「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

カテゴリ:アメリカのこと( 8 )

感謝祭からお正月まで続くホリデーシーズンは何かと忙しく、気がつけば一週間以上ブログアップしていませんでした。

問題は仕事量は減らないのに、クリスマスツリーを飾るとか、プレゼントを買うとか、ラッピングするとか、カードを書くとか、子どもの学校のコンサートだとか、ディナーのメニューを決めて買い出しに行くとか、料理を作るとか、大掃除をするとか、おまけに子どもも冬休みに入るとか……特別なことが多すぎるんですね。

本当は思い切って12月は仕事をしないことにして、毎日クリスマスソング聞きながら掃除したり、クリスマスクッキー焼いたりできたら理想なんだけどなー。一ヶ月働かないのは勇気が要りますね。

さて。こんな前振りをしておきながら、今日はホリデーとは関係のない話題です。

日本でも大きく報道されたと思いますが、先週金曜日にコネチカット州の学校で乱射事件があり、子ども20名と大人7名が亡くなりました。

学校といういちばん安全であるべき場所で起こったこと、6~7歳という小さな子たちが多数犠牲になったこと、ふだん安全な地域で起こったこと、我が子の年齢と違いこと、身内に教師が複数いること、それほど遠くない場所で起こったことなどの理由で、この事件は本当にショックでした。

この事件の直後から銃規制を求める動きが活発化しており、私もホワイトハウスのウェブサイト(→)から銃規制関連の嘆願書ふたつにサインしました。

そして今日、オバマ大統領からのメッセージ(ホワイトハウスからのEメール)が届きました。大統領のビデオつきです。(ビデオはこちらで見られます→

こちらをまっすぐ向いて「You」と呼びかけられると、本当に大統領とじかに話しているような気がしますね。

選挙権のないアメリカで政治により関わっているような気がするのは不思議な気がしますが、こうやって直接自分の意見を表明できる(↑のビデオのサイトから自分の具体的な意見を送ることもできます)のはとてもよいシステムだと思います。

事件当日のスピーチで涙ぐんだオバマ大統領。1月中に銃規制強化法案を出すと言っています。

が、今日はNRA(全米ライフル協会)も記者会見を行い、「米国すべての学校に武装警察官を配置すべき」(=つまりもっと銃をもとう!)と訴えたそうです。

悪いやつが銃もって来るから、良い人間も銃をもってわが身を守らなければならない、という論理ですね。

日本では自宅に銃をもっている人はほとんどいませんから(狩猟用など少しあると思いますが)、普通に銃が買えるというだけでびっくりしますよね。私は一応アメリカに住んでいることもあり(周りで銃をもっている人はいないけれど)、「銃もつなんてとんでもない! 全部禁止に!」と単純にいかないことはわかりますが、何らかの規制強化を強く望みます。

また、乱射犯は精神的な問題を抱えていたようで、オバマ大統領は「We are going to need to work on making access to mental health care at least as easy as access to getting a gun(銃を手に入れることと同じ程度に精神面の健康のケアにも簡単にアクセスできるようにする必要がある)」とも言っていました。

これもその通りですね。銃買うほうが簡単だなんておかしいです。

今後どうなっていくか、見守りたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-22 13:33 | アメリカのこと
今日コミュニケーションスタイルについて学んだので、忘れないうちにメモメモ。

講師はMCMLコンサルティングサービス(→)代表取締役のKerianne Panos(ケリアン・パノス)さん。東北弁を含む8ヶ国語を話されるそうです!

以下、私の感想(まとめというわけではありません)です↓

日本は縦社会、アメリカは横社会

日本語では聞く者の立場を考慮し、周囲との調和を優先するのに対し、米語では話者中心で、話者の揺るぎない意見が大事。

「揺るぎない意見」が大切というのは、私もよく感じていること。ほんのちょっとしたことでもちゃんとした意見がなければいけません。意見がないと何も考えていない、自分の意見がないとみなされ、それはかなりマイナスです。(日本人としては時にしんどいです。アイスクリームのフレーバーとかドレッシングの種類とか、何でもいいじゃないか!と思うこともあります。笑)

日本語はルール型、米語はロジック型

「ルール」と言えば、以前フランス人上司の秘書職をしていたとき、この日本式ルールによく悩まされました。

日本の会社は規則が多く、従業員は異議を唱えずにこれに従うものだと思われています。しかし仏人上司はルールの目的や意味がわからないと納得しませんから、私がいちいち人事部などに聞くことになり、すると私が「何を言ってるんだ!」と叱られる……。(仏人上司は「ルールですから!」と私によく叱られたと記憶しているらしいですが。笑)

