フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

カリカリしないでButterfish

先ほどショックなことがありまして……

うたこにカメラを壊されてしまいました!

落としたらしいんですけど、よほどひどく落としたのか、レンズが斜めになってしまって中に引っ込めることも出すこともできず、当然写真は撮れません。ぎゃぎゃ。

ママはちょっとしょんぼりです。とほほ。


「とほほ」と言えば、今日はもうひとつ困ったことが。

お昼頃に家の前の通りで街路樹の剪定が始まったと思ったら、バン!と音がして電柱から円盤みたいなのが焼け落ち、停電してしまいました。

あれあれ~。

で、興味深かったのが近所の人たちだーれも怒ったりしなかったこと。

「やれやれ」って感じで苦笑はしてるけど、「ま、しょうがないわね」という感じ。作業の人たちも「何もしてないんだけど……変圧機がオーバーロードしちゃったみたい。たぶん2時間くらいで元に戻ると思うけど」と言い、特にペコペコ謝るでもない。(しかもこの人たち、電力会社の人たちです)。

何年か前の私だったら「掃除してから仕事する予定だったのにどうしてくれるんですか。掃除機も使えないし、インターネットもつながらないし!!」って怒っていたでしょうが、私も「まあしょうがないか~」と思えるようになりました。

シンガポールで慣らされたか、それとも歳をとって丸くなったか(笑)。

他人の「故意でない失敗」に寛容なのはいいことだと思います。怒って責めたって壊れた変圧機が元に戻るわけじゃないし、自分だって失敗することあるしね。カリカリしないのがいいです。日本から海外に越すとサービスがいい加減と感じる人が多いようですが、私は少々いい加減でもみんな気にしないところが大らかでいいなあと思います。(ま、あまりにいい加減でも困りますけどね)。

結局、ほうきとモップで掃除して、シャワーを浴び(電気がないとお湯も沸かせないけどタンクにある分で足りた)、ネットが使えるスタバにでも行こうかと支度している途中に電気回復。スタバには行かずに掃除機使って掃除を完了しました。


その間、PとうたこはHマートに買い出し。丸ごとの魚を買ってきてくれたので夕食に食べました。
f0195286_12125817.jpg

Butterfishという菱形の魚で、フィリピンでよく食べるそうです。シンガポールのウェットマーケットでも同じようなのが売っていて時々食べていました。味付けはタマリンドのスープの素(顆粒)で。フィリピン人のPパパの奥さんに教えてもらったレシピです。
f0195286_12171871.jpg

雑穀・黒米入りご飯とケールの胡麻マヨポン和えと一緒に食べました。

タマリンドってタイ料理などでもよく使うようですが私は今まで使ったことがなく、今回初めてタマリンド入りのスープの素(フィリピン製)というのを使ってみました。適当に入れたら酸っぱすぎた!と思ったのですが、意外とPにもうたこにも好評でした。(私には酸っぱすぎて白菜は食べられなかったよ)。

あ、そう言えば、フィリピンも全然「カリカリしない」国ですね~。一度マニラにあるPパパの奥さんのお兄さんの家に遊びに行ったのですが、日本軍に占領されてたときのことだって「昔のことだし、もう誰も気にしてないよ」。以前ちょっと一緒に仕事をしたフィリピンの人たちも「洪水がよく起こって橋が流れて通れなくなったりするんだ。丸一日車の中にいたことがあるよ。アハハ」、とこんな感じです。のんびり~。

Hマートではそのほかに大根、竹輪、フィッシュボール、えのきだけ、蕎麦などを買ってきてもらいました。大型アジアスーパーのHマートは強い味方です。


あ、もう11時半。実はまた仕事の途中なのでした。あと7ページ(と言ってもパワーポイント14スライド分)今夜中にできるかな~。「さくさく!」(←魔法の呪文)

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-09-19 12:41 | うちごはん・お菓子