フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やっぱり地球は小さい?

またしても雪のボストン地方です。
f0195286_361059.jpg

夜のうちに降り積もり、朝起きてみると雪がどっさり!

休校になっているところも多いのですが、うたこのプリスクールはあると言うので、歩いて連れて行きました。(ストリートパーキングだから、雪だと停める場所に困るのです)。

大きい道の車道は除雪されているのですが、歩道の除雪はその家の住人(所有者かな?)の責任。朝まだ空いていないところも多くて、こんなところ↓を歩いて行きました。
f0195286_391077.jpg

あまりにも雪の多いところはうたこをおぶって行ったりして、普段15分くらいの道のりが40分以上かかりました。ふーっ。いい運動にはなったけど。

今日はもう降らないみたいだけど(今はいいお天気)、天気予報は明日も明後日もにわか雪。もうこれ以上降らなくていいんですけど~。


さて、最近日本でもFacebookが流行ってきているような気がしますが(映画の影響?)、最近Facebook経由で驚くニュースがいくつか入ってきました。

まずはバツイチ50歳の友人(NY出身香港在住)が素敵な中国人美女と婚約。プロファイル写真もいつの間にかツーショットラブラブ写真にw おめでたいんだけど、彼が再婚するとは思っていなかったので少々ビックリ。

もうひとつも婚約のニュース。私と同年代の女性の友人(ブラジル出身フランス在住)がスペイン人のBFと婚約。彼女は私が東京の会社で働いていたころにフランスから出向で来ていたのです。昨年の夏にはたまたまそのBFと一緒に休暇でアメリカにいた彼女と再会。(そのときの記事→)とても優しそうで素敵な彼氏で、彼女の婚約のニュースはとてもうれしいです!

そしてそして、もうひとつ、いちばん驚いたことが!

Facebookに過去の仕事の情報を入れてみたら、mixi/FB/Twitter上の友人から(実際の面識はなし)「私も同じ会社にいました!」というメッセージが。

詳しく聞いてみると、同じ時期に同じ会社で同じ部(第1と第2があって、私は第2、彼女は第1)で働いていたことが判明。その会社は大きな会社で、その事業所自体も1万5千人くらい働いているところなので、そんな中で同じ建物の同じフロアの隣同士だったというのはすごい偶然。お互いの机は5メートルくらいしか離れていなかったかも。

しかもね~。いろいろ話してたら、通勤バスが激混みだったねという話題になり、彼女がドアに足を挟まれたことがあると。私、一度乗ってるバスで女性が足を挟まれ、運転手さんに「誰か挟まれてますからドア開けて!」って叫んだことがあったんです。もしその時の女性が彼女だったら、偶然すぎてちょっと怖いくらいです!

彼女とは元々mixiで知り合い、その頃はふたりとも日本にいたのですが、今は二人とも在米で同じフリーランス翻訳者。これも偶然です。すごいな。

「地球って時々すごく小さい」とまたしても感じたのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-28 03:34 | 日記

Tiger Moms

最近Wall Street Journalにこんな記事が出ていて、かなり話題になりました。

Why Chinese Mothers Are Superior(なぜ中国人の母親は優れているのか?)

その後TIMEにも。
Tiger Moms: Is Tough Parenting Really the Answer?(タイガーマム:厳しい子育てが答え?)

Amyさんという中国人ママ(ご本人はハーバード卒でイェール大学ロースクール教授)が中国式(と彼女が呼ぶ)子育てについての本を出したのですが、その内容がすごいのです。

この本については渡辺由佳里さんがブログでわかりやすいレビューを書いてくださっているので、そちらでご覧いただくとよいと思います(私は記事を2つ読んだだけですが、由佳里さんは本を読んでレビューされています)が、その厳しさに口あんぐり。

成績はオールAでないと許さず、友だちと遊ぶのも禁止。毎日何時間もピアノやバイオリンの練習を強要し、態度が悪いと「ゴミ」と呼ぶ。

個人的にはシンガポール時代に見聞きした中国系の方々の教育ママ&パパぶりを思い出しました。

このAmyさんほどのスパルタは聞いたことがありませんが、とにかく学歴が大事で、小学校入学前から塾に通い、小学校でも夜遅くまで毎日お勉強。(全員ではありません)。ローカル校は勉強が大変なので我が子をどの学校に通わせようか悩んでいる、という日本人ママもいました。(そのときの記事はこちら→