そのほかいろいろありましたが、コミュニケーションにおける私の個人的な課題は「いかに感情的にならずに反対意見を伝えるか」ということ。アメリカ人は小学校から討論の訓練などをしていますから、全く違う意見をもっていても感情的にならずに話し合うことができます。(だから大統領選で負けても「おめでとう。今後は君に協力する」と言えるのですね)

しかし日本で育った私にはそれが難しい。子どもにもよく"Don't yell at me!"(怒鳴らないで!)と言われてます。なんでも大げさに言う5歳児ですから、本当に怒鳴っているわけではないのですが、やっぱりちょっと感情が表れてしまうみたいで……。外で苦情を言うときなども、ついつい少々怒ったそぶりが出てしまっている気がします。

日本ではきちんとした身なりの人が駅員さんなどに食って掛かっているところをたまに見ますが、アメリカで目にしたことはありません。自分で感情をコントロールできないのは非常にマイナスな印象を与えるんですね。(日本のように「お客様は神様」という考えがないのも関係していると思います)。

子どもに大しても「○○しなさい!!」と大声で叱っているとちょっと変な目で見られると思います。命令口調もあまり使いません。

これは今日聞いた話だけど、いいこと→悪いこと→いいこと、のサンドイッチ作戦を使う。

たとえばB-の成績を取ってきた子どもに対しては

「B-はいい出発点ね」(いいこと)
「でももっと勉強したらA-が取れると思うわ」(悪いこと)
「あなたならできるわよ!」(いいこと)

といった感じ。

実は昨日、うたこのバレエの参観日で、うたこがあまりにいい加減なのでちょっと怒ったんですねー。怒鳴ったりキーキー言ったりはしなかったけど、もうちょっといい言い方があったかも。まあ本人はバレエ大好きで上手くなりたいと願っているので、私に言われて反省したようではありますが。

隣の家でパーティやっててうるさかったときもそう。私は「中に入って。すごくうるさいから!」と言っちゃう。でもPは「外でアルコール飲んだら捕まるって知ってる?」と穏やかに話して静かにさせ、ピザをもらって帰ってきます(笑)。この違い。

「感情的に聞こえないように反対意見を伝えるにはどうすればいいですか?」と聞くと、「声を喉から出すこと」だそうです。日本語は鼻から出るんだそうで、そうするとどうしても声が高くなり、キーキーと聞こえてしまいます。喉から出すと落ち着いて聞こえるのだそうです。

練習だなー。

ケリアンさんのお話は大変興味深く、まだまだお話を伺いたいと思いました。ありがとうございました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-09 05:41 | アメリカのこと
大統領選はバラク・オバマ現大統領の勝利!!

昨夜遅くまでテレビを見ていた人は多かったのではないでしょうか。(我が家はケーブルTV解約してしまってローカルニュースしかないので、ネットで結果を追っていました)

うたこの学校の模擬選挙の結果はオバマ大統領とチョコレートアイスクリームの勝ち!

んんん? アイスクリーム??

大統領を選ぶ選挙のほか、好きなアイスクリームを選ぶ選挙もあったそうです(笑)。どちらも自分の好きなオバマ大統領とチョコレートアイスクリームが勝ったということで、大喜びのうたこでした。

……と、ここまではよかったのですが。このあと問題発生。

私が「ママはバニラアイスクリームが好き」と言うと怒りだしました! 家族は同じものを選んでほしいんですって。

「違うものを選んでもいいのよ。それでも仲のよい家族なのよ」と説明しましたが、わかってくれたかしら?

選挙に敗れた側は敗北宣言(concession speech)をしますが、昨日ラジオで(まだ結果が出る前)「これまで最もすぐれたスピーチの多くがconcession speechである」という話をしていました。負けても「あんな奴が大統領になってしまって、これからの4年間国がどうなっても知らないぞ」なんてことは絶対に言わず、「おめでとう。勝利を祝福します。これから私にできることは何でも協力していく」と言うんですよね。

違いをとらえて攻撃し合ってもいい方向には進めませんものね。実際、選挙期間中のネガティブキャンペーンCMにうんざりしていた人も多く、これでやっと解放されたと思っている人も多いみたい。オバマ大統領の続投が決まったのですから、これから両党協力し合って難題に取り組んでもらいたいものです。

