「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

<   2012年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日食べたものたち

今日は久しぶりにお友だち二人とランチ。

ChesnuthillにあるDAIKANYAMAへ行きました。
f0195286_992469.jpg

迷いに迷って(笑)寿司ランチに。うーむ。ネタの種類をもう少し増やしてほしかったかな。特に押し寿司は鰻とかなんか別のものにしてほしかったような。これ以外にお味噌汁、サラダ、突き出しみたいなの、小さなフルーツがついています。向こう側に写っているお友だちが頼んだ塩サバランチがおいしそうだったので、今度はそれにしようかな。

夕食にはレンコン&豆腐団子(というよりナゲットっぽい?)を作りました。
f0195286_913385.jpg

ネットで見つけたレンコン団子のレシピを参考に、豆腐も少し入れてみました。すりおろしたレンコン、水切りした豆腐(レンコンの1/4くらいだったかな)、卵、片栗粉、塩、生姜を入れて団子にし、油で揚げるだけ。レンコンがもちもちしてておいしかったです! 私は肉を食べないので入れませんが、ミンチを入れてもいいかも。

胡瓜の即席漬け。
f0195286_9153028.jpg

これはネットで見つけたレシピほぼそのまま→ おいしかったです。

ほかには竹輪、フィッシュ豆腐、大根の煮物。地味なので写真なし(笑)。

フィッシュ豆腐というのは魚の練り物と豆腐だけのがんもどきを足して割ったみたいなもので、韓国系スーパーで買いました。「Fish Tofu」と書いて冷凍で売ってます。珍しいから地味でも写真撮っておくべきだったかな? 魚の練りものよりふわふわしてておいしいです。

そしてデザートはこれ。
f0195286_9202569.jpg

今日お友だちにいただいたフィナンシェ2種。きれいに包装してかわいいリボンまでかかっていて、素敵&おいしいプレゼントでした。ありがとう!

今日もいろいろと食べ過ぎました(笑)。最近食欲暴走中。食欲の春? 夏に日本に帰ろうと思っているのに、やばいですね。(アメリカでは細いですが、日本では……??) 今週バレエお休みですが、来週からまた頑張ろうと思います。ウォーキングもね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-31 09:24 | うちごはん・お菓子
日本時間ではもう30日になってしまいましたが、アメリカ東海岸はまだ29日。うたこの5歳の誕生日です!

スクールでのお誕生会のため、ママは朝からカップケーキをたくさん焼きました。
f0195286_115263.jpg

マーサ・スチュワートのレシピ。1ボウルでできて、おいしいの♪ (Sさんに去年レシピ本借りました。ありがと~)

午後にこれと飲み物もってスクールへ。

お誕生日のお話を読んだり、ゲームをしたりしたあと、ケーキにキャンドルを灯して(小さいカップケーキだけどね)ハッピーバースデーソングを合唱。いただきまーす。
f0195286_10523649.jpg

カップケーキは子どもたちに大人気。「私の誕生日にも作って!」とか「家に遊びに来て!」とか言ってくれて、かわいいの♪

日曜日にすでに第一弾の誕生会をやったので、これが第二弾。

家に帰って晩御飯のあと、お祝い第三段。
f0195286_10581183.jpg

余ったカップケーキにまたキャンドル灯して家族で歌を歌っただけですけどね。
f0195286_1059458.jpg

お祝い多すぎますね~。でも実はまだ第四段があるのです(笑)。グランマ(義母)の誕生日が4月2日なので、週末に合同で誕生日ディナーとケーキを食べることになっています。正直うたこの誕生祝いはもういいやって感じですが(笑)。

というわけで、うたこの5歳の誕生日ネタ、しつこくもう一度アップする予定。乞うご期待!(誰も期待してないか。笑)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-30 11:06 | うたこ
日曜日、うたこの5歳の誕生パーティを開きました。(実際の誕生日はまだ)。

今まではずっと自宅でやってきましたが、今年は呼ぶお友だちの数も増え、初めて外の会場を借りることに。Inside Playground(そのままなネーミングですね)という屋内プレイグラウンドでやりました。
f0195286_4493052.jpg

はじめにしばらく(1時間15分)遊んでから、別室でパーティ。食べ物は外部からの持ち込みで、ピザをデリバリーしてもらい、自分たちでは巻き寿司(junjun作)、カリブ風チキン(P作)、フルーツサラダ(junjun作)、ジュースを用意しました。巻き寿司やピザもまあまあでしたが、ピザが大人気。オーガニックの粉やホルモン不使用のお肉を使っていて、とても美味しかったです。(近くの方はぜひお試しください→

今年のケーキはプリンセス。
f0195286_4513249.jpg

うーん。ベーカリーでカタログ見たとき、たしかベースのクリームはすごくきれいなピンク色だったと思うのだけど? 受け取りに行ったら思ったより地味なのが出てきて、ちょっとがっくり。でも本人はプリンセスのティアラに大喜びでした! ちなみに中のスポンジは半分がチョコ、半分がバニラです。
f0195286_4523160.jpg

来てくれたのは今のスクールのお友だちやプリスクール時代のお友だち、近所のお友だち、バレエのお友だち、親戚の子たちなど。皆さん、来ていただいてありがとう!