このところアメリカは経済状況が悪くて中国に世界一の座を脅かされていると感じているようなので、こういう本も出てくるのかもしれませんが、アメリカ式子育てとはかなり違いますね。

アメリカでの子育ては私はまだ1年弱しか経験していないし、子どももまだプリスクール(保育園)なので実際のところはよくわかりませんが、「自分で考える」ことが重要なようです。習い事などすべてママが勝手に決めてしまうAmyさんのスタイルとは違いますね。(そして彼女のように本当に食事も取らせずトイレにも行かせずに楽器の練習を強要したら虐待とみなされるのではないかと思います……あ、でも彼女はそれをアメリカでやったのだった!)

イチローやタイガー・ウッズの親も英才教育してたよなあ~と思わなくもありませんが、うたこにはやはりのびのびと育ってほしいと思います。(第一、親の私に何時間も勉強や練習に付き合う気力もないしね。爆)

私はこの本読まないと思いますが、怖いもの見たさ(?)で読んでみたい方はどうぞ。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-25 10:25 | ひとりごと
前回「家庭内男女平等」について書いたところ、読んだ方々に余計な心配をかけてしまったようです。心配してメールをくれた方などありましたが、私は大丈夫ですのでご心配なく!

ブログって大抵悪いことは書かないので、いつも元気で楽しいことばかりしてると思われることも多いです。それは大きな誤解なのですが、逆にちょっとネガティブなことを書くとすごく行き詰っているみたいにとられてしまうこともあって……難しいですね。

わたくし、これを読んでいただいている皆さんと同じように、小さな悩みも抱えつつ、大筋では幸せに元気に生きております!と宣言しとこう。

さて、最低気温-21℃の今日(きゃー)、パンを焼きました。
f0195286_11495780.jpg

よもぎパンに続き、Kitchen Aidのスタンドミキサーさんに捏ねていただきました♪
f0195286_11503056.jpg

あの海賊の手の先についているフックみたいなので(笑)どうやってパンが捏ねられるのか不思議なのですが、ちゃんとできるんです。便利だわ~。

晩ご飯は凍り豆腐の唐揚げ。
f0195286_11524522.jpg

これはシンガポールにいるときに何度か作りましたが、アメリカでは初めて。こちらの豆腐のほうが崩れにくくて作りやすいような気がします。

何度も言うけど、豆腐って万能で素晴らしいですね~。冷ややっことしてそのまま食べてもよし、味噌汁やスープに入れてもよし、つぶしてがんもどきや豆腐バーガーにしてもよし。我が家は全員豆腐大好きなので、野菜炒めやカレーにも入れてしまいますよ♪

食べ物と言えば、ご近所のSさんは最近、血液型ダイエットをしているんだそうです。(痩せるためじゃなくて体調管理のため)。

血液型別に適した食材がわかるサイトを教えてもらいました。

私の血液型はA型。よく食べるものを中心にチェックしてみると、だいたいOKでした。本能的に(?)自分によい食べ物がわかるのかな~と思いました。たとえばナスや海老などは味は好きだけどなんとなくたくさん食べてはいけないような気がしていたのですが、これらはやっぱりA型にはよくないんですって。

これをきっちり守るつもりはないけど、なかなか興味深いです。

今ボストン地方は夜の10時。気温は-10℃です。これからどんどん寒くなるようなので、その前にお風呂に入って寝ようと思います。明日の予想最高気温(最低ではありません)は-12℃。ぎょぎょ。バナナをもって外に出てみて、何分で凍るか実験したいと思います(うそ)。

ではおやすみなさい。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-24 12:07 | うちごはん・お菓子

家庭内の男女平等

このあいだ「今気になること」について書きましたが、もうひとつ気になっていることがあるのです。

それは「男女平等」。

そういうと堅苦しい感じがしますが、制度的なことではなく、家庭内での男女平等について。

社会人になって最初に就いた仕事は教職でした。一応、男女の差はないとされている職種ですが、職員室で先生方の話を聞いていると、妻も同じ仕事をしているにもかかわらず、家では何もしない男の先生が非常に多かった! 

