フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

5つもちゅっくん!

今朝はうたこを小児科医に連れて行きました。保育園入園のための(もう入ってるけど)健康診断のためです。

お医者さんが予防接種の記録を確認すると、日本とシンガポール、アメリカではかなりスケジュールや回数が違うことが判明。いくつか遅れているものがあったので、3つ受けることになりました。

そしてツベルクリン反応のテストも。

mixiの国際結婚のコミュなどで「BCGを受けたために結核に感染したと疑われ、不要な薬を長く飲まされた」という書き込みをたくさん読んでいましたから、ツベルクリン反応については心配していたのです。(アメリカではBCG接種しないから、ツベルクリン陽性=結核感染ということになってしまいます。そして保育園や学校に入るにはツベルクリンテストを受けなければなりません)。

でもお医者さんに「BCGは効果がそれほど高くないから陰性になると思います。でももし陽性と出たら、それがBCGのためなのか調べるテストをすることにしましょう」と言ってもらって安心。少し前まではこの2つ目のテストがなかった(非常に高かった)ため、ツベルクリン陽性だと即お薬ということになっていたらしいです。

日本ではツベルクリン陽性がOKで、陰性だとBCG。まったく逆でややこしいです。。。

予防接種3本とツベルクリンでちゅっくん4つ。そしてさらに血液検査もあったので(血中に鉛がないか調べるらしい)、合計ちゅっくん5つ。「うたちゃん、病気じゃない! ちゅっくん、いらない!!」と叫んでいましたが、たくさんちゅっくんされてしまいました。。。

シンガポールで通っていた小児科と違い、キャンディはもらえませんでしたが、ステッカーをもらいました。

1ヶ月後と3ヶ月後にもまた注射です。いつになったら泣かなくなるかなあ~。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ
にほんブログ村
[PR]
by junjunh0101 | 2010-03-11 10:09 | 日記