フリー翻訳者のjunjun。アメリカンな夫Pと2007年3月生まれの娘うたことの3人暮らしです。1年4ヶ月のシンガポール生活を経て、2010年2月にPの故郷マサチューセッツ州ケンブリッジに引っ越してきました。


by junjunH0101

私のせいではないけれど

昨日タクシーに乗って帰宅したとき、ちょっとしたアクシデントが。

地下駐車場に入るときにゴン!

左折して入るんですが、入口が狭いんですよね。。。

私のせいではないけれど、「地下まで入らずに門のそばで降りればよかったかしら」とか「ここ狭いから気をつけてと言えばよかったかしら」とか「料金7ドル40セント(500円弱)しか払ってないけど、修理代にいったいいくらかかるのかしら」とか、いろいろと気になってしまいました。

シンガポールのタクシー料金はとても安く、どこに行っても最高20ドル(1300円)くらいしか払ったことがありません。だからタクシー運転手さんの生活はとても厳しく、家族を養うために土日も返上で長時間働いている人も多いらしいです。(過去に運転手さんの愚痴を聞いたことが複数回あり)。

それなのにシンガポールのタクシーにはチップがなく、たった10セントのお釣りでも律儀に返してくれます。ものすごく短い距離でも気にしないし、スーパーの帰りなど、たった3ドル80セント(250円)くらいの距離でもたくさんの荷物を下ろすのを手伝ってくれて「Thank you」と言ってくれます。

昨日の運転手さんもぶつけたことに相当ショックな様子でしたが(助手席のドアが開かないほどぶつけてしまった)、気にしている私に「Never mind」と言って、にっこり笑って去って行きました。人間できてる~。私だったら1週間くらい落ち込んで、そんな狭い駐車場に車を入れさせた客を恨んでますね、きっと。


ところで、昨日は食パン(風?)を焼いてみました。
f0195286_1584556.jpg

ボストンのママの家の屋根裏にしまってあった型(Pが昔使っていた)が食パン型になりそうだったので使ってみました。ちょっと生地が多すぎてはみ出てますけど(汗)、一応食パンっぽく焼けました。
f0195286_1512223.jpg

酵母はホシノ。

アメリカから帰ってきた直後、酵母を起こしていなかったので普通のイーストで2回ほどパンを焼いてみましたが、風味がやはり違いますね。ホシノや自家製の天然酵母を使うと仕事から帰ってきたPが香りですぐに気付くのに、普通のイーストだと気づかなかった~。不思議でしょ。(食べた感想は「いつもと同じ」でしたけど)。

自家製天然酵母のほうはまだお休み中。

6月ごろよりはすこーし涼しくなったので2度ほど作ってみたのですが、やはり酸っぱい臭いがしてきて失敗。フルーツや粉を無駄にして終わりました(涙)。冬(というか雨季)まで待たないとだめかな。


日本はお盆ですね。シンガポールのjunjun家は(うたこがまたちょっと熱を出している以外は)いつもと変わらない週末です。日本の皆さん、渋滞などで大変そうですが、帰省されている方はお気をつけて。

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
[PR]
by junjunh0101 | 2009-08-15 15:22 | シンガポールの人たち