教師ですから生徒の前では「男女平等」と言うんですよ。しかし行動が伴っていない。

その頃私は独身でしたが、ひとりで腹を立てていました。そして、こんな男尊女卑な男とは絶対に結婚しないぞ~~~~と思っていました。そしてそのせいかどうかわかりませんが、30代後半まで独身でした(笑)。

あとで思い返してみると、私がPを結婚相手に選んだ大きな理由のひとつが、彼の女性に対する意識ではないかと思います。なにしろ、うちの父に「junjunのどこがよかったのか」と聞かれ、「強いところ」と答えたくらいですから(笑)、女性を対等に見ています。

しかしね、最近この対等さが逆に不公平なんじゃないの?と思うようになってきました。

男女対等っていうことは、妻も夫と同じくらい働いて当然と思っていて、そこにはどうも家事などに対する貢献度はあまり入っていないようなのです。

誤解のないように書きますと、Pは家事も育児もたくさんやります。この点でも平等であらねばと思っているようで、「手伝う」というより「自分の役目」としてやっています。(この「手伝う」という言いかたはいけませんね)。でも家事や育児に仕事と同程度の価値があるとは思っていないようです。

だから私が出産で少し仕事を休んだとき(そのときは出版の仕事だったのでお金は少なかったけど、出産数日前まで一応仕事はしていたのですが、Pの記憶の中では私は休んでいたようです)、どうやら私が楽をしていると思っていたような……そこまでは思わないにしろ、出産して大変だとか子育てが大変だとか、あまり思っていなかったような節があります。(これ読んで反論来るかな?)

何しろ強い女性が好きですから、出産しようが子どもがいようが、バリバリと働いてほしいみたいなんですね~。

アメリカに越してきてからPは新しい仕事を始め、収入のほうはまだあまりありません。そのため、私が稼がなくては!とできるだけたくさん仕事を引き受けてやってきたのですが、「強い」私もちょっと疲れてきました。。。

専業主婦・ママになりたいとは思わないけど、ゆっくり子どもと過ごしたりパンを焼いたりする時間もほしい。ならブログ書いてるなと言われそうですが、ブログだって書きたい。もっと本も読みたいし、映画も見たい。

子どもがいても夫婦どちらもバリバリフルタイムで働いていらっしゃる方もいると思いますが、ある程度余裕をもって(時間的・精神的に)暮らそうと思えば、どちらかが多少仕事量を調整したほうがよいと思うんですね。

だけど、こういう風に考えるのは私が怠け者だからかしら、とか、男女平等とか言いながら実は心の底では女性だからいたわってほしいという意識があるのかしら、とか、仕事もしたいけど他のこともしたいというのはぜいたくなのかしら、とか、いろいろと思うのです。

うーむ。なかなか理念通りにはいきませんな。難しいです。

そう言えば、妻のほうがバリバリ稼ぎ、夫は道楽のような仕事をしているというご夫婦も知っています。奥様いわく、「私と結婚してなかったら、あなたきっとホームレスね」。しかもご主人は家事などもあまりしないらしい。(お子さんはいません)。心の奥底では不満が渦巻いているのかどうかわかりませんが、少なくとも外から見たところはとても仲の良いご夫婦です。

夫婦のどちらがたくさん稼いでも、家事をやっても、お互い不満がなければそれでよくて、何が正解というのはないのでしょうが。

今後どうするかな。

理想は労働時間を減らしつつ収入アップ! そうしたら男女平等がどうのこうのと考えずにすむかしら。

頑張ります。

とりあえず日曜日締め切りの仕事を終えなければ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-22 13:29 | ひとりごと

キッチン用品あれこれ

今日は年末から新年にかけてゲットしたキッチン用品のご紹介。

まずはPからクリスマスプレゼントとしてもらったワッフルメーカー。
f0195286_5205166.jpg

前にも書きましたけど、こちらでよく売っている冷凍ワッフルにどうしても満足できず(じゃあ食べなければいいんだけど、Pが時々買ってくるんです)、自分で焼きたいと思っていたんです。

Pには「四角いのにしてね」とだけお願いして(四角い方が大きいから!)、買ってきてもらいました。行ったお店には四角いのは一機種しか売っていなかったそうで、これになりました。(メーカーはCuisinart)。取り外して洗えないのが大きな欠点ですが(油をつけて拭くのがめんどくさい!)、あとはだいたい満足。
f0195286_525108.jpg

