フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

ワシントンDC その2

日曜日にワシントンDCからボストンに移ってきました。

Pの父方ファミリーはみんなのんびり。1週間滞在して私たちもすっかりのんびりした気分になってしまい、ゆっくりランチを食べたり寄り道をして買い物したりしていたら、なーんとボストン行きのフライトに乗り遅れてしまいました!

でも次のフライトにスタンバイで無事にボストン到着。ほっ。席があってよかったです。のんびりもいいですが、のんびりしすぎはいけませんね。次は気をつけなくては。


さて、土曜日にはFamily cook-outで、義父の家に(と言ってもコンドミニアムの共用スペースですが)ファミリーが集まりました。
f0195286_233889.jpg

義父のファミリーは大家族。Pのいとこだけで40人くらいいますから、ちょっと声をかけると数十人簡単に集まります。小さな子たち(Pのいとこの子どもや孫!たち)もたくさん来て、うたこも大喜びでした。
f0195286_2373338.jpg

髪の毛もちゃんとblackの女の子らしく結んであげました。(こちらのblackの女の子たちはみんなきちんと編み込みなどしていて、くしゃくしゃのまま放っておくのはとてもだらしないんだそうです。「親は何してるの、って言われるわよ」と注意されてしまいました。。。)

いつもは嫌がるうたこも、こちらでほかの女の子たちがかわいいヘアスタイルをしているのを見て、"I want かわいい"(英語と日本語混ざってるけど~)と自分からヘアアクセサリーを持ってきました。友だちの影響大きいですね。

赤ちゃんもいて、うたこ大興奮。
f0195286_2375252.jpg

お料理は大量のバーガーやホットドックを焼き、パスタサラダやシーフードパスタなどを作りました。

「豆腐バーガー作ろうか?」と提案したのですが、PとPのお姉さんに「トーフバーガー? この辺のblack familyはそんなもの食べないわよ」と大笑いされて却下。おじさんのひとりはいつも牛一頭分くらい(!)焼くんだそうです。冗談じゃなくて本気で大笑いされましたよ。

「牛一頭」に対抗すべく、私たちが用意したのは蟹!(ワシントンDCは蟹が有名なのです)。

テーブルに新聞紙を敷いて待機↓
f0195286_2331518.jpg

大量の蟹ちゃんたち↓
f0195286_233137100.jpg

スーパーではなく、ちゃんと魚市場に行って買った蟹はすごーくおいしかったです。ランカウイの洞窟ツアーのランチで食べた蟹バーベキューに次ぐおいしさでした。

今週の土曜日は義母の家でもcook-outです。北のほうの人たちのほうがこういうものを食べるので、今度は豆腐バーガー作ろうかな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunH0101 | 2009-07-22 23:42 | アメリカ里帰り旅行