フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

タグ:日記 ( 251 ) タグの人気記事

玄関ドアに今年もクリスマスリースをつけました。
f0195286_23122979.jpg

一昨年はレッスンを受けて手作り、去年は出来上がったものを購入してリボンだけプラス。

今年はシンプルな緑のリースとベリーのついた枝だけ買い、家で飾りをつけました。松ぼっくりは娘が以前どこかで拾って来たもの、りんごなどの飾りは去年のリースからの使いまわし、リボンも去年のクリスマスの余りです。余りもの利用にしてはうまくできたかな(笑)。

昨日教会に行ったらクリスマスの飾り付けがされていて、礼拝でもクリスマスソングを歌いました。もうすぐですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-10 23:22 | 日記
今日ホールフーズ(というスーパーです)でWhole mackerelを見つけて買ってきました。
f0195286_10261482.jpg

Mackerel(鯖)にしてはすごく小さくて、サイズ的には鯵くらい。でもゼイゴがないから鯵ではなさそうだし、青い模様がやっぱり鯖っぽいです。子どもの鯖かしら?

これを塩焼きにし、そのほか、もやしとエノキの味噌汁、豆腐とビーツの葉の煮物、胡瓜と竹輪の酢の物を作りました。

和風な夕食になったよ。(ビーツの葉は和食素材じゃないけどねー)
f0195286_1029469.jpg

食べ物の好みの渋いうたこは大喜び。魚以外は全部お代わりして食べました。(お腹がはちきれそー)

デザートはこれ。
f0195286_1029585.jpg

このケーキ、なんと小麦粉もバターもオイルも入っていない! 材料はおから、卵、砂糖、ココアの4つだけ! それなのに不思議とケーキになるのです。

卵をよく泡立ててあるせいか、ふわふわな感じ。やわらかくて型から出すときに崩れてしまいましたから、ココット型みたいなのに入れて焼いたほうがよいかもしれませんね。

レシピはこちら→

このケーキもうたこのツボにハマったみたいで、ぱくぱく食べてました!

ママは世界一お料理がうまいんだそうです(笑)。

そういえば私も子どもの頃は自分の家で食べるご飯がいちばん美味しいと思ってました。いつも食べてる味だから安心するのかもしれませんね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-07 10:46 | うちごはん・お菓子

スクールで日本紹介

今日はうたこのスクールで日本紹介をしてきました。
f0195286_4524126.jpg

日本はどこでしょうか?
f0195286_4534618.jpg

まだ幼稚園児なのでアメリカがどこかもわかっておらず(笑)、もちろん日本の場所を知るはずなし。(うたこですらわかっておらず、ロシアのあたりを指さしてました……)

日本語ってアルファベット使わないんだよ~とか
f0195286_4552443.jpg

ニンジャやポケモンやHello Kittyは日本から来ましたよとか
f0195286_4555381.jpg

日本の食べ物の説明とかしました。
f0195286_4561428.jpg

寿司には生魚使うって言ったらYucky!(気持ち悪い)だってー。

このあと、お箸体験と海苔、竹輪の試食。竹輪が意外と大人気。子どもって万国共通練り物系が好きなのかな。

時間が余ったら桃太郎を読もうと思っていましたが(英語でね)、ここで時間切れ。でも集中力のない5、6歳児だからこれくらいでよかったかな。

去年2年生の子たちにやったときは「日本にニンジャはいますか?」と聞かれたけど、今回はそれを上回る質問が。

「あなたとうたこはニンジャですか?」

え?

まあ本当に忍者だったとしても隠さないといけませんからね(笑)。「違います」と答えておきました。去年も今年も質問者をがっかりさせちゃったよ……

この各国文化紹介は先月行われたInternational Dinner of Thanksと組み合わせて行われているもので、保護者が自分の国の文化を子どもたちに紹介します。うたこのクラスでは他にシンガポール人ママのプレゼンもありました。

私の学校時代、こういうのなかったなあ~。親が学校に来るのは参観日や懇談のときだけ。親が授業に入るというのもありませんでした。(今はあるんだろうか?)

