フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101
junjunの気まぐれ日記から引っ越してきました!

今までのブログのタイトルだけ変えてそのまま使おうかとも思いましたが、ここはやはり心機一転ということで引越しすることにしました。

タイトルのSongsは娘「うたこ」(本名ではありません、笑)の「うた」、そして世界のどこに住んでいても家族3人、自分たちの「うた」を歌って楽しく過ごしていきたいという意味を込めました。ここシンガポールでの歌はどんなものになるでしょうか? ワクワクします。


さて、シンガポール生活5日目に突入しました。今は朝の9時半。疲れた私を気遣ってPがうたこを連れて出かけてくれたので、ひとりでブログを書いています。ありがと♪

シンガポールでの最初の1ヶ月は会社が借りてくれたサービスアパートに住んでいます。2ベッドルームでリビングも広く、キッチンも揃っていて十分です。
f0195286_1121439.jpg

でもちょっと全体に古くて暗い感じなのと、マイナーな不具合(ドアノブが取れたりトイレの流れが悪かったり)が毎日のようにあるのがちょっとなあ~。

場所は一番の繁華街オーチャード通りで、窓からの景色はこんな感じ。
f0195286_1143924.jpg

便利な場所だけど、街中過ぎて落ち着かないです。去年いたChina Town周辺のほうがのんびりできてよかったかも。すぐ隣においしいホーカーセンター(ローカルフードコート)もあったし。

昨日は住居探しに行ってきました。

最初に見たのは巨大コンドミニアム。敷地内に高層の建物がいくつも建っていて、プールやテニスコートなどはもちろん、レストランやカフェ、ミニマート、ヘアサロンなどもあります。通勤やお買いもの用にはシャトルバスも出ていて超便利そうだし、建物も外から見た感じやエントランスなどはいい感じ……だったのですが、見せてもらったユニットの内部がひどかった! 2つ見たけど、家具も安っぽくてとても古く、壊れたものが置いてあったりして……。絶句。

ここシンガポールでは近年不動産の値上がりが激しく、実は私たちの予算では郊外の2ベッドロームがぎりぎりなのです。それでも日本で住んでいた3LDKの比較的新しいマンションよりもかなり高いので、「この値段でこの程度か~」とがっくりきました。

でも次に見たコンドーはもっと新しく、中もわりときれいでした。最初のとは対照的にこじんまりした4階建ての建物が数棟。シャトルバスやお店はないけど、プールやテニスコートは揃っています。中も明るい感じだし、徒歩でMRT(地下鉄)の駅やローカルフードのお店、セブンイレブン、ウェットマーケット(生鮮食品を売っているローカルマーケット)に行けるのもいい感じ♪

3つ目の物件はプールなどのfacilityがないwalk-upと呼ばれるタイプの建物。部屋はきれいでしたが、バスタブのないのが×。日本人の私はやはり時々お湯につかりたいです。

最後に見たのもwalk-up。1Fにはハーゲンダッツやカフェが入り、周辺もレストランなどのお店がたくさん並んでいます。ここは内装がとっても素敵でしたが、ほんの5段ほどだけど階段を上がらないとエレベーターにたどり着けないことと、プールやうたこが遊べる敷地がないことが×。

月曜日にもう1つか2つ見て決める予定ですが、今のところは昨日2つ目に見た物件かなあ~。家具などの内装はいまひとつな感じだったけど、建物全体の感じがとても素敵だったし、プールもあってうたこが喜びそうだし(昨日すでに喜んで入りたがっていた)、部屋も最上階でとっても明るいし。マイナス面は中心部から遠いことだけど、私たちの予算ではこれもしょうがない。Pは「また百○丘生活かあ~」と嘆いています(笑)。

1日物件を見て回った感想。

建物の外観や設備に比べて部屋のインテリアや備品がちゃちい!

外から見た感じはとても高級なのに、ド○キでいちばん安いものを買って並べたような室内……。どうして?? 日本人の感覚としては不思議です。最後の1軒は中も素敵だったけど。私たちの家賃の予算が低いからかな。(たぶんそうでしょう)。

とにかく、まあまあのところが1つは見つかってよかったです。最初の物件を見たときには悲しくなりましたから。

月曜日にもっといいところが見つかるといいな。
[PR]
# by junjunH0101 | 2008-10-05 11:36 | 新生活開始