フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

初ラーメン&初ヘナ in USA

昨日はEvacuation Day(英国撤退記念日)で公立学校はお休み。先週水曜日にSweet Sixteenのお誕生日を迎えた姪のお祝いを兼ねて、P兄一家とラーメンを食べに出かけました。

お祝いにラーメンって変なんですけど、P兄の子どもたち(姪ふたりと甥ひとり)は日本のアニメやゲーム、バンドの大ファンで日本にとーっても興味があるのです。

これまでインスタントラーメンしか食べたことのない彼らは本物のラーメンにワクワク。
f0195286_23155048.jpg

↑は定番のHouse Ramen。

肉を食べない私やベジタリアンのP兄はVegitarian Ramenを食べました。写真撮り忘れましたが、ラーメンの上に野菜炒めが載っている感じ。アメリカの和食屋さんでは野菜=野菜炒めが多いなと思います。私としては炒めじゃなくて普通にゆでたもやしとかがほしいんですけど。

このほかギョーザ2種類(ポークと野菜)も頼んで満腹!

肝心の子どもたちの反応は……

姪#1はほぼ完食。姪#2は半分残し、甥に至っては"I don't like it. It tastes weird! (おいしくない。変な味がする!)"と言ってP兄に叱られる始末。そう言えば、昔イギリスでホームステイ先で和食を作ったときも、中学生の男の子は味噌汁一口だけ飲んで逃げ出してたっけ(笑)。子ども(特に男の子?)は変わったものを受け付けませんよね。

ラーメンが口に合わなかった甥は退屈して私のカメラをいじり始め、おかしな写真を撮って遊んでいました。
f0195286_23231692.jpg

12歳なんですけど、うたこと同じレベル?(笑)

でも誕生日のプレゼント(ほかの子たちの誕生日に何も送っていなかったのでまとめて全員にあげました)とポッキーは喜んでくれました。みんなポッキー大好きと聞いていたので、日本のお店に行ったときに数種類買っておいたのです。

P兄家族と別れたあと、私はヘナをしてもらいに出かけました。ヘナをやってくれるお店は少ないのですが、徒歩10分くらいのところ(Harvard Squareのあたり)でやってくれるお店(美容院ではなくエステのようなところ)が見つかったのです。

シンガポールと同じく、やはりここもインド系のお店。このお店のヘナはエッセンシャルオイルか何かが混ぜてあるらしく、よい香りがしました。

頭にべったりヘナを塗ってもらい、そのまま待つこと2時間。(この時間がいつも辛い)。シャンプーして乾かしてもらっておしまい。35ドル(チップ抜き)なり。まあ良心的なお値段でしょうか。

Evacuation Dayはアイルランド人のお祭りSt. Patrick's Dayでもあり(St. Patrick's Dayを祭日にするためにEvacuation Dayの日にちを合わせたのかも)、待っているあいだにお店の前をパレードが通り過ぎました。この日はみんな緑色の扮装をするので、アイリッシュでない私も緑のセーターで合わせてみました。(←実は偶然だったんだけど)

終わってお店を出ようとすると、ん?? なんかおかしい。

股関節がいたーい。

お店で待っているあいだに何か変なことでもしたのでしょうか。脚を組んでいたから?? びっこ引き引き帰りました(涙)。

今日はほぼ治ったけど、まだちょっとおかしい……。予定ないから(仕事が入る予定だったのに1週間も延びてしまい、引っ越し荷物も届かない)ヨガにでも行こうかと思っていたのに、これでは無理。お天気もよいのに家の中にこもっています。あー残念! 明日は完璧に治りますように。

Pは購入予定の車を点検に出しに行っています。(ディーラーから買うのですが中古車なので念のため自分でも点検するのです)。点検してOKなら購入。明日か月曜日には引き取れる予定です。

車種はまた購入が確定してから発表します。(←もったいぶるようなすごい車じゃないんだけど)

早くひとりで運転できるようにならなくては!

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-03-18 23:47 | 日記