親が来ると子どもはうれしいみたいだし(そのうちに嫌がられるかな??)、親のほうもクラスの様子がよくわかってうれしいです。これからもこういう機会があれば、どんどん行きたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-07 05:11 | うたこ

詐欺未遂

どうも仕事にやる気が出ないので、もひとつ書く。

このまえ、ちょっと変だなーと思う仕事(翻訳)の問い合わせがありました。

変だなと思ったのは以下の点。
・社名部署名肩書きがなく、依頼者のフルネームのみ
・送信アドレスがGメール
・ずいぶん先(1月)の出張に使うプレゼン資料の翻訳を頼んできた

怪しげなのには返信しないのですが、ちょっと引っ掛かりつつもこちらには見積つけて返信しました。

すると、「この見積額でけっこうですので、お願いします」と。「どこで私の連絡先を見つけましたか?」という問いには「ATA(American Translators' Association)」という答え。(実際、ATA経由で問い合わせは時々来ます)

仕事したのに支払いがないなんてことになったらいやだなーと思ったのですが、なんと先にチェック(小切手)を送るとのこと。(これもヘンだよね)

で、送ってきました。

が、これが決定的に怪しい!!

まず、封筒がヘン。いまどき殆ど見ないエアメール用封筒(アメリカ国内から出しているのに)に手書きで宛名が書いてあり、差出人の名前住所はなし。

中のチェックもおかしい。本物でなさそうというのはアメリカ生活の短い私でもわかる。

そしてそして、極めつけは金額が違うこと。500ドル程度の見積もりに対し、2500ドルになってる。

Pいわく、「金額間違えたから差額返してっていう詐欺じゃないかな」。

信用した私がATMでチェックを換金→500ドルもらって差額の2000ドルを依頼主に返す→このチェックは有効なものでないので、私が2500ドルを自分の銀行に対して負うことになる、という仕組み。

果たして。

Pの予想通り、「アシスタントが金額を間違えましたので、換金後差額をこちらに送ってください」という連絡が。(これがまた、「チェック届きました」と連絡したとたん、即効で詳しいメールが来て怪しすぎ)

詐欺でしたー。

実際のところ、私はまだ翻訳作業をしていなかったし、金銭面でも労力面でも(数通のEメールに要した時間は除く)被害はゼロ。

でもね、たとえばもし私がここ数ヶ月仕事がなくて家賃も払えないような切羽詰まった状況だったら、あるいはこの仕事を始めたばかりでよくわかっていなかったら、飛びついていたかもしれませんね……。きっとこのメールはほかにも送られていたはず。ひっかかっている人がいないとよいのですが。

なんとなくヘンな匂いがしたらすぐにさよならするのが肝心ですね。(恋愛でもそうよ!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-04 02:01 | 仕事

雪の日とアイススケート

土曜日は朝から雪。
f0195286_21421821.jpg

少しだけど長いあいだ降っていました。(これは日本語学校の控室カフェテリアから撮った写真)

日曜日は雪もやみ、暖かめの一日に。午後はBoston CommonのFrog Pondでやっているアイススケートに行きました。
f0195286_21461834.jpg

お友だちも誘って、パパ1人、ママ2人、子ども3人で行ってきました。

私は滑らなかったのだけどねー。(ちょっとまだ膝が心配で)。みんな楽しそうでした。

Pも大張りきり(笑)。
f0195286_2149448.jpg

子どもたちが運動不足になりがちな冬、ここは貴重な場所かも。また来たいと思います。


さて、写真。Instagramを使ってみました。(サイズ替えたり顔隠したり加工してあります)

実は何ヶ月も前にダウンロードだけして放ってあったのです。Instagramの写真って素敵だけど、ぱっと見てすぐわかるというか、けっこうみんな同じ雰囲気の写真になってしまうんじゃないかと思って使わないでいたのです。

でも使ってみると、やっぱり楽しい。簡単に雰囲気のある写真が作れるし。(あまりに簡単でびっくりしたよ)。

デジカメも買い直してしまったのだけど(ネットで注文して届くのを待っているところ)、iPhoneのカメラもおもしろいねー。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-03 21:55 | 日記
木曜日の昨日はうたこのバイオリンレッスンの日。この日はスクールバスに乗れないので、学校まで迎えに行きます。

