「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

人生の選択や決定

土曜日の昨日は用事でボストンに来ていた友人とディナーに出かけました。

この友人は日本で知り合ったのですが、今は子連れでアメリカMBA留学中。とても頑張り屋の女性です。

1年少しぶりにあって、4~5時間ずーっと話し続け。彼女の勉強のこと、これからのキャリアのこと、子供のことなどなど……いくら話しても話し足りませんね。

彼女と話していた思ったのは、女性はキャリアを追求してもしなくても常に「これでよいのだろうか?」といった迷いに付きまとわれることが多いということ。特に家庭をもつ女性の場合は仕事と家庭(子育て)のバランスに悩みますね。

だから男性のほうが気楽でよいということではなく、男性は(少なくとも今の日本では)専業主夫になるといった選択肢は難しく、それはそれでつらいことだと思いますが。

話を女性に戻しますと、私もいろいろとこれでよいのだろうかと悩むのですが、これからできるだけ悩みたくないなと思います。

悩まない=考えない、ということではなく、きちんと考えて自分の行動を選択し、決めたら後は悩まないということです。

例えば今日、ある興味深い集まりがあって、私はとっても行きたかったのですが、最近週末に夫や子どもとあまり過ごしていないなあ~などとぐずぐずと散々悩んだ挙句、金曜日に大きな仕事をよく考えもせずに引き受けてしまってずっと仕事をする羽目になりました。

これは最悪。

選択肢としては
①集まりに行く
②夫や子どもと過ごす
③仕事をする
と3つあり、よく考えた末に1つ選んでぶれなければよかったのですが、選ぶといった意識もないまま仕事を引き受けてしまい、③を「せざるをえなかった」、そして「後悔した」という最悪パターンでした。

例えばよく考えて「やはりどうしても私はこの集まりに行きたいし、自分に役に立つ」と納得して①を選んでいたら、あるいは「集まりにも生きたいけれど、夫と子どもとの時間も大切」と納得して②を選んでいたら、後悔することはなかったでしょう。

これは週末の過ごし方という比較的小さな決定でしたが、人生は選択と決定の連続。小さな選択や決定もきちんと意識してやっていきたいと思います。そういう心がけが大きな選択や決定にもつながると思うのでね。

ああ今日は反省日記になってしまった。しっかりせねばね。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2011-11-14 14:02 | ひとりごと