さて。大人が投票する本物の選挙ではアイスクリームの好みは聞かれませんが(笑)、大統領選挙、上院・下院議員選挙のほか、いくつかの案件に対する投票もあります。

マサチューセッツでは次の3つの案件に対して投票が行われました。
1. 車の修理情報の自由化
2. 尊厳死のための薬物投与
3. 医療用マリファナの使用

1の車の修理情報というのは、現在はメーカー系列以外の修理工場では車の診断・修理情報が自由に得られず、メーカー系列の修理工場で修理せざるを得ない(自由化されていない)状況にあり、こうした情報の開示を義務付ける法案を作ろうというものです。結果は賛成が多数。

2は僅差で反対多数。3については賛成が多数でした。

そのほか、この住民投票によって同性婚が認められた州や(マサチューセッツは以前から認められています)、医療用でないマリファナ使用が合法化された州もあります。

大統領選もそうですが、こうやっていろんな問題について住民投票がされることで、自分と反対の意見が通ったとしても納得がいくように思います。もちろんそれでも歯がゆい思いは残るでしょうが、少なくとも多数の民意と政治家の行動が大きくかけ離れるということが起こらなさそうな。また、当事者意識をもって深く考えることにもつながりますね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-07 23:38 | アメリカのこと

Election Day

今日はアメリカ大統領選挙の日!

1週間くらい前かな、うたこに「ママは誰に投票するの?」と聞かれました。

ママはアメリカ人じゃないから投票できないのよと答えると、「もしできるんだったら誰に投票する?」と。オバマ大統領に入れると言うと、大喜びでした。

どこで大統領選のことを聞いていたのかなと思っていると、昨日またパパとママに「誰に投票する?」って。パパもオバマに入れると言うと、「やった~!!」と大喜び。

5歳児が大統領選にこんなに関心もつなんて??と思っていたら、学校からのお便りに"The school will have our own mock elections for the presidential race."とありました。なるほど、学校で模擬選挙があるから、熱心だったんですね。

こうやって小さいころから政治に関心をもたせるのはとてもよいことだと思います。もっと高学年になると、どちらを支持するかだけでなく、なぜ支持するのかを書かせたり、討論したりなどもあるようです。小学校でここまでやるって日本じゃ考えられませんね。

さて、私はアメリカの市民権(国籍)がないので投票できないと書きましたが、グリーンカード保持5年以上で市民権の申請はできます。ただし、日本が二重国籍を認めていないこともあり、どうするか迷うところ……。

アメリカの市民権を得ることによるメリットは、主にふたつ。配偶者が先に亡くなって相続を受けた場合に婚姻控除が受けられること、そして選挙権がもてること。

しかし婚姻控除を受けられない場合でも、相続税が発生するのは350万ドル(本日のレートで2億8千万円)を超えた場合ですから、今の我が家には関係なし(悲)。

そして選挙権のほうも「マサチューセッツに住んでるなら関係ないんじゃない?」と友人に言われました。

なぜならマサチューセッツ州は民主党支持の多いBlue stateだから。民主党候補への票が一票増えてもあまり影響はないよ、という意味。

この友人、確かめもせずに私が民主党支持者だと思ってるわけですが……実際、これまでこちらで共和党支持だという人に会ったことは一度もありません。もちろん会った人全員と政治の話をするわけではありませんから、中にはいるかもしれませんが、日本人アメリカ人含め、会話の中で私は民主党支持だと聞いたことは一度もないのです。

こういう土地柄だと、いったい誰がロムニーに入れるの??と思いますが、全国的に見れば彼の支持者もたくさんいるんですよね……。(単に周りに支持者がいないからというだけでなく、いろんな理由でこれは不思議だー)

うたこも周りの皆がオバマ大統領を応援している雰囲気を察して、彼に投票すると決めているのかなと思ったのですが、今朝パパが聞いてみると、「オバマは私の義理のパパだから!」

パパと顔が似ているんですよね。笑

パパが一生懸命、「そういう理由で決めるんじゃなくて、もっと世の中の問題とかを考えないといけないよ」と言っていましたが、5歳児にはちょっと難しいかもね。

まあそれでもこうやって政治に関心をもつのはよいことだと思います。次回の大統領選のときには9歳。ちゃんとした意見を堂々と述べてくれることでしょう。


写真がなくてさびしいので、選挙と全然関係ないけどひとつアップ。
f0195286_22394359.jpg

ハリケーン後に庭掃除して、落ち葉をたくさん集めました。庭ごみ用バレル2個と袋6つ。これ以外に枝がかなりあるのですが、入りきらなかったのでまた来週。いい運動になりました(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-06 22:45 | アメリカのこと