プレゼントについては「要らないからその分ここに寄付してください」というふうにする人もいますが、我が家はだいたい「プレゼントは気にしないで手ぶらで来てね」という程度にお伝えしています。そうするともってきていただいたときにはありがたく頂戴できるし、もってこない人も気にしなくてすむな~と思って。みんなにいただいたら多すぎてもったいないし、全くないのも寂しい気がしますしね。いろんな考え方があるでしょうが、我が家はこんな感じ。

いただいたプレゼントのひとつはピンクの鍵付きダイアリー。早速書きこんで、これは秘密のダイアリーだから…と鍵かけてました。実際自分では単語のつづりがわからないからママやパパにスペルアウトしてもらってて、すでに内容バレバレなんですけど(笑)。

最後に皆さんに渡したGoddy bag(お楽しみ袋)にはフェイスペインティング用クレヨンが入っていました。帰って来てからこれで遊び、歌舞伎役者になったりチーターになったりしていたうたこです(爆)。楽しめてよかった。

ついこのあいだ生まれたと思ったいたのにもう5歳。月日の経つのは速いですね。ここまで元気にすくすく育ってくれたことに感謝!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-27 05:53 | うたこ
最近とても気がかりなニュースがありました。

フロリダでコンビニ帰りの17歳の黒人の男の子が「不審に見えた」という理由で、自警団の男性に射殺されました。

日本語ニュース→
英語ニュース→

男の子はコンビニの帰り、携帯電話でGFと話しながら歩いていました。雨が降っていたのでフードを被っていて、その姿が不審に見えたのでしょうか? そして彼が黒人だったから? 実際もっていたのはキャンディとアイスティー、そして携帯電話だけだったのに。何が危険だった?

その子が撃たれたのは主に白人が住む地域でした。彼が白人でも撃たれていたのかどうかはわかりませんが、黒人だから怪しまれた、そして撃たれた、と見る人が多いです。正当防衛を主張する自警団のリーダーを逮捕しなかった警察に対する抗議の声が高まり、各地でデモが行われています。

黒人男子は近所をぶらぶら歩くこともできないのでしょうか? これはとてもとてもおかしなことです。

日本人でもたまに「周りが黒人ばかりで怖かった」みたいなことを言う人がいますが、実際のところ、非黒人に囲まれる黒人のほうが身の危険を感じるのではないでしょうか? お菓子買って歩いて帰るだけで撃たれるのですから。

このニュースを聞いて、14歳の甥のことを思いました。彼の親は彼に「白人地域でうろうろするなよ。危ないから」と言わなければならないのでしょうか? 無茶苦茶変ですね。

このニュース、人種差別以前に自警団の男性が銃をもって警戒しているという時点でもうおかしいと思いますし、これは極端なケースだったと思いますが、それでもやはり人種差別について深く考えさせられました。時代が変わり、今では黒人大統領も誕生したというのに、今もこんなことがあるとは怒りを禁じ得ません。

みなが生きよい世の中になりますように。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-24 02:20 | アメリカのこと

ぽかぽか陽気!

今週のボストン地方、どうしちゃったんだろう~というくらいぽかぽか陽気です。

空も絵の具でも塗ったみたいに真っ青!
f0195286_2362471.jpg

桜っぽい花も満開です。
f0195286_2364354.jpg

ワシントンDCの桜ももう咲いちゃったらしいですね。

今日の予想最高気温はなんと28℃。陽気というよりも「暑い」です。

しかしね、週末にはまた気温が下がり、日曜日は最低気温4℃最高気温10℃だそうです。セーター仕舞っちゃったけどまた出してこないとなあ。

今週のこの暑さはさすがに異常ですが、ニューイングランド地方はいつも気温が上がったり下がったりします。大きいクロゼットにタンクトップから冬のコートまで全部年中出しておくのがよい感じ。ほんとに。夜寝るときもいったん仕舞った毛布をまた出してきてかけたりとか……。季節感ぐちゃぐちゃです(笑)。

