「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

JB Line設立一周年

土曜日はJB Line設立一周年記念の会に行ってきました。

JB Line(Japanese Bostonians Support Line)はニューイングランド地方に住む日本人・日系人を中心とした人々の生活上の問題解決を助けるために2010年10月26日に設立されたボランティア団体です。詳しくはJB Lineのサイト(→)を見ていただきたいのですが、週7日一日24時間いつでも電話で(またはメールで)相談を受け付けてもらえます。

実は私も裏方ですこーしお手伝いをしています。(私が相談の電話を受けることはないのでご安心ください。電話はソーシャルワーカー、セラピスト等の資格をもった方が受け、もちろん情報は極秘に扱われます。)

私自身、家族も知り合いも誰もいないシンガポールに引っ越して困った経験があります。本当につまらないことなのですが、プリンター用紙を近所でどこに買いに行けばよいかわからなくてわざわざ遠くまで電車に乗って買いに行ったりとか(実は徒歩10分のところに売っていた)、健康保険の仕組みがわからずに困ったとか、いろいろあってストレスでした。

その後ボストンに越してきたからはかなり楽なのですが、それは夫の出身地で夫がだいたいなんでも知っており、夫の家族や昔からの友人もたくさんいてくれるから。知らない土地(しかも外国)で頼れる家族などがいなければ途方に暮れることも多いはず。

代表の渡辺哲子さんがこの組織を立ち上げることを決意されたのは、カナダ在住の高齢の伯父様ご夫婦に一時連絡がつかなかったことがきっかけだそうです。伯父様ご夫婦はまったくご無事だったのですが、連絡のつかない期間とても心配されたそうです。

こうしたときにさっと相談できる窓口があるというのは大変心強いことですね。

どんなことでもいつでも気軽にご相談くださいとのことです。
電話:781-296-1800
E-mail: help@jbline.org

一周年記念の会では、代表の渡辺さんのご挨拶、ご協力いただいている団体等からのご来賓の紹介とごあいさつ、ボランティアの自己紹介、そして認知症に関する講演がありました。

ボランティアの方々の自己紹介を聞きながら思ったのは、このJB Lineの存在意義はJB Lineそのものとしての活動だけでなく、善意の輪の広がりという面でも大きいなあ~ということ。今まで人助けをしたくても方法がわからなかった人たちにJB Lineという活動の場が与えられたし、今までそれほど人助けという意識がなかったけれどJB Lineの存在を知って意識が変わったという人たちもいるでしょう。そしてその善意の輪はJB Lineの外でも広がっているはず……と思います!

会の最後は皆さまから差し入れのデザートで。
f0195286_21313495.jpg

心もお腹も満たされた土曜日の午後でした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-25 21:39 | 行事・イベント

働いて食べる!

私かなりツイッターにはまっているのですが、昨日はアメリカでの低所得層の生活についての話題が気になりました。

我が家も経験者ですが(汗)、収入が低い場合、日本よりアメリカのほうが断然暮らしにくい気がします。場所によっても違うでしょうが家賃もかなりしますし、勤め人でない場合は高額な健康保険料も払わなければいけないし、保育料も高いし……などなど。中流だと思っていてもちょっとしたきっかけで転落する危険性も大です。

医療費も高いです。健康保険がなければ病気のために破産したり、必要な治療が受けられないことも。保険があってもカバーされない項目も多く(救急車とか)、自己負担が多い。歯の治療費もそう。この前仮のブリッジを入れて1800ドル。ちなみにこれは仮だから半年以内にちゃんとしたのをやり直さなければなりません。昨日は歯のクリーニングに行って支払い90ドル越え。歯科保険もあるのですが、あまり返ってこなさそう。は~(ため息)。

上位1%とその他99%の格差が広がっているということで、Occupy Wall Streetという運動が全米、そして全世界に広がりましたが、それだけ庶民の暮らしは厳しいということですね。。。競争のない社会がよいとも思わないのだけれど、もうちょっと庶民にも明るい要素がほしいですね。