アメリカの食事情

先週末は仕事漬け。

土曜日の日本語学校でのミニ運動会も見に行けず、家で仕事。(写真はスナック時間↓)
f0195286_12161934.jpg

日曜日も楽しみにしていた「ボストン日本人女性の会」6月のレクチャーにも行けずに仕事。

週末なのに~~~と悲しかったのですが、日曜日の午後に無事仕上がり、夕方は家族で仲良くしていただいているお宅へ。何度かこのブログにも登場してもらっていますが(そろそろニックネームでもつけるべきかな?笑)、まず子ども同士が公園で仲良くなり、親同士も仲良くなったというパターンです。

このうちのパパもママもアメリカとヨーロッパの国籍ふたつもたれていますが、感覚的にはよりヨーロッパ人な感じがします(あくまで私の観察)。そしてそれは特に食べ物に対する態度に表れていると思うのです。美味しいワインとチーズが必ずあり、ちゃんとした食事が出てきます。うたこがケチャップほしいと言ったのですが、ケチャップ家にないって。アメリカ追い出されるんじゃないかと思いました(笑)。

いろんな話をしたのですが、食べ物については「アメリカの食べ物って何でも甘いよねー」ということで意見が一致。甘くないパン探すのが大変だったって。

そして、一昨日と昨日、たまたま関連する内容のビデオを見ました。

ひとつはJamie OliverFood Revolution。Jamie Oliverは食育分野で活動しているイギリス人シェフで、Food Revolutionはいろいろな学校へ行って学校給食を改善する番組です。(彼のこと日本語でどう紹介されているかと思って日本語ウィキペディアのページに行ってみてがっかり。銀座のカフェでメニューをコラボ…とかよりもっと大事なことあるんだけどな~)

一昨日見たエピソードに出てきた親子は毎日揚げものばかり。朝からドーナッツ揚げてチョコかけて食べてるし、夕食はほぼ毎日ピザ。野菜なんて買ったこともなし。小学校の朝食もピザと甘いシリアル、甘いミルク(チョコやストロベリー)、ランチは添加物だらけの加工品。見ててげげげっとなりましたよ。。。

以前「アメリカの給食事情」という記事を書きました。(今見てみるとジェイミー・オリバーのこともちらりと書いてましたね)。いろいろ改善しようという運動はあるようですが、日本と比べるとかなりレベルが違いますね。(ちなみにうたこの学校の給食はこんな感じ→

そして昨日の朝見たのはCBS News 60 MinutesのIs Sugar Toxic?

在米の方などお気づきかもしれませんが、アメリカでは脂肪のことは非常に気にするのに、糖分については寛容です。(寛容というか、何でも甘すぎ!) どうしてローファット、ローファットって騒ぐのに甘いのは平気なのかなと常々不思議に思っておりました。

で、上のビデオによれば、最近の研究で糖分は悪いということがわかってきたとのことです。ローファットの食べ物が推奨された結果、おいしさを補うために糖分が増やされ、アメリカ人の健康が悪化したと。総カロリーは同じでも甘い飲み物を飲んでいたグループはたった2週間で健康状態の悪化が見られました。

Toxic(毒)なんてショッキングな言葉を使っていて、砂糖はまるで悪者にされていますが、要は量・バランスの問題ですよね……。脂肪も全く不必要じゃないしね。当たり前のことだけど……。

私も実はアメリカに越してきてジーンズがワンサイズアップ。うたこもお腹ぽんぽこりん(笑)。我が家もバランス気をつけて食べたいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-05-24 11:32 | アメリカのこと
最近とても気がかりなニュースがありました。

フロリダでコンビニ帰りの17歳の黒人の男の子が「不審に見えた」という理由で、自警団の男性に射殺されました。

日本語ニュース→
英語ニュース→

男の子はコンビニの帰り、携帯電話でGFと話しながら歩いていました。雨が降っていたのでフードを被っていて、その姿が不審に見えたのでしょうか? そして彼が黒人だったから? 実際もっていたのはキャンディとアイスティー、そして携帯電話だけだったのに。何が危険だった?

その子が撃たれたのは主に白人が住む地域でした。彼が白人でも撃たれていたのかどうかはわかりませんが、黒人だから怪しまれた、そして撃たれた、と見る人が多いです。正当防衛を主張する自警団のリーダーを逮捕しなかった警察に対する抗議の声が高まり、各地でデモが行われています。

黒人男子は近所をぶらぶら歩くこともできないのでしょうか? これはとてもとてもおかしなことです。

日本人でもたまに「周りが黒人ばかりで怖かった」みたいなことを言う人がいますが、実際のところ、非黒人に囲まれる黒人のほうが身の危険を感じるのではないでしょうか? お菓子買って歩いて帰るだけで撃たれるのですから。

このニュースを聞いて、14歳の甥のことを思いました。彼の親は彼に「白人地域でうろうろするなよ。危ないから」と言わなければならないのでしょうか? 無茶苦茶変ですね。