たくさん焼いて冷凍しておき、朝は凍ったままのワッフルをトースターに放り込むだけ。パリパリになって美味しいです♪

もうひとつは、ずっとほしかったKitchen Aidのスタンドミキサー。
f0195286_527034.jpg

前からほしかったのですが、アメリカ以外で買うとものすごく高いのと、キッチンに置く場所がないのでなかなか買えずにいたのです。日本だと8万円とかするみたいですが、こちらではうまく安くなっているときに買うと200ドルとかで買えるので、ずいぶん違いますね。(でも何十年も使えるらしいので、8万円だしても元は取れるかな)。

ワッフルメーカーの値段はわからないのですが、一般的にこうしたキッチン用具はアメリカのほうが断然安いように思います。そしてキッチンのスペースもこちらのほうがありますから(我が家は日本でマンション住まいだったので特にキッチンが狭かった~)置き場所にもさほど困らなくてありがたいです。(↑の写真に我が家のごちゃごちゃしたキッチンカウンターが写っていますが、コーヒーメーカー、電気ケトル、このスダンドミキサー、普通のミキサー、フードプロセッサー、電子レンジをずらりと並べてもまだ作業スペースがあります)。

このスタンドミキサーではパンも捏ねられるんです。こんなの↓を使います。
f0195286_5352787.jpg

こんなフックみたいなので、本当にパンが捏ねられるの??と思いましたが、ちゃんとパンできました。
f0195286_5355821.jpg

↑実はこれは別のときに手捏ねで作ったパンの写真ですが、これと同じヨモギパンを作ったところ、おんなじようにできましたよ~。

別売りのアタッチメントを買えば、手打ちパスタなどもできるらしく、興味津々。まだ3回程度しか使っていませんが、ずっと活躍してくれそうです。


ボストン地方、今日から1週間氷点下の気温が続くそうです。土曜日の予想最低気温はなんと-17℃! 人生初体験の気温かも。明日は雪の予報だし、今のうちに食料買い出しに行っておこうと思います。

ボストン在住の皆さま&ほかの寒い地域にお住まいの皆さま、寒さに負けずに頑張りましょうね~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-21 05:43 | 日記

Martin Luther King Jr. Day

昨日1月17日はMartin Luther King Jr. Day。

Pとうたこと3人で、市の集会に行ってきました。
f0195286_11183060.jpg

アフリカ系の参加者が多いというイメージがあったのですが、実施は半数以上(おそらく2/3以上)が非黒人でした。市のPeace Commission主催で特定の人種に偏ったものではないためか、それとも今はもう単純に黒人vs白人という図式ではなくなってきているからでしょうか。

内容はスピーチが主で、特にgiant triplets(3つの巨悪)について。

キング牧師といえばI have a dreamのスピーチが有名ですが、彼はこんなことも言っています。

When machines and computers, profit motives and property rights are considered more important than people, the giant triplets of racism, materialism, and militarism are incapable of being conquered.

昨日のスピーチの内容は、
キング牧師が今の時代を見れば、どう言うだろうか? いまだに人種差別が解消されず、大部分の人たちの収入が横ばい(あるいは減少)している中で上位1%の高所得者の収入がこれまでないほどに大きくなり、アフリカやアジアで悲惨な状況に置かれている人たちがたくさんいる一方で巨額の軍事費が使われている、こんな現代において、差別はもうなくなったと言って安心していてはいけない、
という趣旨でした。(ものすごく適当な要約ですが……)

スピーチの内容すべてに賛成というわけではありませんが(高額所得者の収入が減れば皆が裕福になるというわけではないと思っているし)、キング牧師の誕生日に彼の言葉を思い出し、誓いを新たにするのはよいことだと思いました。

差別と言えば、このまえビデオで『Invictus』を見ました。その中で、これまで自分たちを虐げてきた白人とは一緒に働けないという部下に対し、ネルソン・マンデラ大統領が「自分たちがされてきたからと言って同じことをやり返してもどうにもならない。彼らの力も必要なんだよ」というようなことを言うんですね。(←言葉は全然違うかもしれないけど、そういった内容。適当ですがすみません)。

