フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

<   2011年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日はうたこの4歳の誕生日。

プリスクールでの誕生会のため、この方↓にのレシピでカップケーキを焼きました。
f0195286_11525984.jpg

うたこのリクエストでチョコカップケーキの苺載せ。

砂糖が多かったので劇的に減らしましたが、カップケーキはふんわりうまく焼けました。

……が、クリームで失敗。

ミキサーで混ぜていて目を離していたら、混ぜすぎて分離してました。ガーン。マーサさん、そしてレシピ本を貸してくれたSさん、すみません。

でも作り直す時間はないので、そのまま。
f0195286_11552530.jpg

Happy Birthday うたこ!
f0195286_11565936.jpg

子どもたちはケーキの失敗にも気づかず、喜んで食べてくれました。ほっ。

夕食はうたこの好きな刺身。
f0195286_1158348.jpg

うたこはご飯の上に刺身ともみ海苔を載せ、醤油をかけてパクパク。4歳の誕生日ディナーにしては渋いですね(笑)。

パパとママからのプレゼントは子ども用のゲーム機。(DSがほしいと言っていましたが、DSは贅沢なので「DSもどき」。だけど本人は"my DS"と呼んでいますw)

日本の被災地では誕生パーティどころではないと思います。誕生日をこうやって祝ってあげられたことに感謝。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-30 12:26 | うたこ

折り鶴つくり

今日はご近所友だちSさんのお友だちYさんのお宅で開かれた折り鶴作りの会に参加してきました。
f0195286_95730100.jpg

Yさんは日系ブラジル人で日本にも長く住まれていたそう。今日はYさんの職場の同僚の方々やご主人のご家族のなど、全部で12名くらい集まりました。日本のためにわざわざ休日に集まっていただいて、感謝です。

おやつを食べ、おしゃべりしながら鶴を折りました。
f0195286_9591922.jpg

私はキャロットケーキを持参。そのほかYさん手作りのプチおにぎりなどもありました。(食べるための会ではなかったのですが。笑)

折り紙初心者の方が多かったので、教えながら一緒に折りました。
f0195286_957061.jpg

↑これはみんなで折った一部。たくさんできました。

中に韓国人の女性が一人いたのですが、彼女の折り方はちょっと私たちのとは違っていておもしろかったです。
f0195286_1014744.jpg

ころんとしていて可愛いでしょ。韓国風?というわけでもないのかな。私が知らないだけで、日本でもいろんなバリエーションがあるのかもしれませんね。

今日折った鶴たちはSさんのお子さんRちゃんの通う学校での募金集め、そして4月2日にハーバードスクエアでYさんがやられる紙芝居イベントに使われます。2日のイベントのほうは詳細がわかればアップしますので、ボストン近辺の方はぜひ来てください。

今日は子どもたちも連れて行き、楽しかった様子。Yさんの家には「くま」ちゃんという名前のワンちゃんがいるのですw Rちゃんは帰りに我が家に寄ってくれ、うたこと一緒に入浴、ピザの晩ご飯。喧嘩(言い合い?)もよくするけど離れたがらないので、仲良しなんでしょうかねえ。不思議な関係です(笑)。

募金活動のお手伝いもでき、子どもたちも楽しく遊べて一石二鳥。よかったです。今日も充実の一日。明日もまた頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-28 10:10 | 日記

それぞれができることを

昨夜はハーバードの学生オーケストラであるBach Society Orchestraと五嶋龍さん共演のコンサートに出かけました。

会場のSanders Theaterはほぼ満杯。(「ハーバード白熱教室」のサンデル教授の講義もここで行われているんだそうです)。自由席でしたが、早く行ったので前の方の真ん中の席を取ることができました。

五嶋龍さんの演奏は素晴らしかった! バイオリンのことは全くわかりませんが、彼の演奏には魅了されました。さすがに神童。すごい。そしてバイオリンをやりながら、勉強もおろそかにせず(現在ハーバードで物理学専攻)、空手までやってしまうなんて。すごすぎますね。

