「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

カテゴリ:シンガポール事情( 4 )

シンガポールで学校選び

今日はママ友ふたりとランチにお出かけ。

和食屋さんで集合!……だったのですが、行ってみるとお店がなくなっていました。あれれ~。


ということで、急きょタイ料理に変更。

パイナップルご飯↓
f0195286_1215129.jpg

マンゴーサラダ↓
f0195286_1221076.jpg

グリーンカレー↓
f0195286_1222971.jpg

このほかにインゲン豆の炒め物やオタ(魚のすり身料理)を食べました。タイ料理は私には辛すぎて最後まで食べられないことも多いけど、このお店は辛すぎずにちょうどよかったです♪

そして場所を変えて別腹メニュー(笑)。

私はピーナッツクリームの載ったカップケーキ↓
f0195286_125397.jpg

お友達はヌテラパイ↓
f0195286_1253012.jpg

かなり重そうですが、お友達はぺろりと平らげていました。さすが第2子授乳中(笑)。

もう一人のお友達は洋梨のタルト。(写真撮り忘れ)


今日の話題の中心は子どもの学校のことでした。

5歳のお子さんがいるママは来年の夏ごろまでにはどの小学校を志望するか決めなくてはならないのですって。

選択肢は大きく分けて3つ。

1.現地の公立小学校
2.私立のインターナショナルスクール
3.日本人学校

1を選んだ場合のメリットは学費が安くすむこと、現地の子どもたちと仲良くできること、お勉強がよくできること、英語も中国語も学べること。デメリットは勉強が大変なこと。

シンガポールでは小学校から夜寝る時間もないくらい勉強しなければならないほど、勉強が大変なんだそうです。そして公立でも学区制ではなく、志望校を選んで試験を受けなければなりませんから、難関校を狙うなら幼稚園から猛勉強。さらに、外国人枠というのが決まっているので、外国人は人気校に入りにくいという問題も。

2を選んだ場合のメリットは、のびのびできること。いろんな国の子どもたちと友だちになれること。デメリットは学費がとても高いこと。ローカルスクールからインターナショナルスクールへ替わるのは簡単だけど、逆は難しい(勉強についていけない)ので、いったんインターに入ってしまうともう替われないこと。

3は将来日本の高校を受けるなどといった予定があるならばよいけど、おそらく英語が(中国語も)あまりできなくなりますから、ずっと海外に住むならよい選択肢ではないかもしれません。

うーん。悩むところですね。

我が家は今のところアメリカに住む予定なので、うたこはアメリカの現地の小学校+日本の補習校(土曜日)に行かせようと考えていますが、もしシンガポールに住むならどうするかなあ~。小学校から夜遅くまで勉強というのもかわいそうだし、インターナショナルスクールの学費はかなり高いし、きっと悩みますね。とりあえずローカルに行かせて、大変そうなら途中からインターに替わるかなあ~。

そしてローカル校にするかインターにするか決めたあと、どの学校にするかを決めねばなりません。小学校から学校選びがこんなに大変だなんてね~。頭が痛いですね。

Mちゃんによい学校が見つかることを願っています。どこの学校に行ってもがんばれ、Mちゃん!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunh0101 | 2009-12-16 01:55 | シンガポール事情

ほんとに来た!

ビックリマーク付きで驚くほどのことでもないのですが、昨日モスキート・チェックの人たちがやって来ました。

このブログでも何度か書いたのでご存じの方が多いと思いますが、シンガポールではデング熱という怖い病気を防ぐため、自宅で蚊(ボウフラ)を発生させると罰金です。

蚊だけでなく、電車内での飲食やドリアン持ち込み、ゴミのポイ捨てなど罰金は多いけど、ちゃんと取り締まってるのかしらと疑っていまいした。

そうしたら昨日、どんどんとドアを叩く音。インターホンを使わずに直接ドアを叩くなんておかしいなと思ったら、「政府から来ました。モスキート・チェックです」ですって。ちゃんとチェックしてるんですね。

そう言えば、ヨガの先生が一度罰金払わされたとか言ってたなあ。庭の木にいつの間にか空洞ができていてボウフラが発生していたんだそうです。

3人おじさんがやってきて、ちゃんと真面目に便器の中までチェックしていきました。トイレも長いあいだ使わないとボウフラわいたりするのかしら。(きゃー)

なんだか最近トイレネタばかりですね。すみません。。。


↓こちらは今朝食べたフルーツ
f0195286_18545525.jpg

Pが会社でもらってきたランブータンとマンゴスチンです。なんでも一週間に一度フルーツデイというのがあり、果物が配られるんだそうです。従業員の健康増進目的かしら。

うたこは食べないだろうと思ったらランブータンをほしがり、3つ一気に食べました。2歳児って何がつぼにはまるか全くわかりません。


なんだか今日は脈絡のない日記。ま、こんな日もあるということで。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunH0101 | 2009-07-02 19:01 | シンガポール事情
ここで何度か書きましたが、シンガポールの給与水準は日本よりも低いです。そのためにPのお給料も下がりました。(←大々的に何度も書くことじゃないんですけど)

で、物価もそれに合わせて低いかと言うと、これが大いに疑問。


もちろん日本と比べて安いものもたくさんあります。

たとえば、簡単な外食。ちゃんとしたレストランはけっこうしますが、ホーカーとかコーヒーショップとか呼ばれる小さなお店だと3ドル~5ドル=180円~300円くらいでランチが食べられます。ウェットマーケット内の朝ごはんは最安値が1ドル(60円)!

