フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

ご近所さんといろいろ

3連休の初日は日本語学校に行きましたが、残り2日はわざと何も予定を入れずに家でのんびりと過ごすことにしました。

2日目の日曜日。お昼前にうたこが近所の家の子たち(7歳の男の子と2歳の女の子)が家の前に出ているのを見つけ、遊びたいと言うので急に押しかけました。うたこ、自分で自分を招待するのが大得意です(笑)。

押しかけた先のお宅はアルゼンチン出身の一家。キッチンの棚の上にマテ茶のカップとストローがずらりと並んでいます。毎朝マテ茶を飲んでアルゼンチンのラジオを聞き、家ではスペイン語を話しています。「この家だけアルゼンチンよ~」って。

2階でエアコンの取り付け作業中だったPに黙って出てきてしまっていたのですが、Pもエアコン取り付け用に板が足りなくてもらいに来て、そのまま参加。ついでにランチまでご馳走になり、親も子も厚かましい一家です(笑)。

よいお天気だったので、夕食はデッキで。普通のメニュー(オーブンで焼いたサーモン、サラダ、カボチャと人参のポタージュ)でしたが、外で食べると美味しいですね。
f0195286_1274128.jpg
f0195286_127312.jpg

夕食後、ワイン飲みながらのんびりしていると、やはり同じようにデッキに出ていたお隣さんをうたこが発見。お誘いして我が家のデッキで一緒にワイン飲みながら、しばしおしゃべり。このお隣さんはお母様が日本人。とってもチャーミングな(これって古い言葉?笑)バイオリニストさんです。

そして3日目の昨日、買い物に行こうと思って外に出ると、今度はまた別のご近所さんとばったり。「ちょうど紹介したいと思っていた近所の友だちのところに行くところだから一緒に来ない?」と誘われ、またしても勝手にパーティに乱入(笑)。

誘ってくれたお友だちは我が家のお隣さん(バイオリニストさんとは反対側)で、川向うの某有名ビジネススクールの先生をしているフランス人。押しかけていったお宅は隣の通りにあり、この方は川のこちら側にあるやはり有名な某ビジネススクールの先生で、黒人の女性。もう一人先に来ていたゲストの女性も川向うのビジネススクールの先生で、この方は中国系。皆さん一時同じ学校で勉強していたんですって。うちの近所、インターナショナルでいろんな人が住んでいて、なかなかおもしろいです。

そのお宅には9歳のお子さんがいて、年上の子が大好きなうたこは大喜び。もちろん帰りたがらず、無理やり連れ帰って買い物(うたこの服や靴)に行ったものの、「○○の家に戻りたい~」と大騒ぎでした……。

とこんな感じで、無計画だったものの、ご近所さんと楽しく過ごせた週末でした。

みんなとてもフレンドリーな人たちなの~。アルゼンチン一家は急に訪ねて行ってもいつも歓迎してくれるし、昨日訪ねて行ったお宅も初対面なのに温かくもてなしてもらいました。

思えば東京ではこういうのがなかったなあ~。同僚もみんな遠くに住んでいて、週末に遊ぶのもずいぶん前から計画しておかないと難しかったし、Pと付き合っていたときも二人とも東京に住んでたけど、お互いの家を訪ねるのに1時間くらいかかってました。この話を近所の仏人に言ったら「遠距離恋愛だね!」と大笑い。こっちなら車で30分とか走れば結構な距離ですからね。それに家に人を呼ぶっていうことが日本では少ないものね。

こうやって計画せずに気軽にぶらりと立ち寄れるご近所友だちがいるのは幸せなことです。ありがと~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2012-05-30 01:51 | 日記