このニュース、人種差別以前に自警団の男性が銃をもって警戒しているという時点でもうおかしいと思いますし、これは極端なケースだったと思いますが、それでもやはり人種差別について深く考えさせられました。時代が変わり、今では黒人大統領も誕生したというのに、今もこんなことがあるとは怒りを禁じ得ません。

みなが生きよい世の中になりますように。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-03-24 02:20 | アメリカのこと

オバマ大統領就任式

昨夜はTVでオバマ大統領就任式の模様を見ました。

アメリカンな夫がいるにもかかわらず、これまで大統領の就任式ってじっくり見たことがなかったけど(結婚してからの大統領はあの方でしたしね~)、今回はじっくり見ました。

人数もすごかったけど、会場にあふれる興奮と期待感がすごかったです。いつの日か日本も同じような感覚をもって首相を迎えられるといいなと思いました。

私はアメリカ人ではないけれど、夫と娘はアメリカ国民だから(うたこは日本国民でもあるけど)、なんだか「義理」の親戚の結婚披露宴にでも出ているような気分でした。会場に幸福感が満ちていることや歌や楽器の演奏があることなども披露宴に似てますね。

Pはアメリカのパパと電話で話しながらTVを見ていました。パパは就任式の行われたワシントンDCの郊外に住んでいますが、もう歳なので(笑)自宅でTV。お姉さんたちふたりは会場まで出かけたそうです。あの混雑では行き帰りだけでも大変そうですが、下のお姉さんは席も確保できたそうなので、行く価値ありましたね。(実際にどれだけ肉眼で見えるかは???ですが)。

就任の宣誓(緊張したのか、ちょっと詰まってましたね)と新大統領のスピーチが済み、私たちは1時半でギブアップして寝ました。

そして今朝7時半にTVをつけてみると、まだパレードとかやってる! オバマ氏と夫人はにこにこして立っていましたが、お腹ぺこぺこで疲れているのではないかしら……と心配になりました。大統領になるにはいろいろな資質が必要ですが、まずは体力だな~と感心しました。

私の父が冗談で、「うたこがアメリカ大統領になったらすごいな~」と言っていたことがありますが、もしそうなれば、きっと初の日系大統領ですね。女性の大統領はその頃までに生まれていそうだけど。あ、それにもしかすると初の海外生まれ大統領かも。今までに海外で生まれて育った大統領ってたぶんいないですよね。

でも実家にワイドショーとか押しかけてきそうだし、ならないほうがいいな(笑)。

大人になったうたこが日米どちらの国で生きていくことを選ぶのかわかりませんが、新しい世代のため、どちらの国も(そして世界のどの国も)もっと住みやすい場所になるように願ってやみません。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
[PR]
by junjunH0101 | 2009-01-21 10:21 | アメリカのこと

第44代大統領BARACK OBAMA

今朝目を覚ますと頭やら歯やら背中やらあちこちが痛く、とても起き上がる気力なし。Pに頼んでうたこを着替えさせ、保育園に連れて行ってもらいました。

お昼過ぎに起きてみると、ベッドサイドテーブルの上にPの会社のSecuriy Keyが。冷蔵庫には私がランチ用に作っておいてあげたターキーサンドイッチも。

大慌てで出て行ったようです。ごめんよー。

1時ごろに遅い朝食(?)を食べながらPCを開いてみると、アメリカの義母からメールが来ていました。


Hello Family,

11:00 PM, TUESDAY, 4 NOVEMBER 2008 WE NOW HAVE BARACK OBAMA THE 44th PRESIDENT OF THE UNITED STATES!!!!!!!!!!

THERE WILL BE CHILDREN IN THE WHITE HOUSE AGAIN.

As I write I hear cheers of young people going through the street while I shed tears of joy.

Phenomenal History has just been made.

Love you all,
Mom


オバマの当選が確定したのですね!!! やった~!!!

黒人の義母は初めて黒人大統領が誕生したということで感慨もひとしおのようですが、今回の選挙、単に「黒人」大統領が誕生したとか、「民主党」候補が勝ったというだけでなく、本当によいと思える人に投票することができ、その人が当選したという点が素晴らしいですね。

アメリカの大統領って不思議な存在で、一国の大統領でありながら世界のほかの国々に及ぼす影響も大きいし、日本人にとっても大きな関心事であると思います。

いやー、前回は私もガッカリしましたから、今回は本当によかったです。

これですっきりして風邪も治るといいのですが~。
[PR]
by junjunH0101 | 2008-11-05 14:55 | アメリカのこと