フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

DOUBLES: Japan and America's Intercultural Children

DOUBLES: Japan and America's Intercultural Children』という映画を見ました。

タイトルどおり、日米の混血児に関する映画です。戦後の米軍占領下で生まれた混血児たちから、現代の(といってもこの映画は1995年に制作されたものなので少々古いですが)混血児たちまでのインタビューをもとに構成されています。

日本で混血の人のことを「ハーフ」と呼びますが、この映画では「半分」「あいのこ」というイメージのある「ハーフ」ではなく、「ダブル」という言葉を使っています。(「ミックス」という人もいます)。

この映画を見ての感想は、まず、時代とともに混血児に対する世間の目がかなり変わったということ。

昔は「ガイジンと言って石を投げられた」「青い目の子だったら連れてくるなと親に言われた」とか。以前、日本のテレビでエリザベス・サンダースホームに関するドキュメンタリー番組を見たことがありますが、終戦直後の混血児に対する世間の対応はそれはひどいものでした。

もうひとつは、うちの子が該当するので特に気になったのですが、日米の混血の中でもアフリカン・アメリカン(黒人)との混血の場合、やはり差別が多いようだということ。これは特にアメリカ在住の場合ですね。

さて、わが子の場合はどうかというと、これまで大変ラッキーで「差別」や「いじめ」は全くなし。

生まれたのは日本ですが、首都圏なのでミックスも特に珍しくなく、わりと普通に接してもらっていました。次に住んだのがシンガポールで、ここはもともと他民族の国の上に外国人(日本人、西洋人含む)居住者も多く、ここでも全く嫌な思いをすることはなし。そしてアメリカMA州Cambridgeへ。ここも大学が多いことなどもあっていろんな人種・国の人が住んでいますから、やっぱり特に差別を受けたりすることもなし。

でもこれは我が家がたまたまラッキーだっただけで、現在は差別がないということではないのですね。日本でも田舎のほうだとじろじろ見られたりするかもしれないし(実家の近くで電車に乗ったりすると夫はじろじろ見られるし、一度クリーニング屋さんに夫がお使いに行ったら店番の女性がびっくりして奥に逃げ込んでしましました)、アメリカでも住人がほぼ全員白人という町に住んだら居心地悪いことだろうと思います。

うちの子はまだ4歳半で、どこまで理解できているかはわかりませんが、自分がAfrican-Americanであり、日本人でもあるとは理解しています。そして最近は特に自分の外見が気になるようで、自分は日本で生まれたのにどうして髪の毛がまっすぐでないのか、とか、自分の肌はなぜ茶色いのか、など聞いてきます。そして自分のようにくしゃくしゃな髪よりもストレートな髪の人のほうが多いので、自分もまっすぐにしたいと言ってみたり。

肌の色については、「パパの肌の色とママの肌の色が混ざって、うたこの色になったんだよ~」と説明。パパのこともママのことも大好きなので、二人からもらった色が好きになってくれたようです。映画の中ではお父さんが色の違うアイスクリームを混ぜて見せて、これがお前だよ、と言ったという話が出てきました。

うたこがストレートヘアがよいと言っているのはちりちりヘアをからかわれたからというわけではなく、単にストレートヘアに憧れているだけのようですが、自分の人種について考えるのによいきっかけになっている気がします。親としてはティーンエイジャーになったら美容院に行って好きな髪形にしてよいよと言ってあるので、今はこの髪でよいかと思っているようです。

食べ物も日米両方のものが大好き。ピザやチキンナゲットも食べるけど、おでんや日本のカレー、お寿司も大好物です。言葉はどうしても英語のほうが強いけど、日本語も何とかやっています。

このまま日本のこともアメリカのことも大好きで、両方の文化に誇りをもって生きてくれたらうれしいな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-01-05 12:01 | レビュー