「ほっ」と。キャンペーン

フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

Happy Halloween 2010

昨日はハロウィンでした。

うたこは最初"I want to be a carrot!"と言っていたのですが、人参の衣装は売っておらず(どこかで売ってたらしいですが見つからなかった)、妖精になりました。
f0195286_3155471.jpg

すごく寒かったので下にTシャツ着てヘンテコな格好になってますが……。ボストンの10月って半袖でいいような日もあれば雪が降ることもあり(今年はまだ)、服装が難しいんですよね。ハロウィンの衣装、寒そうなのが多いし。

PはYo Gabba Gabba(←音出ます)というTV番組に出てくるDJ Lance。
f0195286_3163080.jpg

衣装着てなくてもそっくりなんです(笑)。近所の子供たちに大人気でした。

私は魔女で。
f0195286_3165492.jpg

親は仮装しなくてもいいんですけどね。Pが張り切って早々と衣装をインターネットで注文していたので、私も慌てて用意しましたよ(笑)。大人の女性用のもセクシー系で露出度高いのが多く、とにかくいちばん暖かそうな服という基準で選びました。

Pが事前に試着をしたとき、うたこは嫌がり、"I want Papa to be Papa!"(パパはパパのままでいて)と。ママの魔女も嫌がり(特に黒のリップスティック)、"Don't sit next to me!"と言われてしまいました……。

しかし仮装してご近所を回るのは楽しかったようです。
f0195286_3174289.jpg
f0195286_3183576.jpg

日本でも最近やっているところがあるようですが、アメリカの子供たちは仮装をして"Trick or treat!"(お菓子くれないといたずらするぞ)と言って近所のお宅を回ります。

以前ハロウィンで仮装した日本人留学生が強盗と間違われ、射殺されてしまった事件がありましたが、事前にスクールから注意事項が配られました。

・知らない人の家には行かないようにしましょう
・ひとりきりでTrick-or-treatしてはいけません
・つまづかないようにだぶだぶの服を着るのはやめましょう
・知らない人に車に乗せてもらってはいけません
・走ってはいけません

などなど。

最後の注意事項は
・Be polite and say thank you.(礼儀正しく、ありがとうと言いましょう)

うちに来た子たちも大抵は親と一緒で問題なしでしが、ティーンエイジャーになると子供たちだけでやってくる子もいるんですね。恐ろしいマスクをかぶってやってきて、お菓子つかんで無言で立ち去った子たちもいて、ちょっと怖かったです。仮装はいいけど顔は出しておいてほしいし、最低限のマナーとしてお礼ぐらいは言わなくてはね。

Trick-or-treatのあとはご近所の2家族と一緒に我が家で食事をしました。
f0195286_2273540.jpg

ご近所のアルゼンチン人ママが作ってくれたキッシュとjunjun作パスタ↑ キッシュは「海苔??」と一瞬思いましたが(笑)ホウレンソウでした。ヘルシー!

唐揚げとサラダ↓
f0195286_229849.jpg

ご近所のSさんが巻きずしも作ってきてくれたのですが、写真撮る前に食べてしまいました。ごめーん。きれいな巻きずしだったのに。

デザートはSさん手作りのキャロットカップケーキ(お子さんのRちゃんがラビットの仮装だったので)とjunjun作の指クッキー↓
f0195286_231043.jpg

カップケーキはしっとりしていて甘すぎず、おいしかったです♪ 指クッキーのほうは味より見た目のインパクトで勝負(笑)。

アメリカ初のハロウィンは楽しく過ごせました。

さて、うたこが大量に集めてきたお菓子(キャンディやチョコ)をどうするかな。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-11-02 02:38 | 行事・イベント