思わず自分たちの夫婦喧嘩のことを思い出し、恥ずかしくなりました(笑)。←次元が低くてすみません。

差別について語るとき、特に差別を受けた当事者は「戦おう」と言いがちですが、戦うには「敵」が要るんですよね。だから、「戦おう」ではなく、「なくそう」と言いたいです。

そういう意味でも、アフリカ系の人たちばかりで集まって「戦おう!」と気炎を上げるような集会よりも(そういうのが今でもあるのかどうかわかりませんが)、いろんな人種の人たちが集まり、集会のあとには中近東料理を食べるといった昨日のような集会のほうが平和的ですね。

Pいわく、「とてもケンブリッジ的な集会だった」。アメリカの他の都市に住んだことがないので比較はできませんが、大学が多いせいもあってか、多様性が非常に尊重されているのです。いろんな国から来た人たちが住んでいますし(ご近所で友だちになったのもフランス人やアルゼンチン人、中国人)、ゲイだからといって学校でいじめられることもなさそうです。


それから、昨日はネットワーキング的な面でも充実した集まりでした。

市のPeace Commission担当者は姉妹都市担当でもあり、実はPも日本の姉妹都市との活動に関わっています。(日本とのつながりを保ちたいんだそうです)。その関係で別の姉妹都市活動に長く携わっていらっしゃる方ともお会いできたし、Pは偶然小学校の同級生に出会ったし、うたこが練習に通うJose Mateoバレエ団のJose Mateo氏がreaderの一人として参加されていて、最後に直接お話しもできたし……。まだこちらに越してきて11ヶ月しか経っていませんが、そんな私でもこういう集まりに出るたびに知った顔に会えるようになったのはとてもうれしいことです。

今後ももっと知り合いを広げて、この地に根を張っていきたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-19 12:32 | 行事・イベント

今気になること

今日(日付変わってもう昨日ですが)は「ボストン日本女性の会」に参加させていただきました。「メディアと女性のエンパワメント」をテーマにした講演&ワークショップ(ディスカッション)です。

25人くらいの集まりだったでしょうか。講師の先生始め、皆さん、すごかったです。時間の都合で私は全員の自己紹介は聞けなかったのですが、海外でも専門のお仕事をしていらっしゃる方も多く、意識の高い方ばかり。

今日の講師の先生もおっしゃっていましたが、海外在住の日本女性の場合、パートナー(夫)の都合で海外に暮らしている場合も多く、キャリア面などで自己実現が難しい面があるんですね。(日本ではバリバリ働いていたのに海外に来て仕事がない、友人関係など築きにくいなど)。ところが今日会った皆さんは皆しっかりとした目的意識をもって生活していらっしゃるようにお見受けしました。

ああいう空間に身を置くのは久しぶりに感じました。そうですね……教師時代の婦人部に似た感覚でしょうか。会社勤めの時代もミーティングにはたくさん出ましたが、あまり自分の意見を求められるポジションではありませんでしたし。

今日感じたことは山のようにあって、とても書ききれないのですが……

まずひとつ。

自分の身を置く場所によって周りから受けるプレッシャーの種類が全く違うということ。

数日前にTwitterでもつぶやいたのですが、

銀座OL時代に気になったのは財布や靴のブランド。
シンガポールで気になったのは金銭的なステータス(家や車など)。
そして今は頭の中身。

自分を周りと比べても仕方がないと思いますが、銀座でOLをしていてランチ時にブランド物の財布をもっていないとなんとなく恥ずかしいとか、シンガポールではぼろぼろの車には乗れないとか(実際に誰も乗りません)、やっぱりありますね。

今アメリカのマサチューセッツ州に住んでいて、ブランド物を身につけることなどどうでもよくなったし、車が中古でぼろくても家が狭くても特別に恥ずかしいことでもありません。

が、急に自分の頭の中身が気になりだしました。

すぐ近所にハーバードやMITがあるから自分の学歴が気になるのかと言うと、そういうわけでもありません。(全く気にならないと言えばうそになりますが)。学歴とか偏差値とかいった意味での頭のよさではなく、「意識の高さ」とでも言いますか。そう言えば私、最近(というかもう長いあいだ?)あまり頭を使って考えていなかったなあ~と急に気がついたのでした(笑)。