さて、こんなまじめな話題で始まりましたが、食べ物の写真がまたたまってきたので、今日は食べ物写真特集。全然関係のない前振りですみません(笑)。

ハーバードスクエアのCloverで買ったバジルサンドイッチ↓
f0195286_12194748.jpg

このお店で感心したことがふたつ。

まずはお店の人気度。ベジタリアンメニューしかないにも関わらず、お昼時にものすごく賑わっていました。この前やぱりベジタリアンメニューしかないオーガニックカフェ(Life Alive)に行った時も思いましたが、ベジのお店、一般の人にもけっこう人気がありそうです。(2店ともいつも混み合っていて、お客さん全員がベジタリアンとは考えにくい)。

もうひとつは注文の方法。注文はiPhoneで受け、調理をする人も一人一台ずつiPhoneをもち、それで注文を確認しながらどんどん作っていきます。ベジタリアン=自然派というイメージがあるから、ちょっとびっくりして、でもかっこいいなと思いました。

シンガポールのお菓子↓
f0195286_12244536.jpg

毎週野菜はファーマーズマーケット(いろんなファームがスタンドを出している屋外マーケット)に買いに行くのですが、そこでアジア風のお菓子(マレー風?)のスタンドを発見。聞いてみるとシンガポール出身の方だそうで、懐かしくて買ってしまいました。もち米やココナッツを使ったやさしい甘さのお菓子です。

豆腐ドーナッツ↓
f0195286_12263979.jpg

ご近所のSさん手作り! 豆腐入りで甘すぎず、本当においしかったです! アメリカのお菓子って甘すぎるのが多いから、このほんのりした甘さにホッとしました。ありがとう~~~

ベジタブルラザニア↓
f0195286_1228213.jpg

むちゃくちゃ久しぶりに(5年ぶりくらい??)ラザニアを作りました。そしたらパスタ部分とソースの割合を見誤り、ソースが不足気味……。しかしおいしくできました。ふつうはベシャメルソースを入れると思いますが、面倒なのでさっぱりさせるために野菜たっぷりのトマトソースとチーズのみで作りました。

そして最後に登場するのがこれ!!
f0195286_1231582.jpg

じゃーん!! 松茸ご飯!!

大写しで↓
f0195286_12313054.jpg

日本人経営のお魚屋さんで売っているのを知っていてずっと気になっていたのですが、昨日で入荷が最後だと聞き、慌てて買いに行ってきました(笑)。

調理前に写真撮り忘れたけど、1本で13ドル。メイン産です。日本で国産松茸を買ったらいくらするのでしょう。1本何千円もしそうですね。

今日はこのほかに刺身など。うに(これもメイン産)がいちばんおいしかったです。うにって昔はあまり好きでなかったのですが、それはよいのを食べていなかったからですね。新鮮なのはおいしい! 残った分は今日うにクリームパスタにする予定。あー楽しみ。

本当は生秋刀魚を買う予定だったのですが、1尾11ドルの高級秋刀魚だったのでやめておきました。(刺身にもできる新鮮な生の秋刀魚でした)。裕福だったら生秋刀魚ひとり2尾ずつくらいどーんと買って焼いて、刺身も松茸もしょっちゅう買いに行くんだけどなあ~。←小さい夢ですね。

でもまあ、たまにでもこういうちょっとした贅沢ができるのはありがたいこと。「働けど働けど…」という感じですが、おいしい食べ物のためにも(笑)頑張って働きます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-22 22:37 | うちごはん・お菓子
今週末は2日連続で秋らしい行事に参加してきました。

土曜日は日本語学校幼稚部の秋祭り。
f0195286_9495631.jpg

祭りと言っても体育館でお神輿をかついで歩くだけなんですけどね~。日本に住んでいないので、こういうお祭りでも貴重な経験です。各クラスで趣向を凝らして飾りつけしたお神輿をわっしょいわっしょいと担ぎました。

