「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

タグ:同窓会 ( 2 ) タグの人気記事

Pの高校同窓会

サンクスギビング翌日はPの高校の同窓会に出席してきました。会場は近くの川沿いのホテルで、夜7時開始。

まず受付の女性たちとパチリ。
f0195286_1143355.jpg

みんなかなりお洒落していますよ~。(左から2人目の女性は足首までのロングドレス!)

junjunもこの日は珍しく肩出しドレスで。
f0195286_1165713.jpg

こんな服装はすごく久しぶりです。(自分の結婚式以来かも??)

実は去年Pの大学の同窓会にも行ったときは、同級生の皆さんまじめというか地味というか(ごめん!)何というか……あまりにも化粧っけがなく、服装がスポーティなのに驚いたのですが、高校の同級生の人たちはかなり着飾って来ていました。学校によって集まる人たちの種類がかなり違うということかな。(夫の行った大学は山の中にあり、スポーツ好きな人が集まるようです)。

校風の違いと言えば、同級生の人たちが皆、「Cambridgeにはdiversityがあって素晴らしい!」と言っていたことが印象的でした。人種的にもいろんな人がいることを当たり前だと思っていたけど、大学に入ったら違っていた、と。(そういえば夫の大学の同級生、ほぼ100%白人でした)。アフリカ系アメリカ人と日本人のカップルとして、私たちにとってもここはとても住みやすい場所です。

同窓会は堅苦しい挨拶などはなく(幹事の女性が簡単にスピーチしておしまい)、あとは飲み食い、おしゃべり、そしてダンス!
f0195286_1181131.jpg

お洒落も久しぶりだったけど、踊ったのも久しぶり! うたこが生まれてから踊りに行った記憶ないから、少なくとも5年以上は経ってる。久しぶりに昔の「ディスコ」時代を思い出しました。(私の若いころはまだ「クラブ」じゃなかったのよ。笑)

残念ながらマット・デイモンやベン・アフレックとは別の学年で(同じ高校出身でーす)特にセレブの方はいませんでしたが(笑)、楽しい集まりでした。

そういえば私の学校の同窓会ないなあ~。高校は一度あったっきり。大学のなんて一度もなし!そんなにみんな仲悪かったっけ?(笑) 誰か幹事してくださいませ。待ってます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-11-27 11:30 | 行事・イベント

Pの同窓会旅行

ただいま! 2泊3日のプチ旅行から帰ってきました。前回の記事に書いたとおり、Pの大学の同窓会のための旅行です。

Pの出た大学はMAの端っこで、すごーく田舎にあります。私は田舎育ちなせいか、大学は都会に出たいと思いましたけど、Pは山に惚れてこの大学に決めたそうです。
f0195286_12471540.jpg

同窓会で2泊3日ってすごいな~と思ったら、Pの卒業年度だけではなく、5年、10年、15年……と5年区切りでいろんな卒業年度の人たちが皆集まる同窓会でした。

3日間も何するの~??と思いますが、食事以外にもいろんなアクティビティが企画されていて(レクチャー、子ども向け、スポーツ関係などなど)スケジュールなどの書いたパンフレットは30ページ。私の出た大学なんて、同窓会一度もないし……(全体の総会みたいなのはあります)、えらい違いです。

まず初日の金曜日は受付してバッジ、名札、記念品(Pの年度はブランケット)をもらい、夜は外(テント)でバーベキュー。
f0195286_12524429.jpg

食事はだいたい年度別で、ここに集まっているのは1990年に卒業した人たちばかりです。

食べ物はバーベキューと書きましたけど、日本のような豪華な焼肉ではなく、ハンバーガーとホットドッグです。それ以外は中に挟むレタスやトマト、付け合わせのコールスロー。以上! アメリカンですね……。(ちゃんとベジバーガーも用意してあるところもさすがアメリカ)。

土曜日の朝は大学カラーの紫の服を着てパレード。

出発前↓
f0195286_1256818.jpg

笛みたいなのもくれます↓
f0195286_12565982.jpg

これ名前忘れちゃったんですけど、吹くのにコツが要ってなかなか難しかったです。ふーって吹くとだめで「うーうー」って言うと音が出るんですよ。不思議。
f0195286_12582799.jpg

途中で隣の男性が「パレードって言ってるけど、だーれも見てないから意味ないなあ~」とぽつり。

その通り。だーれも見ていませんでした。。。

そのあと夕方までは各自いろいろなアクティビティに参加。(または寮やホテルで昼寝?)

残念ながらパレードの途中から雨が降ってきてしまったので外でのアクティビティはなくなってしまい、私たちはまずミュージアムへ。

絵を見たかったけど、うたこは走って脱出(笑)。別の部屋で子ども向けにマスク製作やっていたので、そちらに行きました。
f0195286_13229100.jpg

↑半分くらいはママが製作。

ランチは全体で体育館でサンドイッチやサラダなどを食べ、午後はドラム教室に参加。
f0195286_1344250.jpg

大人も子どもも楽しかったです。

Pは3時からレクチャーを聴きに行き、私とうたこはデイケアセンター(託児所)でやっていたプレイデートへ。

そして夜はまたテントでディナー。この日は子どもだけ先に食べたあと、別室でチャイルドケア付き(有料)。大人だけでゆっくり食べることができました。

でもお天気が悪くて寒かった~~~~。人数が多いから全部中でやるわけにはいかないのでしょうが、毎日外でご飯ってちょっと疲れました。(50年代卒など年配の方々は室内だったようです)。

最終日の今日日曜日は午前中にブランチを食べて(またテント)終わり。

宿泊は寮に泊まることもできたのですが、私たちは近くの農家がやっているB&Bへ。
f0195286_1391889.jpg

↑写真は泊まった建物ではなく、牛用です、念のため(笑)。

前回の記事で「プチホテル」なんて書いてしまいましたが、2部屋しかなく、民宿……というか、どこかのお宅に泊まらせていただいているという感じでした。

乳牛を主に育てている酪農農家ですが、ペットでうさぎやヤギなどもいましたよ~。
f0195286_1312263.jpg

自然の中で気持ちよかったです!

Pの同窓会ということで私は全く初対面の方ばかりだったのですが、知らない人と話すのが苦でない私は楽しかったです。(うたこも初めて会った子たちと走り回って遊んでいました)。

日本とつながりのある人たちも多くて意外でした。

奥さんや旦那さんが日本人だったり、若いころ日本で英語教師をしていたり(Pもその一人ですが)、留学していたり、出張でよく行ったり……。よい日本語プログラムがあったみたいなのでそのせいかな~と思いましたが、ちょうどその頃はまだ日本のバブル景気が続いていて、日本ブームだったようです。

そしてビックリしたのが、私が出た日本の大学で10年間教えているという女性に会ったこと!

Pの大学も小さいところだし、私の出た大学も小さいところなんです。まさかPの同窓会で自分の大学の先生に会うとは! 「○○先生はどうしてますか?」と共通の知り合いの話ができるなんて、地球って狭ーい!!

ビックリはそのあとも続き、Pが友だちとの会話中に何気なく「僕はトルコ生まれなんだ~」というと、相手の女性も「私もトルコ生まれよ!」 よく聞いてみると、同じ病院で半年違いで生まれていたことがわかったのです。

あ~本当に時々地球がとっても小さく感じます。

とこんな感じで、とっても楽しい同窓会イベントでした。

明日からはまた仕事だ~~~

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-06-14 13:26 | 行事・イベント