このコンサートはHarvard for Japanの活動の一環として、収益の半額は日本の震災被災者のための寄付に回されるということでした。ホールの外では義援金集めやTシャツ販売なども行われていました。

寄付のお願いとコンサートやベイクセールなどのイベントを絡めることや、寄付していただいた方に折り鶴などを差し上げることについて、反対する人たちもいるようです。

「アマチュアの下手な演奏なんて聞きたくないから、ただ寄付したほうがよい」とか、「寄付を集めるために物品を販売するなんて押し売りみたい」、「鶴なんて誰もほしくない」、「歌を作るなんて頭でっかちな人たちの考えること」などという書き込みをツイッター等で見て、悲しい気持ちになりました。

今回のこの大きな震災にあたっては、日本人のほぼ全員、そして世界中の多数の人たちが「何か助けになりたい」と思っているはず。そしてその方法は人によって違っていてもよいと思うのです。

お金がたくさんある人はたくさん寄付すればよいと思うし、音楽が得意ならチャリティコンサート、お菓子を作るのが好きならベイクセール。折り鶴もブレスレットもTシャツもそれぞれとてもよいアイディアだと思います。(特にアメリカではチャリティ目的で何かを販売するのはごく一般的なことで、人もたくさん集まります)。

寄付金集めだけでなく、被災地へのメッセージを集めている人や、地震や津波に関するプレゼンテーションを子どもたちに行っている人、紙芝居を作った人などもいます。

英語で言うなら、Take whatever action you can.(どんな行動でも自分のできる行動を取ろう)

不法な行為や人の迷惑になる行為を行っている場合を除き、この非常事態に他人の行動(しかも善意ある行動)にけちをつけている暇はありません。文句を言っている時間とエネルギーがあるなら、もっと建設的なことに使いませんか?

これは今日フラワーアレンジメントの教室で作った花束↓
f0195286_10474769.jpg

日の丸カラーです。赤と白のお花で日本を想う。基本的に日の丸に敬礼したりしない主義ですが、この非常事態に日の丸もよしです。いろんな歴史があったとはいえ、これ以外に日本を象徴する旗はありませんものね。

「優雅に花なんて活けながら日本のことを想うなんて、海外にいる人の考えそうなことだわ~」なんて言わないでくださいね。海外にいる日本人だって今回の災害については大きなショックを受け、悲しい気持ちでいることに変わりはありません。

Do your part. それぞれが自分の役割を果たしましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-27 11:02 | 日本のこと

ボストンでの支援活動

前回のブログ更新から1週間以上経ってしまいました。

その間何をしていたかと言うと、珍しく外に仕事に行ったり、地震の関係でバタバタしていたり。

外だの仕事が入ったのはものすごく珍しく、おそらく3年ぶりくらい。ボストンで3日間、そしてLAにも3泊で行ってきました。「出張」だなんてこれまたすごーく久しぶりだし、一人で飛行機に乗ったのも超久しぶり(16年ぶり?)、そしてうたこと3泊も離れたのは初めてのことでした。(これまでは一泊が最長)。

LAは暖かいだろうな~と喜んで行ったらけっこう寒くてお天気も悪く、ちょっと期待外れでしたが、おいしい日本食(ランチの秋刀魚定食や居酒屋での夕食など)を堪能できて満足でした。食べに行ったみたいですね(笑)。そして一緒に仕事をした女性たち(うち一人は友人)とのおしゃべりも楽しかったです。

そのほかは日本の地震のことで、遠く海外にいる私まで何だかそわそわ、ばたばた。

特別に何か頑張ってやっているわけでもないのだけれど、有用そうな情報があるとTwitterなどで流してみたり、ボランティア団体などからちょっとした翻訳を頼まれたり、募金のための鶴を折ったり、などなど。ボストンでも募金集めやチャリティコンサート、パネルディスカッションなどいろいろなイベントが実施・計画されていて、情報を追うだけでも大変なくらいです。

本当にたくさんの活動があるのですが、そのうちのいくつかだけご紹介しますね。

ますはHarvard for Japan。日本を援助するため、ハーバード全体でいろいろなイベントが組織されています。

金曜日にはハーバードBach Society Orchestraコンサートが開かれ、収益の半額が寄付されます。日本人バイオリニストの五嶋龍さん(現在ハーバード大学の学生)も出演されます。私も行ってきます。