日曜日の今日は車で10分ほどの所のとある小学校で催されたパンプキンフェスティバルへ。

このフェスティバルは昨年に引き続き二度目。(昨年の様子はこちら→

コーヒーカップに乗ったり、
f0195286_101535.jpg

ロッククライミングの練習をしたり、
f0195286_1021379.jpg

巨大滑り台を滑ったり、
f0195286_1071662.jpg

芝生の斜面をごろごろ転がったり、
f0195286_1074546.jpg

ほかにもフェイスペインティング、パチンコゲーム、折り紙、剣玉、ドーナツ食いゲームなどなど、たーっぷり遊びました!

ママのお昼は松茸ご飯とマンドゥ(韓国のギョーザみたいなの)。
f0195286_1094852.jpg

うたこ嬢は大好物のカレーと唐揚げ。(食べかけで失礼!)
f0195286_10102430.jpg

松茸は日本人経営のお魚屋さんで売っているのを知っていて、買いに行って松茸ご飯作りたいなあ~とずっと思っていたのですが買いにいけていなかったのです。だから今日食べられて大満足でした。

このパンプキンフェスティバル、たぶんファンドレイジング目的で開催されていると思うのですが(サイレントオークションなどもあり)、学校のサイズのわりに大々的にやられている感じです。楽しいアクティビティがありすぎて、うたこはいつまでも帰りたがらず、最終的には無理やり連れて帰ってきましたよ。。。

秋らしいと言えば、秋らしいデザートも作りました。
f0195286_10174678.jpg

お友だちのYちゃんのお義母さんのレシピで作ったアップルスパイスケーキ。スパイスはナツメグとシナモン。オーブンで焼くとリンゴとスパイスのよい匂いが漂ってきます。
f0195286_10195346.jpg

実はちょっと焼きすぎた(&オーブンの下段に入れすぎた)かなあ~と思ったのですが、底のちょっと焦げたところが特にchewy & crispyですごく美味しかったです。混ぜて焼くだけの簡単レシピですごく美味しい! 定番レシピ入りさせたいと思います。Yちゃん、レシピありがと~~~。

この週末、義母と義姉ふたりは紅葉を見る旅にお出かけ。MA州の端っこのほうに行ってきたそうですが、とってもきれいだったそうです。わりと暖かかったし、紅葉見るにはぴったりだったかな。

ながーいながーい冬が来るまでの短い秋、今のうちに楽しんでおきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-17 10:29 | 行事・イベント

ブルーフィッシュと粽

最近、お魚のCSAを始めました。

CSAというのはCommunity Supported Agriculture(地域支援型農業)の略で、地元の農業を支援するために1シーズン分の料金を先払いし、収穫物を受け取るというシステムです。通常はお野菜や果物などですが、お魚のプログラムもあり、今年初めて申し込んでみました。

丸ごとの魚か切り身かを選べるのですが、私は丸ごとの魚を隔週で受け取るというコースにしてみました。うろこと内蔵だけ取ってオーブンに放り込めばよいかなあ~と思って。

ところが、実際に始まってみるとかなり大きな魚ばかりがやってきて、そのままでは使えない! 仕方なく、必死でさばいています。

先週はBlue fish。
f0195286_2237568.jpg

まな板の上に乗りきらないので、紙袋の上で(笑)。

何とかさばいて切り身にし、醤油、酒、生姜に漬けて焼きました。
f0195286_22385552.jpg

新鮮な魚はやっぱり美味しい!

この日はご近所さんに手作りの粽(ちまき)もいただきました。
f0195286_22402756.jpg

中華の粽なのですが(ご近所さんは中国系アメリカ人)、よくある油っこいのではなく、中身はもち米とナツメ(たぶん)のみ。
f0195286_22413411.jpg

もう1種類デーツのもありました。

できたての熱々のをいただいて、美味しかったです。ご近所さんが手作りの食べ物くれるって、neighborlyでいいなあ~とPも大喜びでした。

いただきものと言えば、こんな素敵なものも日本から届きました~。
f0195286_22434925.jpg

陶芸をやっているお友だち手作りの箸置きです。空豆をイメージして作ったそうですよ。素敵!