レッスンのあと知っているお母さんにあったのでおしゃべりし、学校を出たのがたぶん5時ごろ。ちょっと車で走るとなんだか辺りが暗い。信号も作動してない。

停電だー。

と思ったら、パトカーが立て続けに2台通過。消防署の前もなにやら騒々しい。

というか、道全体がカオス状態。

まず、真っ暗でしょ。そして信号がないでしょ。それに加えて歩行者もいっぱい。(あとで聞くと地下鉄も止まっていたらしい)。

そんな中、ひやひやしながら運転し、なんとか家に到着。

……家も真っ暗。がーん。

仕方なく、ランタンや懐中電灯を出し、暗い中でうたこは宿題(目が悪くなるね!)、私は夕食の支度。我が家のコンロ、旧式のガスのやつでよかったです。(チャッカマンがあれば使える)。

電気がないと暇なので夜は早く寝ることにして、シャワーは地下室のタンクにまだお湯があるから大丈夫なはず、でも暖房が効かないから夜は冷えるけど大丈夫かなあ……などと考えていたら、電気復旧。停電時間おそらく2時間くらい。

ほっ。

ハーバードスクエアのほうも停電で、かなり広域がやられたようです。原因は送電線の問題とか何とか。

ツイッターで「ケンドール駅で鹿が電車に衝突した」というのが流れてましたが、これは冗談らしい(笑)。ケンドール(MITのそばです)に鹿はいないだろうし(七面鳥なら可能性あるかな?)、第一電車は地下鉄だし。ネタとしてはおもしろいですけどねww

暗がりの中でやった宿題↓
f0195286_12372392.jpg
f0195286_12373246.jpg

こんな感じで4ページ。幼稚園にしては多いと思うけど、どうかな。

9月にK(年長)に進級し、10月から宿題が出るようになりました。最初はやる気がなくてすごく時間がかかり、横に座っていないといけませんでしたが、いつの間にかひとりでできるようになりました。最近は「宿題好き!」だって。

小学生、中学生になってもずっと宿題好きでいてくれるとよいな~。


ついでに今日のことも書いてしまおう。

今日は我が家でヘアカット&ランチ。美容師のお友達がもう日本に帰ってしまうので、自宅カットも今日で最後。

切りだめ?で短めにお願いしました。

夏にサマーキャンプのために戻ってくるかもと言っていましたが、夏まで伸び放題で待ってたらびっくりするかなあ(笑)。いくらなんでも切るだろうけど……

今日はお客さんは私ともうひとり別の友達。二人カットしてもらって、そのあとランチ。
f0195286_12455612.jpg

みんな来てから慌てて作ったペストパスタ、ビーツとカボチャと人参のオーブン焼き。そして友達がもってきてくれた赤ピーマンのマリネ、カボチャコロッケ。デザートには(これまた慌てて作った)りんごスパイスケーキ。

帰っちゃうの寂しいなあ。お子さんたち(NちゃんとOちゃん)と会えなくなるのも寂しいなあ。夏に本当に帰ってきてよ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-01 12:52 | 日記

今年のクリスマスツリー

アメリカでは感謝祭後にクリスマス準備を始めます。(それより前にやるとフライングな感じです。たまにやってるところあるけどね。)

我が家も昨日クリスマスツリーを出してきました。
f0195286_22355853.jpg

過去2年は生木を買いましたが(2010年→、2011年→)、今年はフェイクの。実はシンガポールで買ったフェイクのツリーがベースメントでずっと眠っていたので、使わないともったいないよねー(特にここまでの送料が!)ということで、今年はこれを使うことにしたのです。

久しぶりに出してみると……ちょっと壊れ気味。スタンドの溶接部分がひとつ外れてしまってぐらぐらして使えないし、ツリー部分も組み立てるための軸のところがぐらぐら。

でもなんとか工夫して立てました。大丈夫かな。クリスマスまでにツリー崩壊!の惨事にならないことを祈るのみ…。シンガポールでも2回使っただけでもったいないけど、今回でリタイアかなー。

とにかく、ツリーが準備できたので一気にクリスマス気分が高まりました。次はプレゼント準備だ!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-26 22:36 | 日記
Happy Thanksgiving!