この陽気に誘われて、今週は毎日スクールのあとに公園に付き合わされています。おかげで今週はまだ宿題一枚もできてないよ~。(TVも見てないからいいですけどね!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-22 23:14

スクールのスナック当番

今週ボストン地方はぽかぽか陽気。最高気温が20℃を超え、春を通り越して一気に初夏のような気温です。木曜日は最高気温なんと28℃という予報! ちょっと前まで暖房入ってたのになあ。からだがついていけません。

さて、昨日はうたこのスクールのスナック用にカップケーキを焼きました。
f0195286_318243.jpg

中にジャム入れたらぷち爆発してしまいましたが(笑)。

実は本当は先週スナック当番だったのにうっかり忘れてしまい、埋め合わせに今日これをもたせました。スナック当番忘れる保護者が多いけど私は忘れないぞ~って思ってたのに。大事な予定はOutlookカレンダーに入れておくのですが、今回アラーム設定するのを忘れ、気がついたら過ぎてました……。ごめんよ。

スナック当番は半数くらいの保護者がいつも忘れてます。これは連絡方法が悪いのか(3ヶ月分くらいの表を渡されるだけなので)、金銭的・時間的(はたまた精神的)余裕がないからか……たぶん全部が理由かな。保護者からのスナックがない日は買い置きのビスケットなどで済ませているようですが、その分のお金がどこから出ているのかも気になるし(全部先生のポケットマネーでないことを祈る)、やはり忘れずに協力したいです。

スナックは何を用意するか悩むのですが、最近はほとんどマフィンやカップケーキ。野菜や果物のほうが健康的なのでしょうが、初めてマフィンにしたとき先生から「子どもたち大喜びだったよ~」と聞き、それ以来ついつい甘いもの系に。

今回は日本文化の学習も兼ねて小さな巻き寿司にしてみようかなあとも思ったけど、食べてくれるか不安でやっぱりやめちゃった。でもそのうち寿司一度もたせたいと思います。ツナとかだったら食べるかな。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-21 03:30
金曜日、高校生の姪が隣の義母の家に泊まりに来たので、皆で一緒に夕食を食べました。(特に支度していなかったので近所のイタリアンのテイクアウト+ささっと作ったサラダ)。

夕食後、姪に頼まれてインターネットでこれを注文↓
f0195286_10232179.jpg

注文したのはマネキンじゃなくて、付け毛です(笑)。アニメ・ボストンというアニメ関係の大きなイベントが毎年あるのですが、今年はファイナルファンタジーのなんとかいうキャラクターに扮するのだそうです(私にはわからん)。コスプレですね。毎年これにはすごく気合い入れてます。

高校では演劇をやっていて、土曜日はどこかのシアターフェスティバルで上演するとか。今回の劇はとても悲しいお話で、昔工場で有毒なラジウムを使う作業をしていた女の子たちの実話です。20代前半で殆ど亡くなり、跡地周辺の子供らも癌になったそうです。(劇のタイトル忘れてしまったのだけど、こちらのRaium Girlsという劇とストーリーは同じらしい→

ラジウムって放射性物質ですよね。それが昔は塗料として使われていたのだそうです。筆先をなめつつ作業をしていた女の子たちは腫瘍ができるなどして殆ど死んでしまい、ひとりが会社相手に裁判を起こして戦うのですが、彼女も勝訴したあとすぐ亡くなってしまったそうです。

うーん。昔はラジウムの毒性がはっきりわかっていなかったのだろうけど、彼女らに破格の賃金が払われていたことから察するに、経営者は少なくともある時点以降から薄々はわかったいたのではないかしら、と思います。時代が変わり、今では労働者の権利がきちんと守られていることを信じたいものですが、実際は程度の差はあれ、現在でも劣悪な労働条件のところはありますよね。。。

アニメやゲームに夢中になりつつ、こうした真面目な演劇にも取り組む姪は素敵だな~と思います。好きなことがはっきりしていて、輝いてます。junjunももっと輝きたいな~(笑)。


さて、土日はPがたくさんお料理をしてくれました。

まず焼きそば!
f0195286_10443017.jpg

韓国スーパーで買った日本製の焼きそばです。(冷凍で輸入されてます)。

そして餃子スープ。
f0195286_10465314.jpg

餃子は市販品ですが。スープが赤いのはビーツの葉を使ったから。ビーツの葉、けっこう美味しいんですよ。

今朝の朝食にはパンケーキ。
f0195286_1048322.jpg

上にかかっているラズベリーソースもPの手作り。ちょっと酸っぱかったですが、さわやかで美味しかったです。


今日はjunjun、なんと5時間もかけて家の掃除をしまして(どんだけ汚かったんでしょうね~)かなり疲れました。今10時前ですが、もうねむねむ。そろそろ寝支度することにします。