ボストン交響楽団オーボエ奏者若尾圭介氏もチャリティコンサートを企画。こちらにも伺いたいと思います。

また、ボストンから日本人医師や看護師の方々が日本の被災地に入られています。

看護師原田菜穂子さんの現地からの報告第一弾→(このブログを書かれている久美子さんのご主人も医師として現地入りされています)。

もう一人の医師の長谷川耕平先生のブログもご紹介→

こうやって日本だけでなく世界各国からの援助に支えられていることに、日本人として感謝です。そして長谷川先生も「本当の英雄」と書かれている被災者の方々に、1日も早く安心して快適な場所で眠れる日の来ることを願っています。

団体としてだけでなく個人レベルでも皆さんとても積極的に活動されています。お子さんが通う学校に掛け合って募金集めをしたり、スーパーにお願いして場所を貸してもらい、数人で何千ドルも集めたり。

我が家はとりあえず日本赤十字にある程度の額を募金。Pが日本の姉妹都市との活動に関わっているので、今後はその関連で市などを通じた活動をメインに行っていくつもりです。そのほかにボストン日本人女性の会やAction For Japan Bostonを通しても何かお手伝いできればやりたいと考えています。(募金先や活動先があまりに多すぎて、何もかも手を出すと結局何もできないことになりそうなので、活動の枠を絞りたいと思います)。

原発のことも心配ですね。日本では真実が発表されていないという噂(?)もあり、本当のところはどうなのか、もどかしい気持ちです。海外にいる私ですらそうだから、日本の皆さんの心配はいかばかりかとお察しします。私も海外にいて自分にできることをやっていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-24 23:25 | 日本のこと

アメリカにいても

いまだかつてない大きな地震が日本で起こり、連日のニュースに心痛む毎日です。

私自身は海を隔てたアメリカにおり、両親も妹たちも関西地方なのでほぼ平常通りの生活が送れていますが、もちろんそれを幸運だったと言って単純に喜ぶ気持ちにはなれません。

ボストンでは地震の直後にAction4Japan Bostonというネットワークが結成され、義援金集めやチャリティイベントなどが大学や既存の日本関係団体だけでなく、個人レベルでもすでにたくさん行われています。

Twitterで「海外にいる私たちにできることは普通の生活を送り、普通に仕事に行くこと。そしてそのお金を日本に送ること」とつぶやかれている在米の方がいました。

今はこちらでもNHKのニュースがインターネット上で見られるので、ついニュースに見入って日常生活を忘れがちですが、被害を受けなかった私たちだからできることがたくさんあるはず。私も黙々と仕事をしてお金を稼ぎ、その一部を日本の被災地のために送りたいと思います。

皆さんすでにご存じの情報かもしれませんが、義援金の送り先の情報を載せておきます。

アメリカ赤十字
日本赤十字
PayPal ペイパル

↓こちらは管理費を抜かず、寄付全額が被災地援助に使われるそうです。
Mayor's Fund to Advance New York City
JMSA (Japanese Medical Society of America)

復興には時間がかかると思います。支援のほうも長期戦でいきたいですね。

ということで、木曜日から3日間LAに行ってお金を稼いできます。そのあとまた寄付します。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-16 13:06 | 日本のこと
昨日とても興味深いスピーチのビデオを見ました。

Facebook COOのSheryl Sandberg氏のTED講演「Why we have too few women leaders(何故女性のリーダーは少ないのか)」(←日本語字幕付き)

内容に共感! 女性だけでなく男性にも見てほしいと思います。

この中で「女性は自己評価が低い」というようなことが出てくるのですが、これは特に日本女性に当てはまる気がします。日本は謙譲が美徳ですが、今は時代も変わってきていることだし、もっと積極的に自分を売り込んでもよいのでは、と思います。

もうひとつ日本に関しては、仕事の世界でリーダーとなれる女性が少ないのは(アメリカでさえ少ないと言っていますが、日本はもっともっと少ないですよね!)男性の苛酷な労働条件によるところも大きいと思います。