私が前に箸置きが欲しいと言っていたのを覚えてくれていて、わざわざ送ってくれました。しかも12個も! うれし~~~。Mちゃん、大切に使わせていただきます。本当にありがとう。

ご近所さんや遠い日本の友だちの親切が心に沁みます。寒くなってきたけど(週末水遊びしてたのに今日はセーター!)、皆の温かい心遣いで暖かく過ごせそうです♪

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-13 22:49 | うちごはん・お菓子

紅葉とビキニ

週末メイン州に一泊旅行に行ってきました。

メイン州はアメリカ最東北部。お目当ては紅葉!
f0195286_7562961.jpg

車の中から撮った写真であまりきれいではありませんが、もう紅葉が始まっていました。

しっかーし!

この週末は10月なのになぜかものすごく暑く、最高気温は30℃近く。紅葉の中を抜けて海辺の宿に着いてみると、こんな景色。
f0195286_7581137.jpg

みんなビキニとか来て日光浴したり泳いだりしてるし……。この2枚の写真、同じ日に撮ったもの……。

天気予報で暑くなるとは言っていたけど、まさか泳げるほどとは思っていなかったので(その直前に暖房入れたりフリース着たりしていたし)ビーチサンダルも水着も短パンすらももってきておらず、長いジーンズで暑かった……。

うたこはこの日は結局服のまま水に入り、びしょびしょ。あとでお土産屋さんみたいなところで水着を買いました。

夜はKennebunkportという町の海辺のシーフードグリル&バーへ。
f0195286_817491.jpg

お店の外はこんな感じ。
f0195286_8181840.jpg

スチームしたクラムとカラマリフライ、ほうれん草とゴートチーズ、ビーツのサラダを食べました。(暗かったので写真はなし)。Pとうたこはバーガー頼んでました。せっかくシーフードのお店なのにもったいない!と思うのだけど、家でシーフードはいつも食べているので、外でたまにビーフが食べたくなるんだそうな。確かに家ではビーフ使わないしね……。

翌朝は新しい水着で水遊び。
f0195286_8539.jpg

パパはジョギング用のパンツの裾をめくってお付き合い。
f0195286_855763.jpg

ママはジーンズだったので浜辺で見学。短パンくらいもってくるんでした~。(しかし10月だよ!!)

水遊びのあとはドライブ。

灯台を見学したり、
f0195286_871619.jpg

2時間ドラマのラストシーンに出てきそうな海岸に行ったり。
f0195286_875224.jpg

メイン州は自然がとっても多いんですよ~。

メイン州最大都市ポートランドにも行きました。
f0195286_885966.jpg

おもしろそうなお店がたくさんありましたが、子連れだったのでほとんど入れず。残念。
f0195286_8334437.jpg

いつも私が撮ってばかりで私の写真がない!と文句を言っているので、この日はパパラッチみたいに撮ってくれました(笑)。

遅めのランチはロブスターロール。
f0195286_8114983.jpg

実はニューイングランドに住んでいながらロブスターロールは初体験。メイン州はシーフードが有名なので、ロブスター食べなきゃ!と思って注文しました。

マヨネーズソースみたいなのが入っているのかと思ったら、ロブスターの身がそのままごろごろと入っていました。うーん……それだったらパンはなしでロブスターだけ味わった方がよいかも。これに大盛りのフライドポテトがついて17ドルなり。

ポートランドでこの旅は終了。月曜日はColumbus Dayでうたこの学校はお休みだったのですが、Pが仕事だったので土曜の午後(日本語学校のあと)から日曜までの短い週末旅行となりました。楽しかったけど、今度はもう少し長く行きたいなあ~と思います。

Pの有給休暇、年末までにあと4日あるそうなので、またどこか近場に行けるかな。一度カナダにも行ってみたいし、ナイアガラの滝も見たいし……行きたいところがたくさん!