おやすみなさい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-19 10:54 | うちごはん・お菓子
ちょっと時差ぼけ気味のjunjunです。

海外旅行中ではありません(笑)。日曜日からdaylight saving time(いわゆるサマータイム)が始まり、時計が1時間進んだのです。たった1時間、されど1時間。月曜日の朝いつもの時間に起きてみると外はまだ暗く……。今日は眠かったです。あと2日くらいすれば慣れるかな。

サマータイムの開始と同時に急に暖かくなったボストン地方。土曜日の朝は雪がちらちら舞っていたというのに、日曜日の午後はぽかぽか陽気。娘のお友達一家とデッキでお茶しました。
f0195286_1038256.jpg

私の隣に座っているのが、以前書いた「専業パパ友」の奥様。月曜日から出張で大きなプレゼンがあるらしく、「今夜は眠れないわ~」とそわそわ。今週は泊りがけの出張が2つもあるらしいです。たしかに専業パパが必要ですね~。

うたこはなぜかスーパーガールの衣装で。ハロウィンの衣装もこうやって何度も着てくれるともったいなくなくて親としてはうれしいです(笑)。


月曜日の今日は我が家でポットラックランチ。先月お友達の家で計画していたランチに私を含め4人が行けなかったので(本人や子どもの風邪など)「リベンジランチ会」を開いたのです。
f0195286_10422250.jpg

junjunはナッツパン、ビーツとスイートポテトのスープ(写真なし)、ロースト野菜のフェタチーズ載せを用意。ほかにりんごパン、ポテトとコーンのコロッケ、ケークサレ、タイ風厚揚げ、オルゾパスタのサラダ、ピサラディエール。

ケークサレってしばらく前から日本で流行っているのは知っていたけど、今日初めていただきました。そして今日までずっと「ケークサクレ」だと思っていた私(恥)。「ケークサレ」だったんですね~。「塩味のケーキって意味よ」と元フランス在住のAさんが教えてくれました。(作ってきてくれたのはAちゃんでなく、我が地元S県出身Sさん)。

ピサラディエールというのは玉ねぎ、アンチョビ、オリーブを載せて焼いたパイ(今日はフェンネルも入っていたそう)。ケークサレの名前も知らなかったjunjun、もちろんこのお料理の名前も今日初めて知りました。(しかも忘れてしまったので先ほどぐぐって調べました。爆) こちらはAさん作。

ほかのお料理も美味しくて幸せ。ポトラックやると新しいメニューを発見できて、いいですね~。

そしてこの後はもちろんデザートも。ティラミス、チーズケーキ、抹茶アイス、チョコチップクッキー。(写真撮り忘れました~)

つい2日前の夜中に腹痛で苦しんでいたjunjunですが(姪の誕生日ディナーで夜遅くにピザやケーキを食べたから?)、今日こんなにたくさん食べれたので、もうすっかり胃は復活したようです(笑)。

一人で地味に家にこもっているのも好きですが、友達と会って、美味しいものを食べておしゃべりするのはやはり楽しいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-13 10:59 | うちごはん・お菓子

今日のお花とマフィン

今日習ったフラワーアレンジメント
f0195286_1034214.jpg

本当はもっと丸くなるはずだったのにうまくいかず……納得のいかない仕上がり! 白のチューリップ長過ぎたし。

「家に帰ってからやり直してみようかな」と言ったら、先生に「それはやめておいたほうが」と止められました……。

お花から帰ってから、お向かいの中国系女性と一緒にHマート(韓国スーパー)にお買い物に行きました。彼女は臭豆腐がほしかったらしいけど、見つからなかったって。売っていないのかな。私はHマートではいつも塩昆布が見つからなくて残念です。Hマートでの臭豆腐と塩昆布の情報求む!