野菜や鶏肉、魚などもウェットマーケットでは安いです。(スーパーではそうでもない)。

MRT(電車)やバス、タクシーなどの乗り物も安く、MRTやバスは普通の距離で1ドル(60円)くらい。長距離乗っても2ドルはなかなかいきません。タクシーはたしか初乗りが2.8ドル(180円)くらいだったと思います。近くのスーパーから自宅までだと4ドル(250円)。どこから乗っても今までに20ドル(1,200円)以上払ったことは数回しかないです。

映画も安いし(6~8ドル=360~480円)、マッサージやネイルなども日本より安いです。

あ、そうそう。そう言えば、ブランド時計の修理代も安かったです。たまたまかもしれませんけど、日本で分解掃除7万円と言われていた時計をこちらのお店に持って行ったところ、なんだかけっこう大がかりに部品を換えたりしたのに180ドル(12,000円)ですみました。

最初に電話で聞いたとき、1,080ドルの間違いかと思って聞き返しましたよ~。しかも店員さんの態度が「180ドルもかかってすみません」って感じなんです。もちろん「すみません」とは言わないんですけど、「もうお伝えしてあるはずですけど、フルメンテナンスで○○を換えたので180ドルです」というようなことをすまなさそうに何度も言うのです。


だけど反対に高いものもいろいろあります。

まずは不動産。ちょっと下がりつつはあるようですが、それでもまだまだ高い。

近所で売りに出ている家があり、オープンハウスをやっていたのでPが週末に見に行ってきました。(もちろん買うつもりはありませんけど)。4ベッドルームの全然大したことない家で値段は日本円で1億円以上! プールもないし、全然豪華じゃないんですよ。しかもここ郊外なのに。

食べ物も当たり前かもしれませんが、欧米系のものや日本のものは高いし、小さいもので言えば、紙製品。子どものオムツなど、日本のものより断然質は悪いのに(硬いし、「おしっこライン」ないし)値段は何倍もします。

けちって硬いのをはかせていたら、一度うたこはひどい「股ずれ」になり(内股に傷ができた)、それ以来やわらかめのパン○ースにしましたが、これが1枚約1ドル(60円)。日本はたしか20円ちょっとだったのに。トイレットペーパーも硬いのにちょっと高いかな。


それにこの円高!これは我が家にとってはとっても危険です。

ふつう円高で海外にいるのは得なのですが、Pのお給料はシンガポールドル払いなので我が家には関係なし。逆に今のレートでお給料を円計算するととんでもない額になります。(この金融危機のさなか、日本にいてもどうせボーナスはゼロだから、いずれにしても下がるんですけどね)。

私の翻訳料は円でもらっているから(どうせ少ないけど)、まだよかったなーと思っていたら、この前「ドル建てで取った仕事なので利益が出ません」と言われ、翻訳料を値切られてしまいました。。。円高の影響がこんなところにまで!

それなのにお金を使うとき、ついつい頭の中で円計算してしまい、「安い!」と思ってしまうのが危険なのです。


そこで、

1シンガポールドル=100円

というルールを適用することにしました。

私の頭の中だけなんですけどね。買い物するときにこれで計算するとちょうどいいように思います。

たとえば10ドルのランチは600円ではなくて1,000円。3ドルなら180円でなく300円。

これで少しは支出が抑えられるかな、と。

これで家賃を計算すると、日本で払っていた額の2倍近くになり、どっひゃ~です。(1ドル=60円計算だと少しだけ高い程度)。ますます節約しなくては、と思います。


でもシンガポールにいるのは限定2年だし、食べ歩きとかマッサージとか、楽しみも捨てられないんですよね。。。あー、難しい!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunH0101 | 2009-02-16 12:55 | シンガポール事情

シンガポールの光熱費

シンガポールに来てエコな暮らしと遠くなった、と以前にも書きました。

先日、家の裏のHDBのほうを歩いていると怪しげなドラム缶を発見!

いまだにゴミを外で焼いているようです。ダイオキシン発生しないの?? 禁止じゃないの??

それでよーく見てみると、あちらにもこちらにも。。。近所に最低3つはありました。おーこわ。

それにコンドで撒く殺虫剤!

ブーンという音が聞こえると、慌てて洗濯物を取り入れます。うちは4階だけど、それでもかなり臭いが漂ってくる。窓から下を見ると1階のあたりは真白です。

そうでもしないといろんな害虫が出るらしいんですけどね。もうちょっと体に害のなさそうな方法はないのかしら、と思います。ハーブを取り入れるとか。たしか1階には妊娠中の女性も住んでいるのに。

……と、いろんな点でエコという観点からは疑問の多いこちらでの暮らしですが、ひとつよいなと思っているのがこれ↓
f0195286_11293634.jpg

電気、ガス、水道の請求書(こちらではこの3つまとめて請求がきます)の裏に月ごとの使用料グラフがあるのです。同じタイプの住宅での平均使用量のラインも入っています。

我が家は電気は平均よりも低い(エアコンをあまりつけないためでしょう)ですが、ガスと水道は平均を超えてます。(特にガス!)たぶんお料理やシャワー、洗濯の回数が多いからでしょう。3つ合わせて228ドル(日本円で15000円弱)。多いかな?

このグラフを見て、「平均よりも超えている。いかん! 環境に悪い!」と思う人よりも、「こんなに使っちゃって! お金がもったいない!」と思う人のほうが断然多いでしょうけど、それでも役には立ちそうです。

我が家の使用料、見事に3つとも毎月上昇してますね。気をつけなくては!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunH0101 | 2009-02-13 11:39 | シンガポール事情