日本で初めて企業に入ったとき、正直言って男性サラリーマンでなくてよかった!!と思いました。

そのときにいた部署は特に残業が多く、毎日日付が変わるころまで会社に残っている人も。そんな苛酷な条件で男女とも働かなければならないとすれば、子どもをもつことは難しいですよね。だから夫が外で(夜中まで)働き、妻が家庭を守る、ということになる。

もし会社員がみな定時で家に帰れるとしたら、結婚後・出産後も会社に残りたい女性は増えるだろうし、男性も早く帰って家事や育児ができますから、男性にとってもよいことです。(やりたくない人も多いでしょうが、やるべき!)

以前から思っているのですが、日本は「女性が男性並み」に働くことを目指すのではなく、ある意味「男性が女性並み」になるのを目指すほうがよいのでは……と思います。

とにかく、このビデオ見てみてください。全然堅苦しくなくて楽しい講演です。


さて、ここでお知らせ。

明日、MITからのUstream番組MediaBand にボストンツイッターガールズの皆さまと一緒に出演することになりました!

テーマは『繋がる』。ボストン時間11日(金)夜8時、日本時間12日(土)朝10時からです。私は単なる「盛り上げ係」ですが、ちらりと出していただきます。女性の会のご案内などもある予定。ツイッターでの参加も大歓迎。#MediaBand をつけてツイートしてください。


明日の昼間は珍しく外で仕事もあるのです。(明日から日曜日まで)。がんばりまーす。

---------------------------------------------------------------

ここからは11日に書いています。

日本で大きな地震が発生しました。たくさんの方が被害に遭われ、まだまだ混乱が続いているなか、このMediaBand放送は中止or延期となりました。

被害に遭われた皆さまには心からお見舞い申し上げます。これ以上被害が広がりませんように。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-11 13:41 | お願い・お知らせ
昨日オバマ大統領がボストンのある高校TechBoston Academyという高校を訪れ、演説を行いました。(詳しい内容とビデオはこちら→

この高校は元々あまり成績のよくない生徒ばかりで始まったそうなのですが、今では他校と比べて卒業率や進学率も上がっており、その成功を称えるために大統領がやってきました。

ボストン市の公式サイトで見つけたデータです。

Facts about TechBoston:
・86% of students qualify for free and reduced lunch (higher than the district average).
・89% of students are either black or Hispanic (higher than the district average).
・20% of students have special needs (about the same as the district average).
・The TechBoston graduation rate is 83% (higher than the BPS average of 63%).
・94% of TechBoston graduates go on to attend a two- or four-year college or university.

日本語訳↓
TechBostonに関するデータ:
・86%の生徒が給食費減免資格がある(地区平均を上回る)
・89%の生徒が黒人またはヒスパニック(地区平均を上回る)
・20%の生徒が特別支援を必要としている(地区平均と同じ)
・卒業率は83%(ボストン公立学校平均の63%を上回る)
・卒業生の94%が2年または4年制の専門学校・大学に進学

先日のボストン日本人女性の会で「健康格差」が話題となりましたが、同じように「教育格差」も存在しています。しかしこのTechBostonは人種や貧富の差にかかわらず、ちゃんとした教育機会が与えられれば皆成功できるのだというよい例を示してくれていると思います。

こういうの、感動しますね。

このまえ読んだ本(「プレイフル・シンキング」)に、「固定的知能観」と「 成長的知能観」という言葉が出てきました。「固定的知能観」とは知能とは固定的なものである、つまり生まれつき頭がよいとか悪いとか決まっている、という考え方。対して「成長的知能観」とは知能とは成長するものである、つまり、努力した分だけ知能は伸びる、という考え方です。

知能は伸びると考えるほうが、ワクワクしますね。そして、このBostonTechは成長的知能観を示すよい例ですね。

しかし実は「皆が大学(専門学校)に行くべきなのか?」、「大学や専門学校への進学率が上がったこと=成功なのか?」、「だとしたら高等教育を受けないと成功できない(しにくい)社会っておかしいのではないか?」という疑問もわいてきたのですが……