夕方になり、明日のお茶会(日本語学校でおしゃべり)のお茶菓子を買い忘れたことに気づき、急遽マフィン焼きました。
f0195286_1046121.jpg

ラズベリーとサワークリーム入り。まだ味見していないのでわからないけど、美味しかったらしいです(by うたこ)。

今日は家庭的な一日だったなあ。フラワーアレンジメント作って、マフィンを焼いて。目指せ、マーサ・スチュワート!(嘘ですww)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-10 10:49 | 習い事

逃げるが勝ち

最近堅い話題が続いていますが、全然堅い人間ではないjunjunです(笑)。

冷泉彰彦氏によるニューズウィーク日本版「プリンストン発 新潮流アメリカ」。いつもふむふむと読ませていただいているのですが、3月7日付けの記事「アメリカで「病児保育」が社会問題にならない理由とは?」は特に興味深い内容でした。

内容に完全に賛同。特に、病時保育の充実を後押しするだけではダメで抜本的な職場環境の改善を進めるべき、という点、本当にそうだと思います。

私は日本、シンガポール(1年4ヶ月なのでちょっとだけ)、アメリカの3カ国の状況しかわかりませんが、やはり環境がかなり違うと感じています。日本ではまだまだ「子どもの病気や学校行事”くらいで”休むな/休めない」という雰囲気がありますね。産休や育休だって制度で保障されていても「女性はこれだから困る」と言われます。アメリカの夫の会社では子どもの学校行事のために年2日(3日だったかも)休暇が取れるし、「今日は子どもが病気なので家で仕事をします」というのもOKです。また、子どもの病気など緊急の場合は会社がシッター代を負担してくれる制度もあります。(シンガポールは共働きの場合大抵住み込みメイドさんがいるので問題にならない)。

このことについてツイッターやFBで少々話し合ったところ、「ルール作りも大切だが、まずは意識改革から」という声が多く出ました。フルタイムで働いている友人(一児の母親)は「職場に迷惑かけないようにしようと考えてしまう自分たちの意識」について書いていました。周りに迷惑をかけないようにと配慮するのは日本人のすばらしい美点だと思いますが、それが行き過ぎて皆が苦しい状況でがんばらざると得ないという面もありますね。

昨日ちょうどアルジャーラの「Tendenko: Surviving the Tsunami」という番組を見たのですが、ここでも、日本人は助け合いの精神のために皆が逃げ遅れ、結果的に被害が拡大すると言っていたのが印象的でした。(この番組は音声は日本語が多いので、ぜひ見てみてください)。

ニュース等でご存知の方が多いと思いますが、釜石市では「地震のあとには津波が来るから、地震が来たらとにかくひとりで逃げろ」という「津波てんでんこ」の教育のため、小中学生のほとんどの命が助かりました。皆で一ヶ所に集まって待機していたために大勢が亡くなってしまった小学校とは対照的です。(こちらについてはBBCの「Japan's Children of the Tsunami」をご覧ください。子どもたちが語るあの日、そして今も続く不安な日々。よい番組です。)

日本はいろんな面で「逃げにくい」「逃げることが許されない」文化だと思います。会社で毎日深夜まで残業させられても会社を辞められない(逃げられない)、夫婦共働きで大変でもメイドサービスやベビーシッターなどに頼らず(逃げず)ふらふらになりながら自分たちで頑張る、などなど。

そういえば冷泉氏のひとつ前のコラム「アメリカの外食産業に過労死がない理由とは?」にも「現場の仕事は良くも悪くも腰掛けであり、フルタイム雇用者が管理職候補で将来の出世を人質にムリな働き方を強制されるということは絶無です」とありました。これは外食産業の話ですが、アメリカのほうが一般的に転職しやすい(=逃げやすい)と思います。もちろん今は景気が悪くて転職は難しいですが、社会の意識として「転職が受け入れられやすい」という意味です。

最初にご紹介した冷泉氏の記事で「夫婦ともにフルタイムの上級管理職で出張も多い、という状態を作り出すことは人生設計の上で避けるのが普通です」とありますが、これも転職、というか、キャリアの方向転換が認められやすいということが関係しているのでは、と思います。

近所に「パパ友」というか、専業パパの友人がいます。奥さんがフルタイムで出張も多い仕事なので、ふたりの子どもたちが小さいあいだはパパが家で家事と育児に専念することにしたのです。アメリカでもこういう例は少ないですが、日本と比べれば断然多いです。

制度やルールだけ考えれば、アメリカも決して進んでいる部分ばかりではありません。たとえば育児休暇は日本の大企業のほうが断然長く取れるし、保育料もとても高いです。でも職場の同僚や上司たち(そして親当人)の意識の違いが差を生み出していると感じます。

そういえば(さっきから「そういえば」ばかりですね、笑)、シンガポール在住時代に「我慢大会」というブログ記事書いてたのでした。日本の皆さん、我慢ばかりせずに自分が壊れるまえにさっさと逃げ出しましょう。そして逃げていく人を温かい目で見守ってあげましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-08 23:24 | ひとりごと