今日(こちらではまだ22日)はThanksgiving(感謝祭)。例年は家族で集まって手作りディナーを食べるのですが、今年はP姉#2が帰ってこれないために義母が彼女を訪ねてワシントンDCに行ってしまい、それならP姉#1もそちらに行くわということになり(結局渋滞がいやで行かなかったのだけど)、家族ばらばらに。

めったにないこのチャンスに我が家はお出かけすることにしました。行き先はプリマス・プランテーション
f0195286_13224736.jpg

感謝祭はそもそもイギリスからプリマスに移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事として始まったと言われていますよ。プリマス・プランテーションは当時のネイティブの人たち(Wampanoa族)の集落や移住してきたイギリス人たちの集落が再現してあります。

ここは私とPは二回目。うたこはスクールからも二度行ったので今日が四回目。前回家族で行ったのは3月でがらすきだったのですが、今日はたくさんの人が訪れていました。

最初に15分程度の紹介ビデオを見て、早速ランチ(笑)。

予約できるところはどこも一杯だったので(5月ごろから予約開始なんですって!)、予約なしで食べられる簡単なバッフェを食べました。
f0195286_13255218.jpg

ターキー、スタッフィング、マッシュトポテト、マッシュトバターナットスクウォッシュ、サラダ(これはちょうど切れててなかった)、グレービーソース、クランベリーソース、パンプキンブレッド、デザート(パンプキンパイやチーズケーキなどから1つ選ぶ)。

ターキーとマッシュトポテトの大好きなうたこは大喜びでしたが、ターキー食べない私のお皿はちょっと寂しかったな……。(私の分のターキーはPがしっかり完食してくれましたw)

お腹がいっぱいになったところで、Wampanoa族の村へ。
f0195286_13304096.jpg

当時のままを再現してあって、二度目でも十分(四度目のうたこでも)興味深かったです。
f0195286_13312250.jpg

当時の服装をした人たちがいろんな質問に答えてくれますよ。
f0195286_13331265.jpg

服装、なかなかファッショナブルです。(この柄は東西南北の4つの風を表しているんだそうです)。

そして植民地の村へ。
f0195286_1333336.jpg

こんな家が何十軒も建っていて、それぞれ居住者がいてお話しができます。

今日は広場に集まってダンスも。
f0195286_13351643.jpg

5歳のうたこでも楽しみながら地元の歴史(アメリカという国の重要な歴史でもある)を学ぶことができる場所です。最初の紹介ビデオにも出てくるのですが、プリマスプランテーションの歴史はネイティブアメリカン側と入ってきたイギリス人側の異なる2つの視点があり、その両方の視点から見られるのが特に興味深いところです。

私ももっと勉強しないとなー。


さて。現代のサンクスギビングは「ターキーを食べる日」(笑)という以外に、「感謝する日」でもあります。

家族や友人がいてくれること、屋根の下で快適に暮らせていること、十分に食べ物が食べられること、仕事があることに感謝です!

----------------------------------------------------------------------
↓プリマス・プランテーションで感じたこと追記。

ここではネイティブアメリカン(Wampanoag族)の村とイギリス人入植者の村があり、それぞれ違った立場から歴史を見ることができます。

Wampanoag族のほうとしてはヨーロッパからもたらされた病気のために多くの人が亡くなってしまったり(村が全滅してしまったところも)、"Curiosities(珍しいもの)"兼奴隷としてさらわれ、ヨーロッパに連れて行かれた人たちがいたりなど、決して歓迎すべきものではありませんでした。

対してイギリス人入植者のほうは、「宗教的弾圧を逃れるため」という大きな理由があってアメリカにやって来て、こちらも大変苦労したというストーリーがあるわけです。

ちょっと気になったのが、今でもネイティブアメリカンの人たちを"Curiosities"として見ている人がいるような気がすること。彼らの当時の生活習慣や風習は今の私たちとは大きく異なっていて、そういう意味では確かに「珍しい」ですが……。上に書いたような歴史を考えると、無邪気に「インディアンの人たちって……」とは言えませんね。(男の子が「インディアンたちは…?」と質問したとき、「Wampanoag族のこと? Wampanoag族はね…」と言い直していました)。