このあたりはなかなか考えがまとまらないので、いつになるかわからないけどまた別に書くことにします。


まじめな話ばかり書いていると頭が疲れてくるので(笑)、この辺で息抜きに食べ物写真。全部P氏の作。

鮭のパン粉焼き、マッシュトポテトのオーブン焼き、ブロッコリー↓
f0195286_1263726.jpg

野菜のトマトソースパスタ↓
f0195286_12883.jpg

野菜と茸のピザ↓
f0195286_1283073.jpg

最近Pさんますます腕を上げてきています。私もがんばらなくては~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-10 01:36 | ひとりごと
「ボストン日本人女性の会」の集まりに行ってきました。

今日の講師は社会学者の細田満和子さん。テーマは「考えてみよう、生命(いのち)と健康」。

医療の歴史、アメリカの医療事情、脳卒中などの患者の会のお話など内容盛りだくさんで、私の頭の中もいろんな考えがぐるぐる……だったのですが、個人的にいちばん気になったのは健康格差の問題。

アメリカでは(ヨーロッパでも)人種や収入によって寿命がかなり違うのです。白人より黒人のほうが、高所得者より低所得者のほうが、そして高学歴の人よりも低学歴の人のほうが寿命が短い。長生きとされる日本人女性と短命とされるアフリカ系アメリカ人男性カップルの私たち夫婦のあいだでも、夫のほうが年下だけど統計的には私の方が長生きだね~なんて話したことが何度かあります。

今日いただいた資料によると年収1万ドル以下の人たちと2.5万ドル以上の人たちの寿命は約7年違い、白人男性と黒人男性の寿命も3年近く違います。

興味深いのが、日本ではこういう差が小さいのだということ。人種的な差はほとんどないのでその点アメリカとは事情が違いますが、貧富の差=寿命の差にはなっていないようなのです。日本人は日頃から健康に対する意識が高い、ほとんどの人が健康保険に入っている、保険の有無や種類によって受けられる治療に差が出ない、などの理由がありそうです。

アメリカで人種や所得によって寿命に差が出るのは、ヘルスリテラシー、健康保険(ない人も多いし、自分の入っている保健プランにより受けられる治療に制限がある)、遺伝、人種による体質の差、食生活など、いろいろな要素がありますが、どの要素がどの程度影響しているのか関心があります。たとえばアメリカ人の平均BMIが日本人と同じくらいになったら平均寿命も同じくらいに延びるのか、黒人の寿命が短いのは食習慣のためなのか人種的な体質によるものなのか、とかね。いろいろな要素が複雑に絡み合っていて分析が難しそうですが、どこかで大きな調査をやってみてほしいです。

レクチャーのあとはポトラックランチ。
f0195286_747949.jpg

おいしそうなお料理がいっぱい! お皿に山盛りにして食べたあと、もう一度お代わり。そしてそのあとデザートも5種類くらいいただきました。完全に食べすぎですね。今日は散歩もしてないし。。。

私はスイートポテトケサディーヤ(写真の左上のほうにあります)を持参。Pの得意料理で私も何度も食べているのですが、実は今日初めて自分で作ってみました(笑)。

今日は初めてお会いする方や、これまでお顔は見たことあるけど初めてお話しする方もあり、出会いの場としても(男女の出会いじゃないですけどねw)ここは貴重な場です。今日お会いした皆さま、これからもよろしくお願いします。


あんなにたくさん食べたのに、帰宅後またクッキーを食べました。
f0195286_7572229.jpg

このクッキーはPがうたこと作ったんだそうです。

娘と一緒にお菓子作るなんていいパパ♪

ですが、今日のレクチャーの後では、こうやって甘いものを食べるせいで短命になっているのかも???と考えてしまいますね。次はサラダでも作ってもらいましょうか。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-07 08:03 | 行事・イベント

今日も女だけ

昨日の雛祭りに続き、今日も女だけのランチ&ディナーとなりました。

お昼はお友だちと二人で近くのベジタリアンレストランへ。ご近所Sさんのお勧めレストランです。

まずスープ↓
f0195286_11473014.jpg

何だか薬膳っぽくて体によさそうな感じ。

そして玄米と野菜のおかずいろいろ↓
f0195286_113056100.jpg

たっぷり野菜が取れていい感じ。これで6ドル95セント!