フリーランスの私は有給休暇がないので(いくらでも休暇は取れるけど無給になっちゃう……)せっせと稼いでまたどこかに旅行に行きたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-13 08:34 | 旅行

下手なことを続けること

最近、夏の間お休みしていたバレエを再開しましたが、実は私、運動は苦手です。

小学校の体育の成績は5段階の3。短距離走はまあ普通に走れた記憶があるけど、長距離走や球技はすごく苦手でした。中高とも運動部の経験もなし。なんというか、「どんくさい」子でしたね(笑)。

踊り系は以前サルサを習っていたことがあるのですが、これも上達しないので(特にくるくる回るのが苦手~)そのうちにモチベーションを失ってしまいました。。。

バレエもねえ~。本当に下手なんです。

今はまだ始めて数ヵ月なので下手でも「楽しい」という気持ちのほうが勝ってるけど、そのうち下手なのが嫌になってくるんだろうなあという予感。

でも今回はやめずに続けたいと思います。下手なことを続けるには恥ずかしいとか情けないとかいう気持ちを乗り越えなければならず、かなり精神力が必要ですよね。その精神力を鍛えたいと思います。そしたら自分が変われそうな予感。

いつまで続くかな~。


ところで、今週は珍しくベーグルを焼いてみました。秋らしく、カボチャと人参入り!
f0195286_11403017.jpg

パン作りも下手ですが、これは食い気が勝っているので続いています(笑)。

ま、人と比べなければいいんですけどね。皆さん上手に焼いてらっしゃるなあ~とかね。

結局、見栄を捨てなさいということですね。パン焼きもバレエも。

頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-07 11:44 | ひとりごと
「できないこと」ってあまりなくて、できないと思っている理由を突き詰めて考えていくと実はそれは「やらない」という自分の選択なのだとよく言われます。

2日ほど前に義母と家の玄関のステップに腰掛けて世間話をしていたのですが(お天気の良い時に時々やります。近所の人が通りがかって井戸端会議に発展したりして、楽しいです)、その時になぜか話題が学歴のことになりました。

義母は4人の子どもを抱えて離婚したあと、シングルマザーとして働きながら大学卒業、そして修士の資格まで取りました。

「いったいどうやってやったの?」と聞くと、「それしか選択がなかったのよ。ずっと専業主婦で仕事の経験もなくて、学歴もなしではよい仕事につけなかったから。子どもたちを養うために必要だったの」と。

身内を褒めるのもなんなのですが、「子どものために働かなければならないから学校なんて行っている時間がない」「今さら勉強なんてできない」と考えず、ポジティブに努力した義母は素晴らしいと思います。

以前の同僚で今、アメリカで勉強している女性がいます。彼女は妊娠・出産を挟みながら通信教育で大卒の資格を取り、その後また勉強をしてアメリカの大学院に合格。現在子連れでMBA留学中です。

彼女の場合も勉強「できない」理由を挙げようと思えばたくさんあっただろうけど、「小さい子がいるからできない」「夫を置いてアメリカに行くなんてできない」とは考えなかったのですね。

この前バレエ教室の他の生徒さん達がわりと高齢だったという話を書きましたが、今日妹(バレエをもう15年くらいやっている)とスカイプで話していたら、妹の教室の生徒さんで最高齢は79歳の方なんですって! ちゃんと踊ってらっしゃるらしいですよ~。

確かに能力の差とか向き・不向きとかもあると思いますが、本当にやりたいと思ったことはやれる場合が多いし、「できない」と思ったとき、実は「できない」のではなくて「そこまでしてやりたくない」のですね。

さて、わが身を振り返ってみると「どうしてもやりたい!」と思うほどのことは特になく、特別な努力もせずに毎日を暮らしていますが(汗)、今後そうしたことが出てきたときに「できない」理由を探して諦めるのではなく、ポジティブに考えて突き進んでいきたいと思います。(何をやるのかな??)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-10-03 11:27 | ひとりごと