フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

カテゴリ:仕事( 2 )

詐欺未遂

どうも仕事にやる気が出ないので、もひとつ書く。

このまえ、ちょっと変だなーと思う仕事(翻訳)の問い合わせがありました。

変だなと思ったのは以下の点。
・社名部署名肩書きがなく、依頼者のフルネームのみ
・送信アドレスがGメール
・ずいぶん先(1月)の出張に使うプレゼン資料の翻訳を頼んできた

怪しげなのには返信しないのですが、ちょっと引っ掛かりつつもこちらには見積つけて返信しました。

すると、「この見積額でけっこうですので、お願いします」と。「どこで私の連絡先を見つけましたか?」という問いには「ATA(American Translators' Association)」という答え。(実際、ATA経由で問い合わせは時々来ます)

仕事したのに支払いがないなんてことになったらいやだなーと思ったのですが、なんと先にチェック(小切手)を送るとのこと。(これもヘンだよね)

で、送ってきました。

が、これが決定的に怪しい!!

まず、封筒がヘン。いまどき殆ど見ないエアメール用封筒(アメリカ国内から出しているのに)に手書きで宛名が書いてあり、差出人の名前住所はなし。

中のチェックもおかしい。本物でなさそうというのはアメリカ生活の短い私でもわかる。

そしてそして、極めつけは金額が違うこと。500ドル程度の見積もりに対し、2500ドルになってる。

Pいわく、「金額間違えたから差額返してっていう詐欺じゃないかな」。

信用した私がATMでチェックを換金→500ドルもらって差額の2000ドルを依頼主に返す→このチェックは有効なものでないので、私が2500ドルを自分の銀行に対して負うことになる、という仕組み。

果たして。

Pの予想通り、「アシスタントが金額を間違えましたので、換金後差額をこちらに送ってください」という連絡が。(これがまた、「チェック届きました」と連絡したとたん、即効で詳しいメールが来て怪しすぎ)

詐欺でしたー。

実際のところ、私はまだ翻訳作業をしていなかったし、金銭面でも労力面でも(数通のEメールに要した時間は除く)被害はゼロ。

でもね、たとえばもし私がここ数ヶ月仕事がなくて家賃も払えないような切羽詰まった状況だったら、あるいはこの仕事を始めたばかりでよくわかっていなかったら、飛びついていたかもしれませんね……。きっとこのメールはほかにも送られていたはず。ひっかかっている人がいないとよいのですが。

なんとなくヘンな匂いがしたらすぐにさよならするのが肝心ですね。(恋愛でもそうよ!)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-12-04 02:01 | 仕事

アナログな私の実力

今日は珍しく仕事関係の話。

アメリカに来てからATA (American Translators' Association)という団体に入りました。アメリカでいちばん大きな翻訳者団体です。

実は日本在住のときも2年間だけこの団体に入っていたことがあったのですが、ほとんど仕事につながらなかったので(2年間でたったひとつだけ)やめてしまいました。ATAがやっている認定テストを受けて合格すれば仕事も来るようなのですが、このテストは会場に行って受験する必要があり、日本在住だった私は受けたくても受けられなかったというわけです。

シンガポール在住のときは日本の翻訳会社からコンスタントに仕事をいただいていましたが、今は時差が大きすぎて(13時間)仕事の打診をいただいても即返事をすることが難しく、急ぎの仕事はいただけないようなんですよね。。。

そこで再度ATAに入り、ここで新規開拓しようという計画です。

ATAのテストは受験料が300ドルもかかり、しかも一度落ちると同じ年に2回は受けられない仕組みです。準備不足で受験して落ちたらもったいないですから、練習テストというのを受けることにしました(これは1 passage 50ドルで講評つき)。

それで昨日自宅でやってみたのですが、何が難しいって電子機器を一切使ってはいけないこと! しかも回答は手書きです。

いまどきウェブ辞書や電子辞書も使わず、パソコンも使わずに手書きでやっている翻訳者は誰もいないと思うけどなあ(笑)。それにネットを使ってのリサーチ能力も翻訳者に求められる大切な能力のひとつだと思いますが。

でもルールはルール。文句を言っても仕方ないので、家に唯一あった紙の辞書(小さなコンパクト辞書)一冊でなんとかやりました。英日は大丈夫だけど、日英はちゃんとした辞書がないとやっぱり怪しい。。。自分で思ってたほど英語力ないかも(汗)。

時間は1 passageにつき1時間半。最初問題を見たときは「余裕~」と思いましたが、やってみると時間がかかる! 手書きって時間がかかるんですね。間違ったら消しゴムで消さないといけないし。紙と鉛筆なんて久しぶりに使いました。学生時代に戻った気分だ~。

回答用紙は今日封筒に入れて送ります。結果は6~8週間後に来ます。さて、アナログな私の実力はどうでしょうか??


とまあ仕事関係の話ばかりではおもしろくないので、お料理写真をアップしますね。

アスパラガスのリゾット↓
f0195286_5212716.jpg

お米入りスープの予定だったのですが、お米が多すぎたのか煮すぎたのかリゾットになりました(笑)。

エビとトマトのガーリック炒め↓
f0195286_522438.jpg

実はどちらもPシェフの作です。最近Pのほうが凝ったお料理を作るので、junjunの料理写真の出番はあまりありません。このままだと本当に主婦引退??

デリバリーしたタイ料理↓
f0195286_5512271.jpg

ここのお料理はアメリカっぽくちょっと甘めであまりタイ料理という感じがしません。もっとおいしいお店を開拓しなくては。

昨日Pママがもってきてくれたデザート↓
f0195286_553467.jpg

これにホイップクリームをのっけて食べました。缶に入っていて、押すだけでぷしゅーっと出てくるのがあって、うたこが大喜びで全員分をやってくれました(笑)。

これは先週末の誕生パーティの準備のお礼だと言ってもってきてくれたのです。パーティが大成功だったことにPママは大喜び。招待客の皆さんにもすごく喜んでいただいたようで、普通は招待した側が「来てくれてありがとう」というThank you cardを出すのですが、「招待してくれてありがとう」という逆のお礼まで届いたそうです。本当に楽しいパーティでした♪


今日はボストン地方、寒い一日です。日本も寒くて雪のところもあるとか? こちらは雪が降るほどは寒くありませんが、雨がしとしと降って肌寒いです。来週月曜日は祝日で、ボストンマラソンが開催されます。日本で知り合ったアメリカ人の友達が出るので応援に行く予定。それまでにお天気回復しますように!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-04-17 06:02 | 仕事