日記だ!!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-07-20 13:23 | うたこ

水が大好き

最近ちょっと落ち込み気味のjunjunです。

何がどうってことはないんですけど、立て続けに仕事が入っていてほかにやりたいことができなくて欲求不満気味。そして不規則な睡眠時間のせいか、仕事しながらコーヒーばかり飲んでいたせいか、少し体調を崩して金曜日はダウン。

仕事も自分では頑張ってるつもりだけど、そのわりに実力も収入も伸びず……。私の収入ではうたこのプリスクール代、家賃、健康保険(夫婦ともフリーランスで個人のに入っているので高い)すら賄うことができません。情けないわ。(Pさん、頑張ってください!)

それでちょっと鬱々としてしまい、そういう自分がいやでまた落ち込むという悪循環(笑)。

あ、でもそんなに深刻ではないので、皆さんご心配なく。(深刻だったらたぶんブログには書けない)。

パーっと飲みにでも行きたいけど、近くで気軽に誘える友達もないんだなあ~。誰かこのブログの読者(いるのかどうかわからないけど)でjunjunと飲みに行ってやろうと思う方はぜひ鍵コメでもください。よろこんで出かけますです。


さて、先週末は独立記念日のクックアウトや花火で疲れたので、今週末は自宅周辺でまったりと過ごしています。

ずっと暑い日の続いているボストン地方ですが、昨日の午後は短時間の豪雨。

うたこは大喜びでアンパンマンのカッパを着て、パパと出かけて行きました。
f0195286_733818.jpg

近所をうろうろしただけらしいですが、ちょっぴり洪水みたいになってて楽しかったそうです。うちのあたりはそれほどでもなかったけど、本当に洪水みたいになった場所もあるみたいですね。どこかで地下室浸水してたかな。

今日はママが近所の公園へ連れて行きました。

お目当てはスプリンクラー。
f0195286_771228.jpg

たいていどこの公園にもスプリンクラーがあって、暑い時期には子どもが遊べるようになっています。

このあとうたこは上半身裸になって大はしゃぎ。次回はちゃんと水着もって行こうと思います。3歳でも女子の裸はちょっとまずいでしょ。変な趣味の人でもいると困るし。

子どもって本当に水が好きですね~。

帰ってきてワールドカップの決勝戦を見ていると、うたこが隣で"I want to watch Nick Jr!"と大騒ぎ。(Nick Jr.は子ども向けのTVチャンネル)。「ママとパパはサッカー見たいからNick Jr.はあとでね」と言うと足で宙を蹴ってものすごく怒り(最近よく怒るんです……)、放っておいたらソファで寝てしまいました。

サッカー終わったあともまだ昼寝中~。公園で遊んで疲れたんですね。

今日はこれから裏庭でプチBBQ。魚を焼くだけですけどね。外で食べると何でもおいしいです。

おいしいものを食べて元気回復せねば!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-07-12 07:21 | うたこ

「『お願い』は?」

アメリカでは子どもが何かぶっきらぼうに頼むたび、大人は必ず"Say please."と言います。

たとえば、

子ども "I want more bread!"

親 "Say please."

子ども "Can I have more bread, please."

パンを渡してやり、子どもが黙っていると

親 "Say thank you."

子ども "Thank you."

親 "You're welcome."

こんな感じです。


これを日本語でやろうとすると少々変な感じです。

うたこ 「パンとって」

ママ 「『お願い』は?」

うたこ 「パンとって、お願い」

パンを渡されて黙っているうたこに

ママ 「『ありがとう』は?」

うたこ 「ありがとう」

ママ 「どういたしまして」


日本では子どもにいちいち「お願いって言いなさい」なんて言わないですよね。子どもにいちいち「ありがとう」と言わせて、「どういたしまして」と返す親も(国際結婚ママ以外は)見たことないし。

しかし英語ではPlease, Thank you, You're welcomeを言うのはとても大事なこと。ほとんどしゃべれない1歳くらいの子にも"Say thank you!"と言います。


おそらくこれからずっとアメリカで育っていくうたこですが、アメリカ人であると同時に日本人でもあってほしいと思っています。それでママがせっせと日本語を教えているのですが、言語って文化と密接につながっているから、単なる言葉の置き換えではすまないんですよね。

うたこ、日本に行ったら「外人」っぽい子ですね、きっと。

でもアメリカでの日本語教育担当者として、junjunこれからも頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-07-03 03:01 | うたこ
最近、うたこによく嘘をつく私です。

「嘘」と言うと聞こえが悪いですが、たとえば

「髪の毛をくしゃくしゃにしておくと鳥さんが来るよ」

「歯に虫さんがいるといけないから歯磨きしよう」(しまじろうの本には虫の絵も描いてある)

「野菜食べないと顔がしわしわになるよ」

といった感じ。

親戚のAちゃんママに話すと、「それはMother's lieね!」。どうもこういう類の嘘は万国共通のようです。

「嘘をついてはいけません」と子どもに言いながら親がこういう嘘をつくのはどうかなあ~と思いますが、便利なのでついつい使ってしまいます。こういう嘘は許されるのかな、それともやっぱりいけないのかな? Super Nannyならなんと言うか聞いてみたいです。


ところで昨日はルバーブケーキを焼きました。
f0195286_1484647.jpg

このまえルバーブを買ったときはクランブルにしましたが、今回はケーキで。ルバーブは切ってそのまま放りこむだけの簡単レシピです。
f0195286_149094.jpg

ルバーブの酸っぱさが爽やか。

ルバーブは夏のものだと思うけど、いつまで出回るのかな? 季節のうちにあと一回くらいは食べておきたいです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-07-01 01:38 | うちごはん・お菓子