フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

年齢の真実

ちょっと前にある場所に行き、M子という共通の知人のいるTさんに会いました。

会話の中でTさんに「junjunさんはもともとM子さんのお母様かどなたかとお知り合いなんですか?」と聞かれ、「いえ、お姉さんです」と答えつつ、「お母さんと友だちと思ったのかしら? 私のこといくつだと思っているの~。失礼!」と思った私。

でも家に帰ってからよくよく考えてみると、怒る理由はなかった!

お母さんの年齢は知りませんが、私とM子とは15くらい離れていますから、お母さんとのほうが歳が近いかもしれないことに気づき、愕然(ってほどでもないけど)。

40代って自分ではまだまだ若い気がするんですね。私の場合は子どもが小さいから特に。でもこのことで改めて自分が属する年齢層の真実に気づかされました。あはは。

でもまあ気は若くもっておきます。


昨日の夜はまた「わかなぱん」の自家製酵母パンと野菜のおかずからのレシピでほうれん草のココナツカレーを作りました。
f0195286_051388.jpg

一緒に載っているのはターメリックライス、いつもの豆腐バーガー(今回は野菜はキャベツと人参)、そしてムスタファセンターで買ったミックスで作ったインドの蒸し菓子です。

ほうれん草のカレーはなかなかのヒット作でした!

緑色のカレーと言えばタイ料理のグリーンカレーですが、自分でスパイス調合して作れないためにいつも出来合いのペーストを使い、私には辛すぎてあまり食べられない、ということの繰り返し。その点、このカレーは自分で辛さを調整できるのでうれしいです。(タイカレーもレシピを覚えればよいのでしょうが、複雑そうで……)

インドの蒸し菓子は口に合わず、一口だけ食べてゴミ箱行きとなりました(涙)。だいたいお菓子かどうかもよくわかりません。甘いと思ったのにしょっぱかったし。(しかしココナッツをかけろと書いてあった)。ひよこ豆の粉が主な原料みたいですが。

インド人のおじさんがやっている近所の雑貨屋さんで買うインドのスナック菓子はおいしいのになあ。


そして今朝はウェットマーケットで朝ごはん。

私はビーフン、野菜、豆腐で2ドル(130円)↓
f0195286_058207.jpg

うたこはビーフンだけで1ドル↓
f0195286_0593971.jpg

私の豆腐も少し載せてあげました。

Pは平たい麺(名前わからない~)と野菜で2ドル↓
f0195286_102492.jpg

マーケットの朝ご飯は安くておいしいです。


そして今日の晩ご飯は白ご飯、大根の味噌汁、鮭の西京味噌漬、ほうれん草としいたけ入り白和え(味噌風味)、ごぼうと人参のきんぴら。(写真なし)

カレーもおいしかったけど、和食のほうがほっとしますね。やっぱり歳かな(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunh0101 | 2009-09-13 01:10 | うちごはん・お菓子