もうひとつ。

私が本名で自己紹介したときには皆さん無反応だったのですが、junjunですと言ったとたんに「あ、知ってます」という声がちらほら(笑)。

本名としてのアイデンティティとブログやTwitter上のアイデンティティとについて考え込んでしまったり、私のような一般人でも今は情報発信側(大したことはないのだけれど)に回れるのだということを改めて認識したり。

そしてメディアと言えば、mixiやブログ、Twitterなどのソーシャルメディアのおかげで二度の海外引っ越しの際にもいろんな方々とすぐに出会うことができました。(今日の講演会を誘っていただいたのもTwitterがご縁)。

今朝の4時で眠いこともあり(さっきまで仕事してました)全然まとまりませんが、今日はとにかく良い刺激をたくさんいただきました。私もがんばろー。皆さん、ぼけぼけな私ですが、これからもよろしくお願いします。日本女性素晴らしい。万歳。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-17 18:07 | ひとりごと

引き籠りの日々

正月明けからずっと引き籠り気味なjunjunです。

6日間外出なしという最長記録を打ち立てたことは前回書きました。さすがにそんなに長いあいだ家にこもっているとイライラしてきて、ブログ書いたあとは一人で映画を見に出かけました。

映画館までは車で行ってもよかったのですが、とにかく動き回りたい気分だったので歩いて行くことに。

途中でハンバーガー(ブラックビーンズのベジバーガー)を食べました。
f0195286_1247463.jpg

毎日家で残り物ランチなど食べていたので、がつっと外でハンバーガーにかぶりつきたい気分だったのです。

見たのは『Black Swan』。

うむ。悪い映画じゃないと思うけど、気晴らしのための映画としては選択を誤った感じ。コメディか何かにしとけばよかったです。

でもバレエはやっぱりかっこいいなと思いました。2月から大人のバレエ習いに行くかどうかぷち思案中。きっと50になってからじゃやらないだろうから、やるなら今しかない!と思うけど、そこまでやりたい気持ちが大きいわけではないので悩むところ。。。

その日は帰りにその足でうたこを迎えに行きました。いつもよりずいぶん早い時間だったので喜ぶかな~と思ったら、「もっと遊びたい!」と言われてがっくり。

そしてまた翌日から引き籠り~~~~

水曜日には大雪が降り、引き籠り気分は一層増しました。
f0195286_12583755.jpg

うたこのプリスクールも雪でお休みで、しかも雪遊び中のアクシデントで腕を負傷してしまったので(よくわからないけどたぶん筋?)木曜・金曜もお休み。今週末は3連休(月曜日がMartin Luther King's Day)ですから、うたこは6連休です。

仕事があるときにうたこが家にいるとなかなか大変です。今月まだ半分だけど、もう1ヶ月分働いたような気がします。。。ちかれたよ。。。

とはいえランチや日本人会の新年会に出かけたりもしたし、今日も友人夫妻が晩ご飯を食べに来てくれたし、仕事ばかりというわけでもないのですが。

今日来てくれたアメリカ人夫婦は、ご主人が映画製作者(アニメ)、奥様が銀行のVP。ご主人はいつもアクセサリーをじゃらじゃらつけ、爪には真っ赤なマニキュア。最初会ったときはミュージシャンかと思いましたw かたや奥様はお堅い銀行勤め。「全く違う世界で働いている人と結婚してるってどうなの?」と聞いてみましたら、違うからうまくいってるんだそうです。なるほどね。

3連休はまだ2日も残っています。うたこをどうやってビデオから遠ざけるかが課題。仕事もあるけど、親業のほうも頑張ります。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-16 13:13 | 日記

今頃になって大晦日の話

昨夜ようやくクリスマスの飾りを外し、今朝ツリーを捨てたjunjun家です。クリスマス後に大きな仕事を受けてしまい、何もかも遅れ気味。。。(しかも私は6日間も外出していません!!)