プリマス・プランテーションに行くなら、「見物」目的ではなく、「学習」目的でね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-23 13:51 | 行事・イベント

Turkey Trot 2012

サンクスギビング(感謝祭)前日の今日、うたこのスクールでTurkey Trotというイベントがありました。

Turkey Trotを直訳すると「七面鳥かけっこ」でしょうか(笑)。サンクスギビングではターキーを食べる習慣があるため、そういう名前がついています。ミニ運動会というか、1種目だけの運動会のようなものです。

うたこの学校にはグランドはないため(体育館や外の遊び場はあります)、スクールそばの公園で開催。
f0195286_13313072.jpg
プラスチックの何か(なんて呼ぶのかな?)を並べてトラックのようにしてあり、ここを低学年は2周、高学年は3週します。

ターキーさんと一緒によーいドン!
f0195286_13324724.jpg
このターキーはいつも近所をうろついている野生のターキー……ではもちろんなくて(笑)、体育の先生。最後に大人のレース(先生と保護者が参加)もありましたが、ターキーさん、それまでに走り過ぎて疲れたのか、無念の2位でした……。全レース走ってたら疲れるわよね。お疲れ様。

うたこは最初の半周くらいはダントツぶっちぎりの1位!だったのですが、最初から飛ばし過ぎて疲れてしまい、すぐに失速。入賞ならずでした。(うたこは1位の賞品はターキーだったと言っているのだけど、本当かどうかは不明。「ただいま~」って子どもがターキー丸ごと1羽持って帰ってきたらびっくりするよね……)

全員こんな賞状をもらって帰ってきました↓
f0195286_13373481.jpg
あはは。本当はターキーさんにも負けたんだけどね~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-22 13:42 | うたこ
昨年に引き続き、今年もうたこのスクールでのInternational Dinner of Thanksに参加してきました。
f0195286_9412199.jpg

去年はディナーの前にスクールの国際性(国籍がある、親が出身など生徒と関わりのある国が38ヶ国とか)についてのプレゼンがありましたが、今年は市全体でやっているLiteracy(読み書き能力)向上プログラムに関連したプレゼンがありました。お名前失念してしまいましたが、スピーカーはハーバード大学教育大学院(Harvard Graduate School of Education)の方。「子どもに毎日本を読んであげましょう」というお話しでした。(←乱暴にはしょりすぎです。すみません)

無料の本もいただきました。
f0195286_9393554.jpg

実はこの本、すでに市のどこか別のところでもらってて、2冊目なのですが。(近所の方限定ですが、ほしい方がいればひとつ差し上げます。)

プレゼンが終わって、いよいよディナー!

えーっと、写真は撮り忘れました。ながーい列でようやく食べ物にありつけたので、写真撮らずに食べちゃいました。えへへ。

私は去年は寿司をもっていきましたが、今年は天ぷら(海老、さつま芋、玉ねぎと人参のかき揚げ)。去年寿司巻くのに疲れたので天ぷらのほうが楽かな~と思いきや、大量に作るのはやはり疲れました……。(家中油臭くなったよ)。

でもみんな喜んで食べてくれたみたいでよかったです!

ほかにはチキン料理、ターキー、パスタ、サラダ、ビーンズ&ライスなど。私はベジタリアンチリがいちばん気に入りました。(でも写真がないとつまらないですね)。

途中、サプライズで姪登場。
f0195286_947359.jpg

この学校の卒業生でもある彼女(今は大学生)が校長(つまり叔母)に感謝をこめて歌を歌いました。校長、泣いてたかな~。

サプライズと言えば、Pにもこの日サプライズが。

なんと3年生のときの担任の先生が偶然会場に来ていて、数十年ぶりの再会!!

三十数年会っていなかったと思うのですが、先生ちゃんとPのことを見つけてました。覚えてくださってたんですね。感動です。

気がつけば来週はもうサンクスギビング。これからお正月まで、長いホリデーシーズンの始まりです。1年の経つの早いですね!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-17 09:59 | 行事・イベント