フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

サンクスギビングにプリマスへ

Happy Thanksgiving!

今日(こちらではまだ22日)はThanksgiving(感謝祭)。例年は家族で集まって手作りディナーを食べるのですが、今年はP姉#2が帰ってこれないために義母が彼女を訪ねてワシントンDCに行ってしまい、それならP姉#1もそちらに行くわということになり(結局渋滞がいやで行かなかったのだけど)、家族ばらばらに。

めったにないこのチャンスに我が家はお出かけすることにしました。行き先はプリマス・プランテーション
f0195286_13224736.jpg

感謝祭はそもそもイギリスからプリマスに移住したピルグリムファーザーズの最初の収穫を記念する行事として始まったと言われていますよ。プリマス・プランテーションは当時のネイティブの人たち(Wampanoa族)の集落や移住してきたイギリス人たちの集落が再現してあります。

ここは私とPは二回目。うたこはスクールからも二度行ったので今日が四回目。前回家族で行ったのは3月でがらすきだったのですが、今日はたくさんの人が訪れていました。

最初に15分程度の紹介ビデオを見て、早速ランチ(笑)。

予約できるところはどこも一杯だったので(5月ごろから予約開始なんですって!)、予約なしで食べられる簡単なバッフェを食べました。
f0195286_13255218.jpg

ターキー、スタッフィング、マッシュトポテト、マッシュトバターナットスクウォッシュ、サラダ(これはちょうど切れててなかった)、グレービーソース、クランベリーソース、パンプキンブレッド、デザート(パンプキンパイやチーズケーキなどから1つ選ぶ)。

ターキーとマッシュトポテトの大好きなうたこは大喜びでしたが、ターキー食べない私のお皿はちょっと寂しかったな……。(私の分のターキーはPがしっかり完食してくれましたw)

お腹がいっぱいになったところで、Wampanoa族の村へ。
f0195286_13304096.jpg

当時のままを再現してあって、二度目でも十分(四度目のうたこでも)興味深かったです。
f0195286_13312250.jpg

当時の服装をした人たちがいろんな質問に答えてくれますよ。
f0195286_13331265.jpg

服装、なかなかファッショナブルです。(この柄は東西南北の4つの風を表しているんだそうです)。

そして植民地の村へ。
f0195286_1333336.jpg

こんな家が何十軒も建っていて、それぞれ居住者がいてお話しができます。

今日は広場に集まってダンスも。
f0195286_13351643.jpg

5歳のうたこでも楽しみながら地元の歴史(アメリカという国の重要な歴史でもある)を学ぶことができる場所です。最初の紹介ビデオにも出てくるのですが、プリマスプランテーションの歴史はネイティブアメリカン側と入ってきたイギリス人側の異なる2つの視点があり、その両方の視点から見られるのが特に興味深いところです。

私ももっと勉強しないとなー。


さて。現代のサンクスギビングは「ターキーを食べる日」(笑)という以外に、「感謝する日」でもあります。

家族や友人がいてくれること、屋根の下で快適に暮らせていること、十分に食べ物が食べられること、仕事があることに感謝です!

----------------------------------------------------------------------
↓プリマス・プランテーションで感じたこと追記。

ここではネイティブアメリカン(Wampanoag族)の村とイギリス人入植者の村があり、それぞれ違った立場から歴史を見ることができます。

Wampanoag族のほうとしてはヨーロッパからもたらされた病気のために多くの人が亡くなってしまったり(村が全滅してしまったところも)、"Curiosities(珍しいもの)"兼奴隷としてさらわれ、ヨーロッパに連れて行かれた人たちがいたりなど、決して歓迎すべきものではありませんでした。

対してイギリス人入植者のほうは、「宗教的弾圧を逃れるため」という大きな理由があってアメリカにやって来て、こちらも大変苦労したというストーリーがあるわけです。

ちょっと気になったのが、今でもネイティブアメリカンの人たちを"Curiosities"として見ている人がいるような気がすること。彼らの当時の生活習慣や風習は今の私たちとは大きく異なっていて、そういう意味では確かに「珍しい」ですが……。上に書いたような歴史を考えると、無邪気に「インディアンの人たちって……」とは言えませんね。(男の子が「インディアンたちは…?」と質問したとき、「Wampanoag族のこと? Wampanoag族はね…」と言い直していました)。

プリマス・プランテーションに行くなら、「見物」目的ではなく、「学習」目的でね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-11-23 13:51 | 行事・イベント