一緒に行ったお友だちいわく「文化祭の模擬店みたい」なお店なのですが(ちゃんとした建物の中にありますが、なんとなく手作り感・仮設感漂ってます)、お昼時はけっこう賑わっていました。値段安くておいしくて健康的と三拍子そろっていて、なかなかよろし。また行きたいと思います。

ランチのあとは場所を変え、コーヒーを飲みながら長話。あまりに帰って来ないのでPから電話があったくらい(笑)。女性は長話が好きなのです。すみませんね。そうやって話をしてストレスを解消してるから、男性より長生きするのですよ。(←これは私が勝手に立てた説だけど、けっこう正しいのではないかしら?)

友達と別れたあと、その足でうたこを迎えに行き、歩いて帰宅。でも自分ちに帰るまえにうたこの希望でまずグランマの家へ。女3人でしばらく話してから、自宅へ戻り、うたこと二人で夕食、テレビ、入浴。お風呂から上がったところで外出中のPが戻ってきたので、女だけの時間もここで終了。

明日はPも用事がないようなので、男も混ぜてあげましょうか(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-05 11:48 | そとごはん・お茶

女だけで雛祭り

3月3日は雛祭り。(実家の父母の結婚記念日でもあります)。

お昼にはBoston Twitter Girls(注:正式な会ではありませんw)の皆さま方とお寿司屋さん(Snappy Sushi)で雛祭りランチをいただきました。

私はLunch Boxを。
f0195286_23311811.jpg

ここのお寿司は玄米を使っているので有名です。実は玄米のお寿司って初めて食べたのですが、なかなかいけました。ヘルシーでよろしいですね。

お隣のN子嬢のLunch Donもパチリ。きれいでしょ。
f0195286_23334548.jpg

このお店は自閉症の人たちへの職業訓練の場にもなっていて、実はこの日はN子さんのお嬢さんを応援に行くという目的もありました。私たちが着いたときにはお嬢さんもお昼の休憩中で働く姿があまり見られなかったのは残念でしたが、こういう場所がもっと増えるといいですね。

他にご一緒したのは天使Mさんと哲学家Mさん。(イニシャルで書くとお二人とも一緒になってしまうので、ニックネーム付けさせていただきました。笑) このMさんお二人もN子さんも、まじめでありながらおもしろく、きちんとしているようでくだけていて……なかなか数回お会いしたくらいでは味わいつくせない方々ばかりです。あ、これ、褒めてますからね。お間違えなく(笑)。またよろしくお願いします。


夜はうたこと二人で雛祭りディナー。(Pはうまい具合に用事があって外出)。

ありあわせの材料(海老、ツナ缶、きゅうり、椎茸、白胡麻)で散らし寿司を作りました。
f0195286_2349198.jpg

ママが昼間に食べたお寿司と比べるとずいぶん質素ですね。お魚屋さんに刺身など買いに行くのが面倒だったの。ごめーん。

それ以外には揚げだし豆腐、お吸い物(これも質素にワカメとお麩)、サラダ。

デザートには抹茶ケーキ。
f0195286_23512167.jpg

ケーキにはこのまえ茹ですぎた小豆も入れて。ふだんはケーキを食べないうたこも珍しく食べました。


これまでの雛祭りって何してたかな~と思い、過去のブログを調べてみましたが……特に何もやっていませんね(笑)。去年はアメリカに引っ越してきたばかりで引っ越し荷物もまだ届いていなかったし、一昨年はシンガポールで暑くて忘れていたし(笑)。その前の年はかろうじてちーさな人形だけ飾っていましたが、お祝いは特になし。

今年、手抜きでも雛祭りらしきメニューを作ってみようと思ったのは、うたこが大きくなってきたから。いろいろ食べられるようにもなったし、日本の文化も覚えてほしいしね。来年、もうちょっと本格的に頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-03-05 00:18 | 行事・イベント