フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

義姉のバースデーディナーと先生とのお茶

日曜日は我が家で義姉のバースデーディナー。
f0195286_11174146.jpg

キャンドルは6本ですが、6歳でも60歳でもありません(笑)。多すぎるので(ごめん!)適当に刺しときました。(多すぎると言っても私よりいくつか上なだけで、私も多すぎてキャンドル載せきれません。笑)

食べ物は義母がテイクアウトしてきたミートボールパスタ(近所のお店ので、うたこのお気に入り)、Pが作ったピザ数種、これまたPが作ったチキンの料理、私が作ったグリーンサラダとフルーツサラダ。

ケーキは義姉のリクエストでRosie'sのフルーツタルト。アメリカのお店のものにしては甘さがちょうどよかったと思いましたが、最近舌がアメリカ化していますので本当のところはわかりません(笑)。

私たちからのプレゼントはこれ↓
f0195286_11222561.jpg

とってもよい香りのボディローション。香りもよかったけど、ボトルが素敵!と思って選びました。つけてくれてるかな~。

この義姉は2、3日Marylandの義父のところに行っていて、日曜日帰ってきてすぐに我が家でパーティだったのですが、髪をばっさりワカメちゃんみたいに切っていてびっくり。昔若いころにショートボブがすごく流行ったことがあって、友だちが複数ワカメちゃんカットにして後ろ刈り上げてましたが、そんな感じ。誕生日を機に心機一転? 充実した○○歳の1年を送ってもらいたいと思います。


話が前後しちゃうけど、その前日の土曜日にはうたこのJunior Kinderのクラスの担任の先生が遊びに来てくださいました!

日本だと先生をお茶にお呼びするってあまりないかもしれませんね。

この先生はとーっても子ども思いで熱心な先生で、どれくらい熱心かというと、入学前にすでに3通もうたこに手紙をくれたほど!

もう何十年も教えているベテランの先生ですが、これまでの教え子全員に今もバースデーカードを送り続けているんだそうです。さすがにこれは大変で、もうやめようとよく思うけど、道でごっついおじさんみたいな風貌の男性に「先生バースデーカードありがとう!」って声をかけられることなどあり(笑)、やめるにやめられないんだそうです。

最近日本でのいじめ自殺事件が問題になっていますが、この先生は「どの子も親にとっては特別な子」という思いで接しているんだそうです。ほんとにそうですよね。何十人いる中の一人にしかすぎなくても、親にとっては本当にスペシャルな子なのですから。世の中の先生方みんなそういう気持ちで生徒に接してもらえたらな~と思います。

お茶飲みながらいろいろお話しして楽しかったです。もう娘の担任ではなくなったので、これからは友だちでね~って。うたこの学校生活最初の年の先生がこの人で本当によかったなと思います。


我が家でのお茶と我が家での誕生パーティとで、特にお出かけはしなかった週末でしたが、家で楽しく過ごせました。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-07-10 11:36 | 日記