それで今頃になって大晦日の記事をアップします。(正月も明けて七草粥の日にね。笑)

大晦日はとても素敵な場所に行ってきました。
f0195286_23434087.jpg

教会で行われたパイプオルガンのリサイタルです。
f0195286_23442586.jpg

ここはとても立派な教会で、パイプオルガンも世界最大級。パイプは1万5千本もあるんだそうです。

パイプオルガンの演奏を生で聞くのは初めてだったのですが、複雑な音色で迫力もあって、鳥肌が立ちそうでした。

見に来ていた年配の女性が「腕2本と足2本だけで、いったいどうやって演奏しているんだろうね~」と言っていましたが、本当にその通り。エレクトーンとちょっと似てる(?)けど、パイプオルガンはボタンやらハンドル(?)やらもいっぱいついていて「装置」と呼びたくなるくらい。

厚かましくもそばでオルガンを見せていただきました。(うたこが特に大喜び)。ありがとうございました。

その後いったん家に帰ったものの、義母から市内に氷像があるらしいと聞き、またダウンタウン方面へ。

途中でうたこが寝てしまったため車の中から見ることにしたのですが、近くに行かないと氷像はほとんど見えず。人も車も多く、通行止めになっている道も多く、その上にけたたましくサイレンを鳴らして走ってくるパトカーや救急車も多く……正直ちょっと疲れたけど(助手席に乗ってただけなのに、笑)大晦日のにぎやかな雰囲気が味わえたのはよかったかな。
f0195286_23573167.jpg

さて、今日はもう7日。実はまた仕事があるのだけれど今日はやらずに(やりたくない!)これから新年のご挨拶返信メールなどを書き(遅いね!!)、6日ぶりに外にも出ようと思います(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-08 00:11 | 行事・イベント
もう新年も3日になってしまいましたが(日本では4日ですね)、あけましておめでとうございます。

昨年はjunjun家にとって、アメリカへの引っ越しという大きな変化の年でした。経済的にはあまりよい年ではなかったけど(笑)、健康で家族や友人たちと楽しく過ごせたことがなによりです。

今年はアメリカ生活も2年目。ますます地盤固めをしていきたいと思います。


さて、アメリカ暮らしの我が家ですが、お正月当日は一応日本人らしく過ごしました。

朝はお雑煮とちょっとしたお節料理で。
f0195286_1155853.jpg

実は朝の時点では黒豆しかできておらず(汗)、ほかのものは皆市販品。こちらではかまぼこや昆布巻きなどみな冷凍で売っているんですよ。

黒豆は日本産のものの値段に驚き(日本のものは輸入になるから元の値段の倍以上するんです)、安い韓国産にしてみました。クックパッドで見つけた「浸しておかなくてもふっくら」という方法で煮たらバッチリ。皺もなく、きれいにできました♪

その後追加で何品か作り、夕方から近所のママと4歳のお子さんも来てくれて、みなでお正月パーティ。
f0195286_11105319.jpg

葉欄(バラン)とか緑の葉っぱとか買い忘れたし、全然きれいに詰まっていませんが(しかも規則を無視して詰めていると思う……)、ちょっとはお正月っぽくなったかな。

Pもきんぴらごぼうを作ってくれましたよ♪(これが美味しかったの!)

そのほかはデリバリーのお寿司や、
f0195286_1113991.jpg

Sさんに持ってきていただいた牛蒡チップス、
f0195286_11152482.jpg

大根の煮物などをいただきました。
f0195286_11154153.jpg

日本酒や梅酒を飲み、日本語でおしゃべりしながらお節をつつきましたよ。アメリカにいても「正月」って感じ。(こたつがないのが残念ですが)

そして元日はたまたま(?)私の誕生日でもあるので、Pが焼いてくれたケーキでお祝いもしてもらいました。
f0195286_11171132.jpg

もうこれ以上年を取らなくてもいいですが(笑)、お誕生日を祝ってもらうのは幾つになってもうれしいものですね。

PやSさん、Pママなどからプレゼントももらい、幸せ~~~

みなさん、ありがとうね!!


2日からは即仕事に戻った私。クリスマス後に受けていた仕事の納期が6日なのですが、年末はいろいろ忙しくてあまり進んでおらず、お正月明けになって猛烈に仕事しています。ホリデーシーズンにたくさん引き受けるものじゃないですね。。。

ということで、大晦日の様子もアップできていないので、前後するけど、仕事が終わってから書きますね。(素敵な場所に行ったのですよ~)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-01-04 11:24 | 行事・イベント